※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

-LSではソフトウェア更新を通じてアクセル操作時のレスポンス・加速フィーリングの向上を実現-

配信元:TOYOTA
-LSではソフトウェア更新を通じてアクセル操作時のレスポンス・加速フィーリングの向上を実現-
トヨタ自動車株式会社
株式会社KINTO

 トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社KINTO(以下、KINTO)は、お乗りのクルマを「進化」させるサービス「KINTO FACTORY」の立ち上げから2年目に入ったのを機に、2月14日、本サービスの商品ラインアップ、「トヨタアップグレードセレクション」にハリアーを、「レクサスアップグレードセレクション」にLSを新たに追加するとともに、UXのアイテムを拡充させました。

ハリアーについては、お客様のご要望を踏まえて、ブラインドスポットモニターなどの機能を後付けできるようにし、LSについては、「レクサスアップグレードセレクション」として初めて、ソフトウェアの更新 を通じて、アクセル操作時のレスポンスと加速フィーリングの向上を実現します。

詳しくはこちら
https://factory.kinto-jp.com/
KINTO FACTORY

 トヨタとKINTOは、「クルマをお届けした後も絶えず付加価値をご提供していきたい」という想いのもと、お客様がお乗りのクルマに対し、その後の技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェアやハードウェアの機能・アイテムをタイムリーに反映することで、最新の状態に「進化」させるサービス、「KINTO FACTORY」を2022年1月に立ち上げました。東京と静岡を拠点にトヨタ5車種・レクサス3車種から始め、その後もエリアや車種、機能・アイテムの積極的な拡大に取り組んできた本サービスをさらに多くのお客様にご利用いただくため、今回、車種を新たに追加するとともに、アイテムも拡充させました。

詳しくはこちら
https://factory.kinto-jp.com/

ハリアー

 お客様からのご要望にお応えすべくアイテム・機能を徹底的に検討し、ブラインドスポットモニターやパワーバックドア用のハンズフリー機能を後付けできるようにしました。これらの機能を通じて、安心で快適なカーライフの実現をサポートしていきます。

詳しくはこちら
https://factory.kinto-jp.com/carlineup/toyota/harrier/
ブラインドスポットモニター(左)とパワーバックドア用ハンズフリー機能(右)のイメージ
ブラインドスポットモニター(左)とパワーバックドア用ハンズフリー機能(右)のイメージ
ハリアー
商品ラインアップ トヨタアップグレードセレクション
機能・アイテム ブラインドスポットモニターの後付け パワーバックドア用のハンズフリー機能の後付け(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)
価格(税込み) 99,000円 33,000円
対象グレード G“Leather Package”、G、S G“Leather Package”、G
初度登録 2020年6月~2022年10月
施工対応エリア 大阪、愛知、福岡、千葉、静岡(いずれも2023年2月14日より)、東京(2023年春以降)

LS

 ソフトウェアの更新を通じて、アクセル操作時のレスポンスと加速フィーリングをそれぞれ向上させる「POWERTRAIN SOFTWARE UPGRADE」をご用意しました。

 ハイブリッド車では、使用頻度が多い走行領域でのバッテリーアシスト量を増加させることで、より余裕のある加速を実現する一方、発進の際のエンジン最高回転数を低めに設定することにより、静粛性も向上させます。

 ガソリン車では、使用頻度が多い走行領域でのエンジントルクの立ち上がりを高め、加速の際のレスポンスを向上させます。さらに、シフトスケジュールを変更し、各ギヤ段で加速できる領域を拡げることで、加速の際のシフトダウン頻度を低減し、余裕のある力強い走りを実現します。

詳しくはこちら
https://factory.kinto-jp.com/carlineup/lexus/ls/
LS
商品ラインアップ レクサスアップグレードセレクション
機能・アイテム 「POWERTRAIN SOFTWARE UPGRADE」
価格(税込み) 132,000円~
対象グレード 全グレード
初度登録 <LS500>2017年12月~2020年9月、<LS500h>2017年10月~2019年8月
施工対応エリア 大阪、福岡(いずれも2023年2月14日より)、東京(2023年春以降)

UX

 年次改良で追加してきた3つのハードウェアのアイテムを、改良前のモデルに後付けできるようにしました。

詳しくはこちら
https://factory.kinto-jp.com/carlineup/lexus/ux/
F SPORT専用オレンジキャリパー(左)、充電用USB Type-C(中央)、F SPORT専用アルミフットレスト(右)のイメージ
F SPORT専用オレンジキャリパー(左)、充電用USB Type-C(中央)、
F SPORT専用アルミフットレスト(右)のイメージ
UX
商品ラインアップ レクサスアップグレードセレクション
機能・アイテム F SPORT専用のオレンジキャリパーの後付け 充電用USBをType-AからType-Cへ変更 F SPORT専用のアルミフットレストの後付け
価格(税込み) 119,900円 9,900円 19,800円
対象グレード F SPORT、F SPORT Style Blue、
F SPORT Emotional Explorer
すべてのグレード F SPORT、F SPORT Style Blue
初度登録 2018年11月~ 2018年11月~2020年10月 2018年11月~2022年6月
施工対応エリア 大阪、福岡(いずれも2023年2月14日より)、東京(2023年春以降)

 トヨタとKINTOは、「KINTO FACTORY」でご提供している「進化」と、新たに「見守り」を組み合わせたサブスクリプションサービス「KINTO Unlimited」を、2023年1月に発売した新型プリウスの1.8Lモデル、Uグレードから始めています。これらのサービスを通じて、クルマをお届けした後も絶えず付加価値をご提供する取り組みをさらに加速させていきます。

詳しくはこちら
https://kinto-jp.com/lp/prius/
店舗への車両の持ち込みが必要となります

 以上

Sustainable Development Goals

 トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/38675375.html

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

トヨタ自動車株式会社

所在地
愛知県豊田市トヨタ町1番地

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!