※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

フライングスパースピードによりフルラインナップが完成

配信元:PRTIMES

ベントレーモーターズジャパン

2022年9月6日

 ベントレーは、フライングスパーシリーズの中で最も走行性能に優れたフライングスパースピードで、グランドツアラーの新しいラインナップを完成させます。

 

 ベントレーには選択肢が何百万通りもありますが、最新のラインナップは、よりシンプルにお客様のご要望に合ったベントレーを見つけることができるようになっています。このラインナップの一つは快適性を重視したもの、もう一つは走行性能を重視したもので、両者の長所を組み合わせたマリナーモデルがその頂点に君臨しています。

 フライングスパースピードの発売により、既存のコンチネンタルGTやベンテイガと同様に、フライングスパーのラインナップが完成しました。フライングスパースピードはパフォーマンスモデルの最高峰であり、フライングスパーマリナーとともに、W12エンジンを搭載したフライングスパーを希望するお客様のための車です(標準のフライングスパー W12は今年5月に生産終了)。

 フライングスパースピードはSモデルの上位モデルで、85 PSと130 Nmのトルクを追加することで、時速60マイルまで0.4秒短縮、最高速度は333km/hを誇り、その優位性を示しています。エレクトロニックオールホイールステアリング、ブレーキによるトルクベクタリング、ベントレーダイナミックライドを標準装備し、635PSの6.0リッターツインターボW12エンジンの性能に見合う俊敏性を備えています。

 フロントグリル、ヘッドランプ、テールランプにはダークティント仕上げが施され、ロアウィングにはスピードのシグネチャーバッジが付くなど、エクステリアのスピードのスタイリングはお馴染みのものです。

 22インチのスピードホイールは、ダークティント、グロスブラック、シルバーペイントの3種類の仕上げを標準装備しています。オプションの22インチスポーツデザインホイールも、グロスブラックまたはペールブロドガーサテンでご用意しています。フライングスパースピードには、宝石をちりばめたフューエルフィラーキャップとオイルフィラーキャップも装備されています。

 パフォーマンスに特化した存在感をさらに高めるため、ベントレーのスタイリングスペシフィケーション(カーボンファイバー製フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザー、繊細なトランクリッドスポイラー)とブラックラインスペシフィケーションも引き続きオプションとして利用できます。

 パフォーマンスとラグジュアリーの比類ないバランスを備えたキャビンでは、乗員の手に触れる部分すべてにダイナミカが使用されるなど、独自の配色が新たに採用されています。

 ベントレーはダイナミカピュアを使用していますが、通常のダイナミカとの違いは、73%の再生ポリエステルから作られていることです。インテリアカラーの選択肢は5色から15色に増え、ピアノブラックベニアが標準、クラウンカットウォールナット、ダークステンドバーウォールナット、ダークフィドルバックユーカリが無償オプションとして追加されました。

 ドライバーズインフォメーションパネルには、高級クロノグラフからインスピレーションを得た新しいパフォーマンスインフォテイメントグラフィックが表示されます。フロントシートは24ウェイ、リアシートは14ウェイの調節が可能で、ラグジュアリーをテーマにした快適な仕様を標準装備しています。

 全席にヒーター、ベンチレーション、マッサージ、2つのメモリーポジションを装備しています。キャビンには、スポーツペダル、スピードフェイシアバッジとエンブレム、スピードインナー&アウタートレッドプレートのイルミネーションも装備されています。

 フライングスパースピードは米国と欧州でフライングスパーの注文の約3分の1を占めると予想され、次いで中東でフライングスパーの注文の5分の1がスピードになると予想されています。

シャシーとパワートレイン

 フライングスパースピードのパワートレインは、最高出力635ps、最大トルク900Nmを発揮し、100km/h加速3.8 秒、最高速333 km/hとなっています。

 フライングスパーはコンチネンタルGTと同じ8速ZF社製デュアルクラッチトランスミッションを採用し、スムーズで洗練された加速、素早いギアシフト、燃費の向上を実現しています。次のギアをあらかじめ選択することで、より速いギアシフトを実現し、ホイールへのトルクの遮断を短くすることで、性能を向上させました。最高速度は6速で達成され、オーバードライブ(7速と8速)は経済的なグランドツーリングに使用されます。

 フライングスパースピードには、リアアクスルに駆動力を供給するクラッチシステムが搭載されています。その後、路面状況やホイールのスリップに応じて、アクティブ全輪駆動システムとして、必要に応じて自動的にフロントアクスルに駆動を送ります。そのため、ターンインレスポンスも向上しています。

 フライングスパーのフロントエンドはかなり軽く感じられ、ほぼ思い通りの速度で方向転換します。全輪駆動にありがちなアンダーステアが解消され、車全体のバランスが良くなったように感じられます。

 トルク配分は、選択したドライブダイナミクスモードに応じて変化します。コンフォートモードとベントレーモードでは、システムは最大480Nmのトルクをフロントアクスルに送り、より高いグリップとドライバビリティを提供します。

 スポーツモードでは、フロントアクスルへのトルクを280Nmに制限し、リアアクスルのトルクレベルを高く保つことで、よりダイナミックなフィーリングを実現します。また、トルクベクタリング・バイ・ブレーキ・システムにより、各アクスルのトルクが管理されます。

 フライングスパースピードは、ハンドリング性能とバランスの取れたダイナミックな正確さによって安心感のあるものとなっています。その主な理由は、先進のアクティブAWD、エレクトリックAWS、ベントレーダイナミックライドにあります。

 高速道路での安定性と街中での操作性を高めるエレクトロニックオールホイールステアリングが標準装備されています。低速での操縦では、このシステムは後輪を前輪とは逆方向に操舵します。これにより、ホイールベースが短くなり、回転半径が小さくなって機敏さが増し、駐車が格段にしやすくなります。

 高速走行時には、後輪を前輪と同じ方向に操舵し、安定性を高め、追い越しやレーンチェンジをより確実なものにします。エレクトロニックオールホイールステアリングは、高速走行時の信頼性と低速走行時の利便性を両立するものです。

 ベントレーダイナミックライドシステムは、ハンドリングと乗り心地の両方を向上させるように設計されています。48ボルトのシステムが電子アクチュエーターユニットを制御してアンチロールバーの硬さを管理し、必要に応じて硬さを変えてコーナリングフォースに対抗し、フライングスパーを水平に保つことができます。

 フライングスパーはコンチネンタルGTと共通の世界最大の鉄製ブレーキで、420mmのフロントディスクを搭載しています。グロスレッドのフロントキャリパーにはベントレーのブランドロゴが入り、オプションでグロスブラック仕上げも可能です。

存在感の向上

 スタイリングスペシフィケーションの美学はフライングスパースピードの比類なき性能を補完し、ベントレーの新しいパフォーマンスモデルの外観を、ドライビングに負けないくらい魅力的なものにしています。

 大規模な開発プログラムを経て、高光沢のカーボンファイバーで正確な公差に合わせて手作業で作られたスタイリングスペシフィケーションには、フロントバンパースプリッター、メタリックベントレーバッジ付きサイドスカート、リアディフューザー、トランクリッドスポイラーが含まれています。

 ブラックラインスペシフィケーションは、エクステリアのブライトワークのほとんどをブラックウェアに置き換えた現代的な仕様で、比類なきフライングスパーの存在感をより一層際立たせています。

 ブラックラインスペシフィケーションのエクステリアブライトウェアには、象徴的なフライイングBのマスコット、ラジエーターベーン、マトリックスグリル、サイドウィンドウの周囲、ドア下部とリアバンパーブレードが含まれています。フロントとリアのライトベゼル、ドアハンドル、ウィングベント、エグゾーストアウトレットも同様に、際立つダーク仕上げになっています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000082456.html

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ