ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号


 早く梅雨明けしてほしい! という感じの7月上旬。現在発売中の紙の「ベストカー」本誌は、まさに一足先の梅雨明け。スカッと熱く読み応えのある企画が目白押しです!

 ベストカーの真骨頂、巻頭スクープ企画は今号も見逃せません。「日本車スクープ 大追跡スペシャル」というテーマで、マツダ次期ロードスターなどビッグネームの大きな動きを追い、その最新情報を公開します。

 今号は、2つの読み応えのある特集を用意。ひとつは「時空を超えた人馬一体の魅力」特集で、人馬一体感を味わえる国産旧型車とその流れを受け継ぐ現行車、それぞれの魅力をチェック。

 もうひとつの特集は「世界クルマ五輪」。いくつかのテーマを設け、世界のクルマたちに国産車が挑む三つ巴対決を多数展開します。

 販売戦略などに迷走が続き、あのオデッセイが生産終了決定……など、どうも気が気でならない最近のホンダに迫る「大丈夫か!? ホンダ」企画も読み飛ばせません! 

 そのほか、SUVになるのか? と、ここのところ注目を集めるあのクルマを取り上げる「スカイラインは日本人の心のクルマなのだ」企画や、あまり売れていないけどぜひ売れてほしいクルマへエールを贈る「勝手に販促会議!」企画も凝ったページ構成で要チェックです。

 さらには、続々と上陸中の輸入車ピュアEVと国産車ピュアEVをすべて紹介する「日本で買えるピュアEV大全集」企画も! 「ベストカー」8月10日号はいつも以上に充実。最後のページまで見逃せません!

文/ベストカー編集部
写真/奥隅圭之ほか


風雲急を告げる! 日本車SCOOP大追跡スペシャル!!

マツダ「ロータリースポーツ」復活説が浮上! ロードスター含めたマツダ新車最新情報をお届け

 ベストカー・スクープ班は常に多数の情報筋から次期モデルの話を入手していますが、そのなかから今号でお届けするのはマツダと日産の話。いずれも「こんな内容で開発が進んでいるのか!?」という風雲急を告げる驚きの中身です。

 まずはマツダ。マツダ社内でも水素ロータリーの可能性を見直す機運が高まっており、「ロータリースポーツ」復活説が急浮上! 3年以内にはプロトタイプを完成させると言われており、その真相に迫ります。

 さらに人気の「ロードスター」にも衝撃情報! 次期型、あるいはその次のモデルが電動化戦略に乗り、内燃機関を用いたPHEV、あるいはBEVになる可能性が確実という。これは驚きだ。

 そして、来年春登場予定の「マツダ6」は既報どおりの直6+FRモデルとなり、2023年登場予定の次期「CX-5」の情報もつかんでいます。

 日産の掘り出し情報は「次期スカイライン」。一部新聞報道の「スカイライン、開発中止」を受け、本誌スクープ班がつかんだ情報はスカイラインの流れを受けたSUVモデルが誕生する方向性! というもの。この衝撃情報も見逃せません。

集中BIG特集 時空を超えた「人馬一体の魅力」

初代NSXと現行型NSXなどのスポーツカー新旧モデルを乗り比べを実施!! 

 「昔のクルマは楽しかった」。……ついそんなふうに浸ってしまうけど、クルマを走らせる楽しさ、人馬一体の魅力は時空を超えて脈々と受け継がれている! それを改めて認識する特集企画です。

 この特集のメインは、旧型モデルを借りだし、その流れを汲む現行モデルと実際に乗り比べするというものです。R34GT-RとR35GT-R、初代NSXと現行型NSX、歴代ロードスター乗り比べ対決、STI185セリカGT-FOURとGRヤリスなど……。

 あの山野哲也氏が乗って試して、走りの楽しさや人馬一体感などをチェックします。時空を超えて、昔のモデルの“走り味や乗り味”は今に受け継がれているのか!?

 さらに、「A80スープラと現行GRスープラ」、「2代目スイフトスポーツと現行スイフトスポーツ」など、時空を超えた人馬一体感を味わえるクルマかどうか、ということを探っていくコーナーもあります。

次ページは : ワイド特集「世界クルマ五輪」。ニッポンの実力は世界に届くのか?