世界最高峰のレクサスIS F中古車が超絶狙い目! 衝撃の買い得度!!

 レクサスIS Fは打倒メルセデスベンツのAMG、BMWのM、アウディのRSを掲げて開発したスポーツセダンで2007年にデビュー。ベースとなった2代目ISは2013年にフルモデルチェンジしたが、IS Fは2014年まで販売された。

 レクサスの戦略により、Fの称号が与えられたのは3代目ISではなく、2ドアクーペのRC(RC Fが新登場)だったため、IS Fは1代限りとなった。

 IS Fは数々の新技術、チャレンジが盛り込まれていてスーパーな性能を持っていたが、4ドアセダンという使い勝手のよさも大きな魅力で、2ドアクーペのRC Fに切り替わったことを惜しむ声は根強く存在する。

 そのIS Fもデビューから12年が経過しようとしていて、中古車マーケットでかなり魅力的な値付けがされているという情報を得た。そこで中古車に詳しい萩原文博氏にIS Fの中古車について検証してもらった。 

文:萩原文博/写真:奥隅圭之


IS Fのデビュー時の新車価格は、GT-Rとほぼ同じ766万円だった!

 2007年、この年は国産車でスーパースポーツモデルが2台登場した記念すべき年だった。1台は現在も販売されている日産GT-R。そしてもう1台が今回中古車情報を紹介するレクサスIS Fだ。

 GT-Rはクーペスタイルのピュアスポーツカーに対して、IS FはコンパクトセダンのISに5L、V8DOHCエンジンを搭載したスポーツセダンとキャラクターは異なっていた。

レクサスIS Fは2007年12月から販売開始。全長4660(+80)×全幅1815(+20)×全高1415(-20)mm車重は1690(+90)kg(※カッコ内はIS350比)

 しかし、新車時価格はGT-Rのスタンダードモデルが777万円。対してレクサスIS Fは766万円と価格帯がほぼ同じだったこともあり、自動車専門誌ではライバルとして扱われることが多かった。

 レクサスIS Fは2014年に販売が終了し、現在は中古車でしか手に入れることができない。そこでちょうど、干支は一回りした12年後の現在レクサスIS Fの中古車事情はどうなっているのか検証してみる。

IS Fはレクサスが本気で打倒ドイツ御三家を掲げて開発したスーパースポーツセダン

 レクサスIS Fは2007年10月に発表され12月25日から発売された。

 “F”の名が付いたレクサスのプレミアムスポーツは、「基本性能を徹底的に鍛え込むとともに、走りの新技術を備えることにより、レクサスの新しいパフォーマンスを提案する」ことをコンセプトとしてクルマがドライバーの意思にしっかりと応え、自在に操ることができるというクルマの魅力である「運転する楽しさ」を極限まで追求している。

ベースは2代目ISだったが、前後のフェンダーをはじめ多くのパーツが新設計されたスーパースポーツセダン。片側上下2本、左右で4本出しのマフラーもその気にさせるアイテム

 そういった思想で開発されたIS Fは全長4660mmという4ドアセダンのISをベースに、新開発したエンジン、トランスミッションをはじめ、専用のサスペンション、アルミホイール、タイヤを採用。

 そしてポテンシャルを最大限に発揮出来るように“F”のルーツとなる富士スピードウェイをはじめ、国内外のサーキットで、徹底的に走り込みを行い、アクセルやブレーキのレスポンスをはじめ、エンジンサウンド、加速感といった感性品質にまでこだわったモデルに仕上げられている。

 IS Fに搭載されているパワートレインは新開発の5L、V型8気筒自然吸気エンジン。筒内直接噴射とポート噴射を併用するD-4Sや電動連続可変バブルタイミング(VVT-iE)などの先進技術を採用し、最高出力423ps、最大トルク505Nmを発生。

 自然吸気エンジンならではのレスポンスのよさや高回転まで一気に伸びる加速感が特徴だ。

 組み合われるトランスミッションはLS460に搭載されている8速ATを電子制御により、滑らかな変速による快適な走行と本格的なスポーツドライビングを楽しめるマニュアルのメリットを両立した8速スポーツダイレクトシフトと呼ばれるATを採用。

 さらにスプリングやダンパー、スタビライザーなど最適化した専用サスペンションと19インチタイヤによってV8エンジンの生み出すパワーをしっかりと路面に伝えてくれる。

IS Fはドイツ御三家のスポーツセダンイーターとして開発。サーキットで鍛え上げられた足回りの素性はすばらしく、最高にファンなハンドリングでツウをも魅了

タマ数は多くないが、魅力的な価格になってきている

 まさに、スーパースポーツセダンにふさわしいレクサスIS Fだが、2019年5月現在中古車の流通台数は78台となっている。

 そのうち約70%はモデル初期の2007年〜2009年に集中していて、ヘッドライトにL字型のポジションランプを採用した2011年モデル以降はわずか15台とかなりレアな存在となっている。

スパルタンな性能に対しシックにまとめられたインテリアは大人の空間を好演出。8ATは2速から8速までロックアップクラッチで直結するMモードを備えMT的に扱える
リアシートは2人がけの独立シートの採用により乗車定員は4名。IS同様に足下スペースの狭さはあるが、真ん中に座らないのでセンタートンネルも気にならず快適性アップ

 直近3カ月の中古車の平均価格を見てみると、3カ月前が約262万円で、3月に上旬に一時274万円まで値上がりしたものの、現在は248万円まで下がっているので、概ね値落ち傾向となっている。

 中古車の平均走行距離は約6.1万〜6.5万kmと微増しており、相場が値上がりした時は走行距離が多く価格の安い中古車がなくなり、一時的に平均走行距離が約5.6万kmと減少していることもわかった。

 販売開始から12年が経過したIS Fの中古車の平均価格は248万円。そして価格帯は128万〜599万円とかなり幅広くなっている。

 グレード構成はほとんどがベースグレードで、わずかに2009年2月に登場した限定50台のブレイジングテラコッタインテリア、そして2013年9月に設定された特別仕様車のダイナミックスポーツチューニングが流通している。

 さすがに100万円台の物件は走行距離10万kmオーバーという走行距離の多い物件が中心となるが、年式を考えれば10万kmぐらいならば、決して過走行というワケではない。

 できれば、長く乗りたいから走行距離が少ないものをという人ならば予算200万円は用意してもらいたい。300万円を超える高額車の中には走行距離がわずか1万kmというクルマも見つかる。

IS Fは専用にチューニングされたサスペンションによりドライ、ウェットの路面コンディションに関係なく最適なトラクションが得られる。トータルの走りの質感が激高

安く手に入れて、スーパー性能を堪能するのもオツなもの

 IS Fの中古車の特徴としては元々のポテンシャルが高いこともあり、チューニングやエアロパーツを装着したクルマが非常に少ないことが挙げられる。

 サスペンションやホイールなどを交換しているクルマはあるが、見た目ノーマル車が多くなっている。ただ、インテリアはシートなどに本革を使用しているので、スリ傷やくたびれ感がないかはチェックしたい。

 IS Fのありがちなトラブルを調べてみると、ISのエンジンルームに巨大な5L、V8エンジンを搭載していることもあり、エンジンルームにクリアランスがほとんどない。その結果、ラジエターの裏に大きな2つの電動ファンが装着されている。しかし、この電動ファンの取り付けが振動などによってボルトが緩んでしまうことがある。

V8DOHCエンジン(2UR-GSE)は排気量は4968ccで、最高出力423ps/6600rpm、最大トルク51.5kgm/5200rpmをマーク。10.15モード燃費は8.2km/L

 また、IS FはISをベースに大きなV8エンジンを搭載するためフロント部を伸ばしている。しっかりと補強はされているものの、やはりハイパワーエンジンによる影響があり、ボディ剛性が不足し、異音やステアリングフィールの悪化が発生するといわれている。

 それからスポーツ走行するとトランスミッションオイルの温度が上昇し、オーバーヒートを起こしてしまうと言われている。これを防ぐためにはより硬めで温度上昇に耐えられるオイルを使用することが勧められている。

 そして、レクサスIS Fをレンタカーとして貸し出している「おもしろレンタカー」の斎藤氏に尋ねたところ、「ブレーキのローターが大きいので、消耗品であるブレーキパッドは高いですね。そして、20万kmを超えましたがショックを交換した程度でコンディションは上々ですよ。さすがの品質ですね」と応えてくれた。

IS Fはフロントが225/40R19、リアが255/35R19という前後異サイズのタイヤを装着。走りを極めるためにブレーキも強化されフロントのローター径は360mmと立派

 レクサスが強い意志によって開発したレクサスIS F。その質の高さと高いパフォーマンスは中古車となっても健在のようだ。

 新車当時800万円近いレクサスIS Fを200万円で手に入れてそのパフォーマンスを味わう。まさに中古車の醍醐味を味わえる1台だ。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ