新型タント デビューで中古車が一気にお買い得に??

 2015~2018年度の4年に渡って、ホンダN-BOXが軽自動車の販売台数No.1に輝いているように、軽自動車の売れ筋モデルはスーパーハイトワゴンと呼ばれるモデルとなっている。

 実際に2019年8月の軽自動車新車販売台数(乗用)を見ても、スーパーハイトワゴンが上位を独占している状況だ。

2019年8月軽自動車新車販売台数

 しかし、8月はこれまで圧倒的な差を付けてトップを独走していたN-BOXにタントがわずか1545台と肉薄。

 その理由の一つはタントがフルモデルチェンジを行い、新型車にスイッチしたこと。

 そして、N-BOXのHP「※一部タイプ・カラーがお選びいただけない場合があります。詳しくは販売会社にお問合せください」と掲載されていて、これは間もなくマイナーチェンジや一部改良を行うというサインが出ていることが影響している。

 これによりN-BOXは変更前で販売台数を絞ったということが考えられるからだ。

 主要モデルのフルモデルチェンジやマイナーチェンジ、一部改良は中古車相場が最も活発に動く時期。

 そこで、今回は人気の高い軽スーパーハイトワゴンの中で2019年7月にフルモデルチェンジを行い、世代交代したばかりのタントの中古車事情を紹介しよう。

 文:萩原文博 写真:ダイハツ、ホンダ、日産、スズキ

 【画像ギャラリー】2019年8月軽自動車販売台数トップ


ダイハツ タントとはどんなクルマ? 

 軽スーパーハイトワゴンはサイズ制限のある軽自動車枠一杯のボディに広い室内空間を確保。ミニバンに匹敵する多彩なシートアレンジそして、利便性の高い両側リアスライドドアを採用したモデルのこと。

 そのパイオニアとなるのが、今回取り上げるダイハツタントだ。

初代タント

 初代モデルのリアはヒンジ式ドアだったが、2007年に登場した2代目モデルからタントの特徴である助手席側にセンターピラーを内蔵し大開口幅を実現したミラクルオープンドアを採用。

 そして今回紹介する3代目タントは2013年に登場。タントの代名詞であるミラクルオープンドアは継承され、両側スライドドアを採用することでさらに利便性を向上させたのが特徴だ。

 注目度が高まっている運転支援システムはデビュー当初、レーザーレーダーを採用したスマートアシストだったが、2015年4月に行った一部改良で、レーザーレーダーとソナーセンサーに加えて、単眼カメラを採用し安全性そして機能性が向上したスマートアシストIIを採用。

スマートアシストII (イメージ画像)

 さらに2016年11月の一部改良でフロントガラス内に設置したステレオカメラによって前方の危険を察知し、ドライバーをサポートするスマートアシストIIIへと進化した。旧型タントの中古車では年式によって運転支援システムに差があるので注意が必要だ。

タントの中古車市場はいかに

 現在タントの中古車は約1万台流通しており、そのうち2013年~2019年に販売されていた旧型タントは約3350台となっている。

 しかし、3カ月前は約4800台、そして1カ月前でも約4000台を超えていたが、わずか1カ月で約650台も減っている。

 この減少傾向が気になったので、ライバルとなるN-BOXやスペーシアの現行モデルの中古車を調べてみると、

 N-BOXも1カ月前の約2100台から今月は約1800台、スペーシアも1カ月前の約2200台から今月は約1900台と減少と揃って軽スーパーハイトワゴンの中古車の流通台数が揃って減少している。

中古車流通台数が減少した訳とは?

 この理由は10月1日の消費税増税そして自動車の税制が変わることが影響した駆け込み需要が考えられる。

 基本的に中古車は車両本体価格に消費税が含まれているので、8%から10%に消費税が上がれば、車両本体価格も上がるし、諸費用の中の人件費の部分にかかる消費税も上がるということで実質的に支払総額が上がるということで、購入者が増えたと考えられる。

 いっぽうの平均価格の推移を見てみると、N-BOXの3カ月前の平均価格が約155万円、そして今月は約155万円の横這い、スペーシアは3カ月前の約145万円から今月は約147万円とやや値上がり。

N-BOX(クリックすると中古車情報のページへ移動します。)

 そしてタントの平均価格は3カ月間が約126万円で今月は約120万円と値落ちしている。流通台数は揃って減少傾向なのだが、平均価格の動きは横這い、値上がり、値落ちとバラバラ。

 その中でもフルモデルチェンジを行ったタントは世代交代の効果で値落ちが続いており旧型の中古車は買い時となっているのだ。

年式別分布をみてみると…

 旧型タントの中古車の年式別分布を見てみると、流通しているグレード分布との関連性が見えてくる。最も多いのがモデル初期の2014年式で約900台、次いで多いのが2018年式の約835台そして、約559台の2019年式となっている。

 これを踏まえて、流通している中古車のグレード分布を見てみると最も多いのが約215台のスタンダードグレードの660Lで、次が660XリミテッドSAIIIで約192台。

 そしてカスタムRS  SAの約157台、カスタムXトップエディションリミテッドSAIIIの約148台。660X VS SAIIIの約141台となっている。年式分布が示すとおり、初期モデルか熟成の進んだモデル末期の中古車が多いのだ。

タント中古車買うならこれ!!

 先ほども書いたとおり、旧型タントは年式によって運転支援システムの性能に差があるため、初期モデルに搭載されているSAはいくら安いからと言ってもオススメできない。やはり機能が充実したSAIIIを購入したほうが、購入後も満足も高くなるはず。

3代目タント XリミテッドSAIII

 そこで、チョイスしたグレードは 標準車は660XリミテッドSAIII、カスタムはカスタムXトップエディションリミテッドSAIIIだ。660XリミテッドSAIIIの価格帯は約110万~約150万円で、走行距離7kmという中古車も流通している。

 いっぽうのカスタムXトップエディションリミテッドSAIIIの価格帯は約123万~約166万円でこちらも走行距離の少ない中古車が主流となる。SAIIIを搭載したモデルもこれから初の車検を迎えるクルマが増えるので、一段と値落ちが加速する可能性は大きい。

安さより安全性能を重視すべきなのか

 旧型なのに100万円ではあまり安さを感じないという人もいるかもしれないが、昨今のペダルの踏み間違いによる暴走などの事故の発生を考えると、人間のミスをフォローしてくれる運転支援システムは新しいもののほうが機能性はアップしている。

 色々な意見はあると思うが、安全装備が査定価格にも反映される時代となった今、中古車を安さだけで買う時代ではないと言いたい。 特にタントのような幅広いユーザー層が対象のクルマならば、なおさら、安全装備が充実した年式のモデルを購入してカーライフを満喫してもらいたい。

 【画像ギャラリー】2019年8月軽自動車販売台数トップ

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ