ヨンフォアより先になる? カワサキ 新作直列4気筒「ニンジャ ZX-4R」で待望 フルカウル400マルチ復活か!!?

ヨンフォアより先になる? カワサキ 新作直列4気筒「ニンジャ ZX-4R」で待望 フルカウル400マルチ復活か!?

 カワサキ 直列4気筒の新作「ニンジャ ZX-4R」の投入。「10月1日登場」の観測も広がっていたが、インドネシアではZX-25R/RRの発表にとどまった。昨日(10月5日)には北米の2023年モデルが発表されたが、そこにも「ZX-4R」の名前はなし。登場が確実視されているなか、なんというか、焦らしがうまい(?)。

 直列4気筒の灯火が消え入りそうなところにヨンフォア次期型、ZX-4Rと相次いで新型情報が入ってくるのは、筋金入りのファンならずとも何とも嬉しいもの。今回ここでは、ベストカー9月10日号(2022年8月10日発売)にて掲載された「ZX-4R」の情報をご紹介したい。

※本稿は2022年8月のものです
文:ベストカー編集部、写真/HONDA、KAWASAKI、YAMAHA、SUZUKI、予想CG/ベストカー編集部、SRD
初出:『ベストカー』2022年9月10日号

【画像ギャラリー】「2スト250cc」よりも速い!? F3レーサーレプリカは中型の最高峰!!!(5枚)画像ギャラリー

■「ニーゴー」の軽い車体で驚異の60ps超をマーク?

 先週ご紹介したホンダの次期CB(関連記事参照)より先に、「ミドル直4」の灯はひとまずカワサキが引き継ぐことになりそうだ。

 カワサキは現在400ccクラスに2気筒の「ニンジャ400」を展開中。

 250譲りのシャシーを流用することで軽量ハイパワーを実現し、クラスに新風を吹き込んだ。

 しかし登場から4年目を迎え、そろそろ新展開が欲しいところ。

 そんななか、カワサキが4気筒の新作「ニンジャ ZX-4R」を投入するとの情報をつかんだ。

Ninja ZX-4R(KAWASAKI ※予想CG)…ZX-25Rのシャシーに、新開発の400㏄直列4気筒を搭載する模様。カウルなどのデザインは25Rと同様ながら、マフラーがサイレンサー別体式になるようだ

 現行唯一の250cc直4であるZX-25Rの兄貴分にあたり、鋼管フレームや倒立フォークなどの車体を踏襲。

 これに400cc直4を搭載するというニンジャ250/400と同様の手法で、軽量コンパクトさを実現するようだ。

 エンジンはZX-25Rの直4をスープアップ(編集部註:改良によって性能向上や出力増大を図ること)するのか、完全新設計となるかは不明。

【ベースは4気筒250cc?】KAWASAKI Ninja ZX-25R(価格:84万7000円~)…12年ぶりに復活したニーゴー直4で2020年登場。クラス唯一の直4機として人気を博す。上級版となるZX-4Rもこれに続くか!?

 ただし最高出力は60psの大台を超える見込み。CB400SFの56psを上回り、クラス最強のパワーを誇るだろう。

 外観は弟分のZX-25Rとほぼ同じのようだが、フロントブレーキがWディスクに。

 リアタイヤはパワー増強に合わせてワイド化される模様。「400ccスーパースポーツ」の名にふさわしい出来になりそうだ。

 予想登場時期は今秋。

 2022年10月で生産終了のCB400SFとちょうど入れ替わるように、カワサキが「クラス唯一の直4」を投入する格好になりそう。

 勢いに乗りまくるカワサキらしい一手だ!

Ninja ZX-10RR(KAWASAKI)…2021年10月のスーパーバイク世界選手権に、1989年の初代ZXR400カラーを再現したワークスZX-10RRが突如参戦。このカラーが実は新型の登場を予告していた!? もちろんZX-4Rも同じカラーでお願いしたい!

次ページは : ■究極レプリカの血統! ぜひ懐かしいカラーで

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ