【レクサス、BMW、VW…】絶滅した4人乗りオープンカーを中古で狙う6選


 日本車で現在新車販売されているオープンカーといえば、マツダ ロードスターやホンダ S660など2シーターモデルのみ。

 古くはシルビアヴァリエッタやシティカブリオレ、最近ではレクサス ICのコンバーチブルなどもあったものの、現在4人乗りの4シーターオープンカーはない。

 一方、輸入車ではBMWやメルセデスベンツに4シーターオープンがあるものの、軒並み600万円オーバーの高額車ばかり。オープンエアの楽しさと実用性を兼ね備えた4シーターオープンを買うなら中古車が第一の選択肢だろう。

 そこで、今回は中古4シーターオープンを紹介。セダンベースからハッチバックベースまでサイズも多彩で実用性充分。値段も手頃な6台をみていこう。

文:伊達軍曹
写真:編集部、FCA、BMW、NISSAN、VW
ベストカー 2019年4月26日号
(※中古車情報は掲載時のものです)


レクサス IS 250C/2009-2014年

レクサス IS 250C/中古車相場:120万-360万円、※新車時価格帯:495万-665.5万円

 初代IS250をベースにした4座オープン。

 ルーフは電動開閉式メタルトップで、開閉時間は20秒。普通の屋根付き初代ISの中古車だと“今さら感”が強いが、コンバーチブルであるというだけで印象は180度変わり、「ちょっと古い車を長く大事にしている」ようにも見えてくる。

 中古車の流通量もこの種の車としてはそこそこ豊富で、相場はおおむね120万〜360万円。今さらこの車に360万円(総額だと約400万円)も出す意義は見出しにくいため、車両200万円前後で程よく良コンディションな一台を探すのが得策だろう。

 このモデルの場合、電動開閉ルーフの故障頻度は低く、雨漏りが発生している中古車も少ない。だが、内装がボロいとすべてが台無しな車なので、インテリアの美観にはこだわりたい。

BMWミニ コンバーチブル/2009-2016年

MINIコンバーチブル(先代)/中古車相場:60万-250万円、新車時価格帯:299万-470万円

 セレブに見える云々はさておき、ポップなイメージと活発な走りを求めるならミニのコンバーチブルでいきたい。

 ミニコンバーチブルには都合3世代が存在し、中古車としてちょうどいい狙い目なのは2009年から2016年にかけて販売された2代目。

 新開発の1.6Lエンジンは初代以上に上質なフィールで、ボディ剛性も大幅に向上した。

 1.6L自然吸気の「クーパー」にするか、それとも1.6Lターボの「クーパーS」を選ぶかは難しいところだが、基本的には自然吸気でも動力性能は充分であり、そもそも4座オープンというのはカッ飛ぶための車ではないので、必ずしもクーパーSにこだわる必要はない。

 流通量も豊富なので、ボディカラーやストライプなどを含む細部まで吟味しながら探したい、おしゃれさんのための中古4座オープンだ。

次ページは : BMW 1シリーズカブリオレ/2008-2014年

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ