トヨタ 歴代平成クラウン中古車ガイド ! ゼロクラウンなら在庫も豊富

トヨタ 歴代平成クラウン中古車ガイド ! ゼロクラウンなら在庫も豊富

 ご承知のとおり2022年7月15日、いわゆる「クロスオーバー車」へと激変した新型トヨタ クラウンが発表された。今後はセダンの投入も予定されており、その姿も公開されたわけだが……。「やっぱりクラウンは伝統的なグリルと、あくまで伝統的なセダンらしい箱型スタイルがいい!」と思った人も少なくないはず。

 そこで今回は「中古車としての買いやすさ」と「セダンらしい伝統感」が両立している平成クラウン、つまり9代目から15代目までのクラウンについて、その中古車事情をチェックしていく。

※本記事の中古車相場などのデータは2022年7月下旬に取材したものです。
文/伊達軍曹、写真/トヨタ、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年9月10日号

【画像ギャラリー】9代目から15代目「平成時代のクラウン」をギャラリーでチェック!(7枚)画像ギャラリー

■トヨタ 9代目クラウン…フレーム構造を継承しながら3ナンバーサイズに拡大

 全車3ナンバーサイズに拡大。この代から4ドアハードトップは「ロイヤルシリーズ」と呼ばれるようになり、アスリートLに代わるスポーティグレードとして「ロイヤルツーリング」が登場。この代から登場したマジェスタは初のモノコック構造だが、ロイヤルシリーズは従来どおりのフルフレーム構造を採用した。

9代目は全モデルのボディが3ナンバーサイズに拡大。しかし押し出し感の弱いデザインの人気はいまひとつだった
9代目は全モデルのボディが3ナンバーサイズに拡大。しかし押し出し感の弱いデザインの人気はいまひとつだった

●中古車購入ポイントは?
 エコカー減税のスクラップインセンティブによる解体処分や、海外への輸出が進んだことで、日本国内での流通量は希少。2022年7月末時点ではわずか2台のロイヤルサルーンが販売されているのみだ。

 2台だけで相場をうんぬんするのもナンセンスだが、相場はいちおう60万~80万円といったところ。走行距離が短めであってもゴム類などは硬化していることが予想されるため、納車時のリフレッシュ作業は必須である。

【トヨタ 9代目クラウン 中古車バイヤーズデータ】
・中古相場:約60万~80万円
・新車時価格:261.0万~502.0万円
・年式:1991年~1995年
・入手しやすさ:★☆☆☆☆
・中古車おススメ度:★☆☆☆☆

■トヨタ 10代目クラウン…モノコックボディへと大変身

 ロイヤルシリーズもついにモノコックボディとなり、100kg以上の軽量化に成功。コスト削減のためロイヤルサルーンGにあったエアサスペンションは廃止され、プラットフォームは90系マークIIと共用になっている。またピラードハードトップはこの代が最後となった。

先代のマジェスタに続いて、10代目はロイヤルシリーズにもフルモノコックボディを採用。押し出し感のあるクラウンらしいデザインに一新
先代のマジェスタに続いて、10代目はロイヤルシリーズにもフルモノコックボディを採用。押し出し感のあるクラウンらしいデザインに一新

●中古車購入ポイントは?
 こちらも今や数は少なめだが、いちおう30台弱が流通している。そのうち4ドアハードトップの「ロイヤルエクストラ」は4台程度で、流通の中心は4ドアセダン。相場は約30万~90万円といったところで、全般的に走行距離は短め。

 派手にカスタムされた個体も少なく、多くはフルノーマルまたは「ノーマル戻し」だ。この年式になると、走行距離以上に「メンテナンス履歴」を重視して選びたい。

【トヨタ 10代目クラウン 中古車バイヤーズデータ】
・中古相場:約30万~90万円
・新車時価格:275.0万~453.0万円
・年式:1995年~1999年
・入手しやすさ:★★☆☆☆
・中古車おススメ度:★☆☆☆☆

次ページは : ■トヨタ 11代目クラウン…ターボのアスリートは200万円超えの高値もアリ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ