感染症拡大で注目度急上昇! 自由の象徴 中古キャンピングカーの世界


 2020年12月11日、ヤフーが運営するインターネットオークションサービス、「2020年のヤフオク! 内急上昇検索ワードランキング」が発表された。

 クルマ部門1位はカローラツーリングで、2位はランドクルーザー80。そして3位はスズキジムニーシエラということで、このあたりは「まあそうですよね」という順当な感じ。だが、続いて4位に「キャンピングカー 中古車」が入ったのは意外だった。

 コロナ禍の影響でキャンピングカーの人気が高まっていることは知っていたが、まさかここまで注目されていたとは……。

 しかし考えてみれば、新車はさておき、比較的手ごろな予算でも狙える「中古のキャンピングカー」はこれからの時代、蜜を避けられるし、手元に1台あると何かと便利で楽しいのかもしれない。

 そこで、キャンピングカーの中古車というものはどんなものか? キャンピングカー専門店に徹底取材した。


文/伊達軍曹
写真/伊達軍曹 フジカーズジャパン狭山店

【画像ギャラリー】中古キャンピングカーを買うなら今! 軽キャン、バンコン、キャブコンの詳細写真をチェック!


中古キャンピングカー専門店に徹底取材!

埼玉県狭山市にショップを構えるキャンピングカーの専門店フジカーズジャパン狭山店

フジカーズジャパン狭山店のホームページはこちら!

 キャンピングカーの中古の人気が高いのはなぜか? 中古キャンピングカーの実情と相場を知るため(なにせキャンピングカーについては何ひとつ知らないので……)、キャンピングカー専門店「フジカーズジャパン狭山店」を訪ね、ゼロからいろいろ教えていただくことにした。

――ということでフジカーズジャパン狭山店店長の網谷賢治さん、どうぞよろしくお願いいたします。2020年はヤフオク! の検索ワードで「キャンピングカー 中古車」が急上昇したらしいですが、店長としてもそういった実感はありますか?

網谷店長 そうですね。決して「バカ売れしてウハウハ!」みたいなことはございませんが、おかげさまでこんな世相であっても対前年比ではプラスですので、やはり多くの方からご注目いただけているとは実感しています。あ、すみません、ちょっとだけ失礼します」

――インタビュー中も、店舗スタッフからさまざまな連絡が網谷店長のもとに入ってくる。かなり忙しそうだ。やはり「急上昇検索ワードランキング4位」は嘘じゃない。

 お忙しいところほんとにすみません。で、中古キャンピングカーの世界で人気なのは、やはりバンコン(ハイエースバンなどのバンをコンバージョンしたもの)と軽キャン(軽自動車をキャンピングカー仕様にしたもの)なんですか?

網谷店長 うーん、バンコンが一番人気なのはおっしゃるとおりですし、軽キャンももちろんそれなりに人気ですが、軽キャン以上に「キャブコン」のほうが人気が高いという傾向はありますね。

軽キャンパー以上にキャブコンが人気?


■キャブコン(キャブコンバージョン)
●車種:トヨタカムロード、三菱キャンター、マツダボンゴ、トヨタライトエース、フィアット・デュカトほか
●中古車価格帯:200万円台前半~800万円台

2015年式トヨタカムロード・バンテック・ジルノーブル。価格は679万円。走行4万1000km。カムロードはトヨタダイナをベースにキャンピングカーとしての乗りやすさを追求したベース車両
就寝人数は大人2名。コンロ、冷蔵庫、ベバストFFヒーター、シンク、家庭用エアコンやトリプルサブバッテリー、1500Wインバーター、ルーフベンチレーターを装備
トイレや給排水タンクも装備

――キャ、キャブコンって何ですか???

網谷店長 トラックベースのキャンピングカーですね。大人が立って歩けるぐらいの広い室内が特徴となります。しかし車体が大きいので「保管場所を選ぶ」という問題はございます。

――なるほど。ド素人丸出しな質問で申し訳ないのですが、「どのタイプがどんな人に向いているか?」というのを教えていただけますか?

次ページは : ハイエースのバンコンが一番人気