新型タント デビューで中古車が一気にお買い得に??


 2015~2018年度の4年に渡って、ホンダN-BOXが軽自動車の販売台数No.1に輝いているように、軽自動車の売れ筋モデルはスーパーハイトワゴンと呼ばれるモデルとなっている。

 実際に2019年8月の軽自動車新車販売台数(乗用)を見ても、スーパーハイトワゴンが上位を独占している状況だ。

2019年8月軽自動車新車販売台数

 しかし、8月はこれまで圧倒的な差を付けてトップを独走していたN-BOXにタントがわずか1545台と肉薄。

 その理由の一つはタントがフルモデルチェンジを行い、新型車にスイッチしたこと。

 そして、N-BOXのHP「※一部タイプ・カラーがお選びいただけない場合があります。詳しくは販売会社にお問合せください」と掲載されていて、これは間もなくマイナーチェンジや一部改良を行うというサインが出ていることが影響している。

 これによりN-BOXは変更前で販売台数を絞ったということが考えられるからだ。

 主要モデルのフルモデルチェンジやマイナーチェンジ、一部改良は中古車相場が最も活発に動く時期。

 そこで、今回は人気の高い軽スーパーハイトワゴンの中で2019年7月にフルモデルチェンジを行い、世代交代したばかりのタントの中古車事情を紹介しよう。

 文:萩原文博 写真:ダイハツ、ホンダ、日産、スズキ

 【画像ギャラリー】2019年8月軽自動車販売台数トップ


ダイハツ タントとはどんなクルマ? 

 軽スーパーハイトワゴンはサイズ制限のある軽自動車枠一杯のボディに広い室内空間を確保。ミニバンに匹敵する多彩なシートアレンジそして、利便性の高い両側リアスライドドアを採用したモデルのこと。

 そのパイオニアとなるのが、今回取り上げるダイハツタントだ。

初代タント

 初代モデルのリアはヒンジ式ドアだったが、2007年に登場した2代目モデルからタントの特徴である助手席側にセンターピラーを内蔵し大開口幅を実現したミラクルオープンドアを採用。

 そして今回紹介する3代目タントは2013年に登場。タントの代名詞であるミラクルオープンドアは継承され、両側スライドドアを採用することでさらに利便性を向上させたのが特徴だ。

 注目度が高まっている運転支援システムはデビュー当初、レーザーレーダーを採用したスマートアシストだったが、2015年4月に行った一部改良で、レーザーレーダーとソナーセンサーに加えて、単眼カメラを採用し安全性そして機能性が向上したスマートアシストIIを採用。

スマートアシストII (イメージ画像)

 さらに2016年11月の一部改良でフロントガラス内に設置したステレオカメラによって前方の危険を察知し、ドライバーをサポートするスマートアシストIIIへと進化した。旧型タントの中古車では年式によって運転支援システムに差があるので注意が必要だ。

タントの中古車市場はいかに

 現在タントの中古車は約1万台流通しており、そのうち2013年~2019年に販売されていた旧型タントは約3350台となっている。

 しかし、3カ月前は約4800台、そして1カ月前でも約4000台を超えていたが、わずか1カ月で約650台も減っている。

 この減少傾向が気になったので、ライバルとなるN-BOXやスペーシアの現行モデルの中古車を調べてみると、

 N-BOXも1カ月前の約2100台から今月は約1800台、スペーシアも1カ月前の約2200台から今月は約1900台と減少と揃って軽スーパーハイトワゴンの中古車の流通台数が揃って減少している。

次ページは : 中古車流通台数が減少した訳とは?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ