N-BOX? タント? それともスペーシア? 人気の軽スーパーハイトワゴンを新古車で買うなら?

人気の軽スーパーハイトワゴン!! 新古車で買うならN-BOXかタントか? それともスペーシアか?

 登録済み未使用中古車、いわゆる「新古車」や「おろしたて中古車」と呼ばれる中古車で、多く流通しているのが軽自動車だ。その新古車の軽自動車は、近年一番の売れ筋となっているスーパーハイトワゴンタイプもわりと多い台数が流通していて、比較的選びやすい中古車となっている。

 そして、そのスーパーハイト軽自動車でも人気の高いの車種といえば、N-BOX、タント、スペーシアだが、この3モデルを新古車で狙うのならどれが今狙い目なのか? 

 新車以上に買い得感のあるモデルが見つかる可能性大! な、N-BOX、タント、スペーシアの新古車の狙い目情報を萩原文博氏がガイドします。

文/萩原文博  写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】N-BOX スペーシア タント……大人気の軽ハイトワゴン3台をじっくり見比べる


■ハイトワゴンの“三強” N-BOX、スペーシア、タントを新古車で選ぶと狙い目は?

N-BOX、スペーシア、タント……走行距離500km以下の「おろしたて中古車」を選ぶなら、どのクルマが狙い目なのか? 人気の現行型N-BOXは2017年にデビューした

 競馬などではよく“三強”という言葉が使われる。オールドファンならば、昭和の三強といえばテンポイント、トーショウボーイ、グリーングラス。平成の三強といえば、オグリキャップ、イナリワン、スーパークリークが緑のターフを舞台に熾烈な競走を繰り広げた。

 現在、軽自動車の販売台数を見るとまさに三強時代を呈している。2018年度から2020年上半期まで、ホンダN-BOX、スズキスペーシア、ダイハツタントの軽スーパーハイトワゴンがベスト3を争っているのだ。

 自動車メーカーの決算期であり、大需要期の3月を過ぎたこのタイミングは、軽自動車の「おろしたて中古車」が市場に多く出回る。「おろしたて中古車」というのは登録しただけのクルマで走行距離が少なく、装備も充実しているにも関わらず新車より割安な中古車のこと。

 メリットとしては、新車に比べて納車までの期間が少ないうえ、価格も割安なこと。しかしデメリットとしては車検期間が短くなること。自分のほしいグレード、ボディカラーの選択肢が狭くなることが挙げられる。

 ここでは、軽スーパーハイトワゴンの“三強”と呼べるN-BOX、スペーシア、タントのなかで「おろしたて中古車」で狙い目はどの車種なのかを紹介する。

■N-BOXはタマ数の多いL系グレードが狙い目

2017年8月にデビューした現行型N-BOX。2020年12月24日のマイナーチェンジではフロントグリルのデザインを変更、後方パーキングセンサー追加、さらに全車に運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備した

 まずは軽自動車のキングと呼べるホンダN-BOXから。現行型のN-BOXは2017年8月にフルモデルチェンジを行い登場した。N-BOXとN-BOXカスタムというモデル体系は先代と変わらないが、シャシー、エンジンなど一新。さらに運転支援システムのホンダセンシングを全車標準装備するなど、さらに商品力に磨きを掛けた。

 2019年10月に一部改良を行い、運転支援システムのホンダセンシングの性能を向上させたのをはじめ、快適装備を充実させている。

 そして2020年12月に初のマイナーチェンジを実施。内外装の変更に加えて、ホンダセンシングに後方誤発進抑制機能用のソナーセンサーを4個に増やしたことで、後方の障害物の接近を検知してドライバーに注意を促すパーキングセンサーシステムが追加されている。

 現在、現行型N-BOXの中古車のなかで2020年~2021年式、走行距離500km以下という条件で検索すると、約1986台がヒットする。そのうち2020年12月に行ったマイナーチェンジ後のモデルが約1097台となっており、半数は商品力が向上したマイナーチェンジ後のモデルなのだ。

 N-BOXのおろしたて中古車の価格帯は約100万~約259万円。グレードで最も多いのがマイナーチェンジ後のカスタムL。続いて、マイナーチェンジ前の660G Lホンダセンシング。そして、マイナーチェンジ後の660Lだ。

こうして見ると、N-BOXは標準車、カスタムともにマイナーチェンジ後のLグレードが狙い目となっていて、一方で割安さを追求するのであれば、マイナーチェンジ前の660G Lホンダセンシングがオススメだ。

次ページは : ■スペーシアの新古車はなんと3000台以上ヒット!

最新号

ベストカー最新号

SUVブームの新たな主役の最新情報捕捉!! ベストカー11月26日号

 本来なら東京モーターショー2021が開催されていたはずのこの時期、クルマ好きにとってはちょっと物足…

カタログ