新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号


 新緑眩しい皐月。発売中のベストカー6月10日号は、注目のSCOOP企画あり、2つの大特集あり、さらには読み飛ばせない企画ありと大賑わいです。

 今号のSCOOP企画はこれから誕生するトヨタのモデルたちに焦点を当てています。2022年6月登場の新型クラウンの直前「新着」情報に加え、2023年2月登場とされる新型プリウスの独占情報&予想CGも公開。特にクラウンの「新着」情報は驚きの中身なのです!

 特集のひとつは「人気車&話題車の〇と×」。販売台数が好調な人気車や話題のクルマ(いずれも国産車)を、BC編集部厳選で20台+α取り上げ、次々と〇の評価と×の評価をしていきます。気になるあのクルマの見方が変わること必至。

 特集のふたつ目は「注目車に立ちはだかる5台の壁」。注目を浴びる6台の日本車が、強力ライバルと目される5台のクルマ(壁)に挑んでいく内容です。評論家のチェックの末、どのクルマには勝ち、どのクルマには敗れるのか!? 見逃せない、全30の対決です。

 こちらも編集部自信ありの企画。「乗ってみなよ! 2ペダルの楽しいクルマ」。今の時代、2ペダルが当たり前。MTモデルにこだわるのもアリなんだけど、2ペダルで乗って楽しい国産車が実は多いんです。そのワケを、クルマを紹介しながらどんどん紹介していきます。

 さらに「帰ってきた! 乗り心地テスト」企画も久しぶりに掲載! BC乗り心地マイスター・大井貴之氏をテスターに迎え、最新5モデルの乗り心地をじっくりチェック。街中であまり見ない、日産 アリアも登場しますよ。

 そのほかのおすすめ企画として、全グレードの価格が発表されたばかりの新型フェアレディZに対して「6名の評論家が語る期待と不安」企画や「40台の大幅値引き車」「世界の特装車」「魅惑の輸入中古車沼」「日本車インフルエンサー列伝」など、企画ギッシリで盛りだくさん!!

 退屈知らずの、ベストカー6月10日号です。

文/ベストカー編集部
写真/池之平昌信 ほか


■新型クラウンの新着ネタあり!「SCOOP情報。トヨタに何かが起きている!!」

 トヨタの新車戦略が騒がしい。

 まずは次期型クラウンのSCOOP情報。今年に入り、新型のクラウン情報を定期的に届けていますが、5月に入り、最新情報を入手。次期型クラウンはFFベース4WDの4ドアクーペとして2023年6月に誕生するというSCOOP情報を伝えてきましたが、それは確定。

 が、それをベースにしたSUVタイプのクラウンの開発が販売店の猛反対を受け、開発凍結という情報を急きょ入手! 代わりに現行型をベースにしたFRタイプの新型開発に着手した、という驚きの情報も入手。それらのネタを予想CGを交え、詳しく掲載しています。

 また、トヨタにとって重要なクルマ、プリウス。これの次期型のSCOOP情報も掲載。2023年2月に登場する次期型は超スタイリッシュだ!

■購入お役立ち特集「人気車&話題車の〇と×」。20台+αを厳しくチェック!

 クルマのいい部分(〇)とイマイチの部分(×)を評論家がチェックする企画はクルマ雑誌の定番。……ですが、この企画は日本車ばかり20数台が次々と取り上げられる、という中身がひと味違うところ。

 売れている人気車と、話題になっているクルマのなかから、BC編集部が厳選したクルマたちを3名の自動車評論家のみなさんが「歯に衣着せぬ視点」で厳しくズバリ斬ります! あなたが気になっているクルマの見方が、変わるかもしれませんよ。

次ページは : ライバル車を超えられるか!?「注目車に立ちはだかる5台の壁」特集

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ