レクサス中古セダン戦線に異常あり!? 激安? それとも高値維持?


GSの狙い目は300h

 続いてはGS。2代目となる現行型GSは2012年に登場。現在3.5L、V6エンジン+モーターを搭載した450h、2.5L、直4エンジン+モーターの300h、3.5L、V6エンジンを搭載する350、2L、直4ターボエンジンの300とレクサスブランドの中で最も多彩なパワートレインを用意しているグローバルのコアモデルだ。

2012年にデビューした現行GSは、チャラチャラしていないスッキリとしたエクステリアデザインが好評だが、そのぶん存在感も薄めだ

 2015年のマイナーチェンジで内外装の変更を行っている。

 流通台数はガソリン車が約220台で、ハイブリッド車は約350台とハイブリッド車のほうが優勢だ。

 GSガソリン車の平均価格の推移は3カ月間前が約237万円、今月が約234万円と約4万円の値落ち。一方のハイブリッド車は3カ月前が約296万円、今月が約286万円と約10万円の値落ちとなった。

 しかも流通台数も増加中でGSの狙い目はハイブリッドだ。流通台数は450hと300hは拮抗しているが、300hは2013年に追加されたモデルで、登場以降は圧倒的に300hが多い。

GSはパワートユニットのラインナップが多くバリエーション豊富だが、中古車で狙うならGS300hが一押し。ディーラー以外では掘り出し物もある

 したがって狙い目を300hに絞りたい。300hで最も流通台数が多いのがIパッケージで価格帯は約160万~約585万円。流通している中古車の半数はディーラーモノで、価格帯は約200万~約580万円。

 2016年式や2017年式と高年式車をディーラー系販売店が扱っていることが多い。数は少ないが同年式のほぼ同じ走行距離で専業店と比較すると40万~50万円ほど認定中古車のほうが高くなっている。

ISはタマ数が増えて相場下落傾向

 そして最後はIS。BMW3シリーズセダンやメルセデス・ベンツCクラスがライバルとなるレクサスISの現行型は2013年に登場した。

 2016年にマイナーチェンジを行い、内外装の変更と友に、走行性能を向上させるためサスペンションのチューニングを施している。

現行のISは2103年にデビュー。先代モデルが人気が高く販売も好調だったが、現行はエクステリアの好みがわかれ苦戦していて買い得モデルもあり

 現在設定されているパワートレインはIS350に搭載されている3.5L、V6エンジンをはじめ、IS300hに搭載する2.5L、直4エンジン+モーターのハイブリッドシステム。そしてIS300に搭載する2L、直4ターボエンジンの3種類となっている。

 現行型ISの中古車の流通台数は約500台で、現在右肩上がりで増加中。また平均価格は3カ月前が約307万円、そして現在が約299万円と約8万円の値落ちを記録した。

 ISの中古車のグレード分布を見てみると、新車の販売台数どおりハイブリッド車のIS300hが圧倒的に多い。

ISはお世辞にも販売が好調とは言えないし、中古車マーケットでタマ数が増えてきているが、相場が激落ちしないのはディーラーの努力によるところが大きい

 最も多いのがバージョンLでFスポーツが僅差で続く。最も流通台数の多い2013年~2014年式の平均価格を調べてみるとFスポーツは約307万円、一方のバージョンLは約266万円となっており、中古車では豪華装備仕様のバージョンLのほうが割安感は高くなっている。

 さらにIS300hバージョンLの中古車の価格帯を見てみると約135万~約490万円でそのうち認定中古車を含めたディーラー車は約240万~約490万円となっている。

 サンプル数が少ないので、難しいところだが、高価格帯だとGS同様に40万円ほど専業店と比べると高いが、年式が進んだモデルはそれほど差がないように感じる。

 ★   ★   ★

 レクサスのようなモデルはディーラー系販売店という価値よりも、ボディカラーやオプション装備、走行距離といった要件が価格に大きく反映される。

 そう考えると人気色のパールや黒を外せばディーラー車が想像以上に安く手に入れることも可能と言える。

 今回調べたレクサスのセダンの中古車に関して言うと、世の中の人気に反して中古車相場は高値をキープしているというのが正直な印象だ。これはレクサス(トヨタ)が中古車の残価を買い支えるという施策が成功している証拠と言える。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ