スカウターは表示クッキリで実用的! SHOEIのスマヘル「オプティクソン」をテストしてみた

スカウターは表示クッキリで実用的! SHOEIのスマヘル「オプティクソン」をテストしてみた

 ナビなどの情報が視界に浮かび上がるスマートヘルメット「OPTICSON(オプティクソン)」が、ついに市販スタート。実際の使い勝手はどうなのか、公道でテストしまくった!

文/沼尾宏明、写真/小川裕之(OGA)、市本行平、沼尾宏明


【画像ギャラリー】バッテリーはどこ? ナビはどう? オプティクソンの詳細をチェックする!(11枚)画像ギャラリー

4年の歳月を経て、大手メーカー初のスマートヘルメットが市販化

 スマホとの通信システムを内蔵し、HUD(ヘッドアップディスプレイ)に情報を表示できるスマートヘルメット。ベンチャー企業から発売されたケースもあるが、大手ヘルメットメーカーからは市販されていなかった。

 そんな中、世界トップブランドの一角であるSHOEIがスマートヘルメットの「オプティクソン」を販売を開始。12月17日から公式ショールームのSHOEIギャラリー各店で試験的に限定販売している。

カラーはルミナスホワイトとマットブラック、サイズはM(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)。価格は13万7500円で、専用バッテリー1万1000円が別途必要だ。JIS規格に対応
カラーはルミナスホワイトとマットブラック、サイズはM(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)。価格は13万7500円で、専用バッテリー1万1000円が別途必要だ。JIS規格に対応

 初出から実に4年近い歳月を経て、ようやくの市販化となる。2019年1月に米国の家電見本市で試作版を初公開し、2022年の大阪&東京MCショーにオプティクソンを初披露。マツダやダイハツなどの車載メーター&HUDメーカーである「NSウエスト」と共同開発した。

 当時から、某漫画で有名な「スカウター」とHUDがソックリとあって、大いに話題になった。仕組みとしては、アゴ(チンガード)にブルートゥースモジュールや投影装置などのデバイスを収納。チンガード上部から右目のスクリーンに向けて、プロジェクターのように映像を照射し、ライダーの目には虚像として情報が浮かび上がる。

 ヘルメットとスマホはブルートゥースで接続し、スマホのナビアプリ、時計、電話とメールの着信、バッテリー残量などの情報を表示。ナビタイムジャパンが開発したアプリ「ツーリングサポーター」の「プレミアムプラス」コース(月額800円または年額8000円、1か月間の試用期間あり)に別途加入する必要がある。

走行前に内装調整と専用アプリの入手が必須

 さっそく都内のSHOEI本社に赴き、テストさせてもらった。製品を購入すると、まずSHOEIギャラリーにてSHOEIパーソナルフィッティングシステム(P.F.S.)で内装を調整する。これはライダーの頭をサイズ測定し、専用パッドを用いてジャストフィットする内装を作成するもの。

 スカウター=コンバイナの表示は見える位置がピンポイントのため、P.F.S.が必須とのこと。頭の位置が少しズレただけで見づらくなるので、フィッティングが非常に大事なのだ。同様の理由でコンバイナなどのシステムを既存ヘルメットに後付けすることはできないという。

 並行して、スカウターの表示が見える位置に調整。続いてアプリをスマホにインストールして、オプティクソンとブルートゥースで無線接続する。簡単にペアリングでき、操作方法を学べば、いよいよ走行だ。

 これら一連の手順はスタッフが懇切丁寧に教えてくれる。またスカウターの表示状況を確認するため、試着走行も可能だ。

 なおバッテリーは別体式で胸ポケットなどに収納する必要がある。稼動時間を確保するためにはバッテリーが大型になり、帽体に内蔵するとヘルメットが重くなってしまう。それゆえに外付けを選択したとのこと。稼動時間は約6時間。付属の充電器を使って3時間でフル充電できる。

 ちなみに専用アプリがなくてもスマホと接続は可能だが、ナビは表示されず、スカウターの設定変更もできない。

操作はチンガード左側にビルトインされたスイッチで行う。電源、メインスイッチ、音量+-の4つで直感的に操作可能。厚手のグローブでも問題ない
操作はチンガード左側にビルトインされたスイッチで行う。電源、メインスイッチ、音量+-の4つで直感的に操作可能。厚手のグローブでも問題ない

次ページは : 輝度を自動調整、太陽が正面にあってもハッキリ見える!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ