レクサス中古セダン戦線に異常あり!? 激安? それとも高値維持?

 レクサスは時間はかかったが日本でも高級ブランドとして認知され販売台数も増えてきている。しかし売れているのはSUVばかりで、セダン系は相変わらず苦戦が続いている。

 売れてないとなれば気になるのが中古車相場で、新車では手が出ないレクサスのセダンでも中古なら買い得感の高いモデルがあるかもしれない。

 レクサスのセダン、IS、GS、LSについて萩原文博氏が中古相場を調査し、買い得なのかどうかを考察する。

文:萩原文博/写真:LEXUS


レクサスは今やSUVメーカー

 北米市場での成功をひっさげて、2005年から日本市場で展開をはじめたトヨタのプレミアムブランド、レクサス。導入当初はGS、ISのセダンそしてSCというオープンカーというラインアップだった。

 翌2006年にフラッグシップモデルであるLSを投入し、レクサスのセダンラインアップは完成する。その後、レクサスセダン初のFFハイブリッドモデルHSが登場。

 2018年にはLSとともに北米でのレクサスブランド確立に貢献したESが登場し、現在セダンは4モデルを用意している。

2014年にデビューしたNXのヒットがレクサスを大きく変えた。NXが売れたことでレクサスの名前が一般に浸透したことは間違いない。レクサスの運命を変えたモデル

 しかし、レクサスのセールス面における主役はSUVとなっている。レクサスのSUVは国産SUVで唯一1000万円を超えるフラッグシップモデルのLXを筆頭にレクサスの車種の中で最も販売台数が多いRX、僅差でRXを追うコンパクトサイズのNX。

 そして2018年にはアーバンSUVを謳った最もコンパクトサイズの唯一UXを追加し4モデルとなった。販売台数もRX、NXそしてUXが主力でセダンではESが健闘している程度だ。

 すっかりSUVブランドとなったレクサスだが、ここでは最近元気のないレクサスセダンIS、GS、LS3モデルの中古車事情について調べてみたいと思う。対象とするのはISとGSは現行型。そしてLSは旧型とした。

偏りが激しいLSの中古車

 まずは、3モデルの中で2006年と早く登場した旧型LSから。旧型LSは2006年9月に登場。まずは4.6L、V型8気筒エンジンを搭載したLS460と全長5190mmのロングボディを採用したLS460Lが登場。

 翌2007年5月に5L、V型8気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載したLS600h、そしてロングホイールベース仕様のLS600h Lが追加された。

2006年に日本デビュー。セルシオの消滅を惜しむ声は多かったが、レクサスのフラッグシップに君臨するもいまいちインパクトに欠けたことは否めない

 2013年にはメジャーチェンジという大幅な改良が施され、現在レクサスのアイコンとなっているスピンドルグリルを採用。またスポーティグレードのFスポーツが追加され、2017年にフルモデルチェンジを行っている。

 現在、旧型LSの中古車の流通台数はガソリン車が約820台、ハイブリッド車は約460台となっている。

 平均価格の推移を見てみると、ガソリン車は3カ月前が約147万円で、今月は約143万円と約4万円の値落ち、一方のハイブリッド車は3カ月前の約268万円に対して今月は約296万円と約28万円の値上がりと動きが分かれた。

 ハイブリッド車の中古車の平均走行距離が減少しており、走行距離の多く価格の安い物件が市場から姿を消したと考えられるが、これほどハッキリとした値上がりを示すのは珍しく、現在ハイブリッドの購入は見送った方がいいかもしれない。

2012年のマイチェンによりLS460、LS600hともスピンドルグリルを採用。ユーザーの評判もよく中古車マーケットでも人気は高い

 そこで旧型LSは値落ちしているガソリン車に絞って狙い目のグレードを調べてみたい。年式別の流通台数はモデル初期の2006年~2008年式が多く、次いでメジャーチェンジを行った2013年式となる。

 そこで、最も流通台数が多い2007年式と2013年式で中古車の価格帯を調べてみた。旧型LSガソリン車の中古車約25%を占めるのが2007年式で、最も流通台数が多いグレードが460バージョンS  Iパッケージだ。

レクサスの中古車は贅を尽くしたインテリアを安く手に入れることができるのも魅力のひとつ。LSのインテリアも輸入車勢に負けてない

 中古車の価格帯は約50万~約175万円となっている。これくらい古い年式になるとディーラー車と呼ばれる物件は1台しかなく約146万円と高額となっていない。ボディカラーはパールが人気で高額車にはズラっと並んでいる。

 いっぽうのスピンドルグリルを採用した2013年式は後期型になって設定された460Fスポーツが最も多く、価格帯は約270万~約520万円。認定中古車は2台しかなく425万~515万円と高価格帯に入るが、走行距離が少ないため高額となるもうなずける。

 ボディカラーはパールとブラックしかないという偏った状況だ。旧型LSのガソリン車では調べた年式ではディーラー系販売店の物件のほうが高いということはなかった。

GSの狙い目は300h

 続いてはGS。2代目となる現行型GSは2012年に登場。現在3.5L、V6エンジン+モーターを搭載した450h、2.5L、直4エンジン+モーターの300h、3.5L、V6エンジンを搭載する350、2L、直4ターボエンジンの300とレクサスブランドの中で最も多彩なパワートレインを用意しているグローバルのコアモデルだ。

2012年にデビューした現行GSは、チャラチャラしていないスッキリとしたエクステリアデザインが好評だが、そのぶん存在感も薄めだ

 2015年のマイナーチェンジで内外装の変更を行っている。

 流通台数はガソリン車が約220台で、ハイブリッド車は約350台とハイブリッド車のほうが優勢だ。

 GSガソリン車の平均価格の推移は3カ月間前が約237万円、今月が約234万円と約4万円の値落ち。一方のハイブリッド車は3カ月前が約296万円、今月が約286万円と約10万円の値落ちとなった。

 しかも流通台数も増加中でGSの狙い目はハイブリッドだ。流通台数は450hと300hは拮抗しているが、300hは2013年に追加されたモデルで、登場以降は圧倒的に300hが多い。

GSはパワートユニットのラインナップが多くバリエーション豊富だが、中古車で狙うならGS300hが一押し。ディーラー以外では掘り出し物もある

 したがって狙い目を300hに絞りたい。300hで最も流通台数が多いのがIパッケージで価格帯は約160万~約585万円。流通している中古車の半数はディーラーモノで、価格帯は約200万~約580万円。

 2016年式や2017年式と高年式車をディーラー系販売店が扱っていることが多い。数は少ないが同年式のほぼ同じ走行距離で専業店と比較すると40万~50万円ほど認定中古車のほうが高くなっている。

ISはタマ数が増えて相場下落傾向

 そして最後はIS。BMW3シリーズセダンやメルセデス・ベンツCクラスがライバルとなるレクサスISの現行型は2013年に登場した。

 2016年にマイナーチェンジを行い、内外装の変更と友に、走行性能を向上させるためサスペンションのチューニングを施している。

現行のISは2103年にデビュー。先代モデルが人気が高く販売も好調だったが、現行はエクステリアの好みがわかれ苦戦していて買い得モデルもあり

 現在設定されているパワートレインはIS350に搭載されている3.5L、V6エンジンをはじめ、IS300hに搭載する2.5L、直4エンジン+モーターのハイブリッドシステム。そしてIS300に搭載する2L、直4ターボエンジンの3種類となっている。

 現行型ISの中古車の流通台数は約500台で、現在右肩上がりで増加中。また平均価格は3カ月前が約307万円、そして現在が約299万円と約8万円の値落ちを記録した。

 ISの中古車のグレード分布を見てみると、新車の販売台数どおりハイブリッド車のIS300hが圧倒的に多い。

ISはお世辞にも販売が好調とは言えないし、中古車マーケットでタマ数が増えてきているが、相場が激落ちしないのはディーラーの努力によるところが大きい

 最も多いのがバージョンLでFスポーツが僅差で続く。最も流通台数の多い2013年~2014年式の平均価格を調べてみるとFスポーツは約307万円、一方のバージョンLは約266万円となっており、中古車では豪華装備仕様のバージョンLのほうが割安感は高くなっている。

 さらにIS300hバージョンLの中古車の価格帯を見てみると約135万~約490万円でそのうち認定中古車を含めたディーラー車は約240万~約490万円となっている。

 サンプル数が少ないので、難しいところだが、高価格帯だとGS同様に40万円ほど専業店と比べると高いが、年式が進んだモデルはそれほど差がないように感じる。

 ★   ★   ★

 レクサスのようなモデルはディーラー系販売店という価値よりも、ボディカラーやオプション装備、走行距離といった要件が価格に大きく反映される。

 そう考えると人気色のパールや黒を外せばディーラー車が想像以上に安く手に入れることも可能と言える。

 今回調べたレクサスのセダンの中古車に関して言うと、世の中の人気に反して中古車相場は高値をキープしているというのが正直な印象だ。これはレクサス(トヨタ)が中古車の残価を買い支えるという施策が成功している証拠と言える。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ