※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

ルノーと日産、新たな投資と新型車を含むインド事業での取り組みを発表

配信元:NISSAN
ルノーと日産、新たな投資と新型車を含むインド事業での取り組みを発表

2023/02/13



  • 6億USドル(530億インドルピー)を投資し、電気自動車2車種を含む6車種の新型車をインドで生産
  • 新たな研究開発を行うことで、最大2,000人の新規雇用を創出
  • チェンナイ工場はカーボンニュートラルの工場へ

 ルノーと日産自動車は13日、インドにおいて生産と研究開発の事業を強化し、電気自動車(EV)の投入とカーボンニュートラルな生産体制へ移行する新たな長期ビジョンを発表しました。両社はチェンナイを拠点として、国内外の顧客向けに2車種の新型EVを含む6車種の新型車を共同開発し、ルノー・日産の拠点を国際的な輸出ハブへと高めていきます。

 この新規プロジェクトのために、約6億USドル(約530億インドルピー)の初期投資を計画し、さらにチェンナイのルノー日産テクノロジー&ビジネスセンターインディア社(RNTBCI)では、最大で2,000人の新規雇用を創出する見込みです。同時にルノー日産オートモーティブインディア社(RNAIPL)の工場は、再生可能エネルギーの発電量を大幅に増やすことで、カーボンニュートラル化していきます。

 先週のルノー・日産・三菱アライアンスの新たな価値創造プロジェクトの発表に引き続き、本日、インドのチェンナイでタミル・ナドゥ州政府の関係者が参加する公式式典において、日産の取締役兼代表執行役COO、アライアンス・ボードメンバーのアシュワニ グプタが、ルノー・日産のインド事業の将来について概要を説明しました。

 日産のAMIEO(アフリカ・中東・インド・ヨーロッパ・オセアニア)マネジメントコミッティ議長であるギョーム カルティエは「ルノーと日産はインド市場への取り組みを強化します。インド市場の電動化を推進し、環境への影響を最小限に抑えていきます。インドは初のアライアンス工場が竣工した地であり、新型車や新しい研究開発の取り組み、新しい輸出市場を通じて、共同事業を次のレベルへと引き上げ、アライアンスの新しい章の中心的な役割を果たしていきます。インドにおける日産のラインアップに、初めてグローバルに高品質なSUVとEVが加わることで、従業員、お客さま、地域社会により大きな価値をもたらします」と語りました。

 ルノー・グループのインターナショナル・デベロップメント・パートナーシップ担当SVPでアライアンス共同購買組織(APO)のマネージング・ダイレクターを兼ねるフランソワ プロボは、「インドはルノー・グループにとって重要な市場です。過去14年間、私たちはチームやディーラーとともにルノー・ブランドを発展させ、年間10万台を販売するまでになりました。また、世界にまたがる研究開発においても、インドは重要な役割を担っています。今回の日産とのプロジェクトは、2月6日に発表した新しいアライアンスの構想のうち、内容を具体化した最初の取り組みです」と、述べました。



新しいセグメントへ新型車を投入

 両社3車種ずつで合計6車種となる新型車は、チェンナイで設計・生産される予定です。アライアンス共通のプラットフォームを採用しながら、各ブランドの個性を明確にした特徴的なデザインを採用する予定です。

 新型車には、4車種の新型CセグメントSUVが含まれます。また、ルノーと日産にとってインドにおける初のEVとなる2車種のAセグメントEVは、10年以上前に「日産リーフ」とルノー「ゾエ」が切り拓いたグローバル量産型EVの専門知識を活かして開発されます。


チェンナイにおけるルノー・日産の国際ハブ

 新型車はインドのお客さまにお届けするだけではなく、インドからの輸出を大幅に増加させることも意味します。そして、チェンナイのRNAIPL工場の稼働率を80%まで高め、今後何年にもわたって数千人の雇用を確保します。

 また、この増産を補完するため、RNTBCIでは研究開発および関連業務の拡大が見込まれており、インドおよび海外の新規プロジェクトのために、チェンナイ近郊の拠点で、最大2,000名の新規雇用を創出する見込みです。


カーボンニュートラルなクルマづくりへのロードマップ

 また、アライアンスにおけるエネルギーや資源を削減する主要拠点の一つであるRNAIPL工場は、カーボンニュートラルへ向けたロードマップを発表しました。これは、現在進行中の再生可能エネルギー使用量100%へ移行するプログラムで、2045年までに達成する予定です。同時に工場でのエネルギー消費量も現在より50%削減する予定です。

 チェンナイ工場では、すでに電力の50%以上を太陽光、バイオマス、風力などの再生可能エネルギーで賄っています。太陽光発電は現在の6倍以上の規模となり、発電量は2.2MWから14MWへと拡大されます。


パートナーシップの再構築

 ルノーと日産は、インド市場に対する新たなコミットメントとして、両社の共同事業における株式保有比率を見直しました。新しい枠組み合意により、RNAIPLは、日産51%:ルノー49%の出資比率となり、RNTBCIの出資比率は、ルノー51%:日産49%となります。 この結果、長期的なパートナーシップが強化され、各社がより責任と自律性を持って事業運営が可能となります。


日産のギョーム カルティエは「ルノーと日産は本日、インドへのコミットメントを新たにしました。タミル・ナドゥ州政府の強力なパートナーシップとサポートに感謝します。私はここチェンナイで、チームの皆さんと素晴らしい発表を共有できたことをとても誇りに思います。彼らのパフォーマンスと競争力が、長期的な投資を行う自信を与えてくれたのです」と語りました。


以上

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://newsroom.nissan-global.com/ja-JP/releases/release-a29f4d6bd6810c1e25a9f85d2327324c-230213-00-j

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

日産自動車株式会社

所在地
神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します