「サラバ名車CB400SF」 新型あるから涙は拭え! 「新型”ヨンフォア”」掴んだ最新情報

「サラバ名車CB400SF」 新型あるから涙は拭え! 「新型”ヨンフォア”」掴んだ最新情報

 2022年10月31日をもって、いよいよホンダCB400SF/SBが生産終了になる。これで400ccの並列4気筒車は現行車から消滅するわけだが、前々から当webで報じているとおり、ホンダは次期モデルを検討している模様。現時点でわかっている情報を全て放出しよう!

文/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新旧ヨンフォア、CBX400Fで次期モデルのスタイルを検討してみる!?(7枚)画像ギャラリー

次期CB400向けにハイパーVTECなしの並列4気筒を新規開発か!?

 2022年11月1日からバイクに「平成32年(令和2年)排ガス規制」が全面適用される。50ccを除き、規制に対応していないバイクは、この期日までに規制をクリアしないと日本で販売できなくなる。

 現在、世界唯一の並列4気筒400ccモデルであるCB400スーパーフォア(SF)は、1992年のデビュー以来、モデルチェンジで排ガス規制を乗り切ってきた。しかし今回の規制には対応せず、派生モデルの同スーパーボルドール(SB)ともに絶版が決定している。

 生産終了がホンダから正式発表されたのは、初代発売からちょうど30年後の2022年4月28日。大きな衝撃が走り、慌てて入手しようとしたファンも多かったが、既に生産分は予約で完売状態だった。

 あと一週間足らずで30年の歴史にフィナーレが訪れる……わけだが、当Webの得た情報によると「後継機が開発中」らしい。その詳細は不明ながら、エンジンはDOHCヘッドの水冷並列4気筒なのは確実。ただし、回転数に応じてバルブ数を切り替える現行のハイパーVTECは採用しないという。

次期CB400の予想CG(編集部製作)。丸眼ヘッドライトと2眼メーターほか、王道のスタイルはそのままと思われる。後述の理由からイメージソースを往年のヨンフォア(CB400フォア)とした
次期CB400の予想CG(編集部製作)。丸眼ヘッドライトと2眼メーターほか、王道のスタイルはそのままと思われる。後述の理由からイメージソースを往年のヨンフォア(CB400フォア)とした

中国市場でCB1300が販売中、その普及版として次期CB400が投入される!?

 メイン市場として中国が計画されている模様だ。エンジンは莫大なコストをかけた新開発で、500ccの4気筒モデルを投入するらしい。その400cc版が次期CB400として日本向けに発売されると見られる。日本仕様も「しっかりコストをかけて造り込まれる」との情報だ。

 現在の中国ではカワサキZ900RSなど丸目ネイキッドのスタイルが人気を博しつつある。ホンダの現地法人「本田中国」でも、CB400SF/SBの兄貴分であるCB1300SF/SBをはじめ、空冷直4のCB1100をラインナップ。一方、300~500cc以下のミドルクラスには丸眼1灯のスタンダードなネイキッドが存在しない。

 CB1300はトップモデルの一つとして君臨しており、価格は19万1000人民元。日本仕様の156万2000円に対し、390万円相当と超高額で、なかなか手が出せる価格ではない。そこに普及価格帯のミドル直4CBが登場すれば、受け入れられる土壌は十分にあるだろう。

「本田中国」のwebサイト。中国で丸1眼のスタンダードなネイキッドは、CB1300SF/SB、CB1100が販売されているが、400~500cc帯にはまだラインナップされていない
「本田中国」のwebサイト。中国で丸1眼のスタンダードなネイキッドは、CB1300SF/SB、CB1100が販売されているが、400~500cc帯にはまだラインナップされていない

次ページは : “ヨンヒャクCB”の50周年を祝うメモリアルモデルの可能性も

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!