あのマンガで憧れたスカウターが…!!!? ライダーの安全&快適を支える最新アイテム5選

あのマンガで憧れたスカウターが…!!!? ライダーの安全&快適を支える最新アイテム5選

 2022年3月、国内最大規模のオートバイ、部品、用品の見本市である大阪&東京モーターサイクルショーが開催された。

 ショーではライダーたちの度肝をも抜く驚愕の最先端ギアの数々も登場! ショーで注目された最先端の用品&ギアをご紹介!

※本稿は2022年4月のものです
文/沼尾宏明、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年5月10日号

【画像ギャラリー】自動車業界もうかうかしてられない!? ライダーの安全&快適を守り支える最新アイテムをギャラリーでチェック!(7枚)画像ギャラリー

■運転をジャマせず情報が得られるヘルメット「オプティクソン」は超未来的!

オプティクソン(SHOEI)…見た目はあの有名マンガ(他社)のスカウターに酷似。予想価格:15万円

 SHOEIが市販化を検討しているヘルメット「オプティクソン」(参考出品)は未来的。

 某有名マンガに出てくるスカウターのように、視界に情報が浮かび上がるのだ。

 読み取れるのはもちろん相手の戦闘力ではなく、ナビ情報。

 HUD(ヘッドアップディスプレイ)に映像を照射し、ライダーの目には虚像として目的地までの距離や曲がる方向などが浮かんで見える。

ヘルメットに電子機器を内蔵し、スマホと無線接続。ライダーの右目側に文字が浮かび上がり、曲がる方向+距離などがクッキリ表示される

 運転中の視線移動が最小限のため、車体に装着したナビを見るより安全なのがメリットだ。

 開発は、マツダやダイハツなどのメーター&HUDメーカーである「NSウエスト」、および「ナビタイムジャパン」と共同で進めている。

 こうしたHUD付きのスマートヘルメットは、ベンチャー企業から発売に至ったケースもあるが、大手ヘルメットメーカーでは日本のSHOEIが一番乗りとなりそうだ。

 価格は「12万~15万円程度を意識しながら開発中」。発売は年内と予想したい。

■「着るエアバッグ」にクーラーも!!?

テックエアファイブ(ALPINESTARS)…加速度や傾きを検出する6個のセンサーが衝突前に異常を検知する「着るエアバッグ」。予想価格:9万8980円

 バイクへのエアバッグ搭載はスペース的に困難で、標準装備するのはホンダの「ゴールドウイング」ただ一車のみ。

 一方でライダーが身に着けるエアバッグは少しずつメジャーになっており、世界最高峰のモトGPでも着用が義務化されている。

 以前はケーブルと車体をつなぎ、外れるとエアバッグが展開する機械作動式が主流だったが、最新版はワイヤレス。ジャイロセンサーで精緻に挙動を検知する。

 さらにクーラー的なアイテムも昨年デビュー。

 クールな冷却液でインナーウエアを湿らせることでヒンヤリ涼しい。シンプルながら効果絶大だ。

 一昔前、バイクは“寒い、暑い、危険”が常識だったが、快適度&安全性が大幅に向上。体力と注意力が減退したオヤジでも何とかなるかもしれない!?

■デイトナ参考出品の「モトスマートモニター」はタブレット並みの大画面

モトスマートモニター(DAYTONA)予想価格:6万円。スマホと同期させることで振動によるスマホの故障を心配することなくスマホの情報を表示。大画面で視認性もアップ

 クルマで普及してきたApple CarPlay。

 バイクの場合、メーターがカープレイの画面になって便利だが、採用例は豪華クルーザーなどごく一部に限る。多くはスマホをハンドルに装着して使っているのが現状だ。

 しかし振動でスマホのカメラが故障する事例が相次いでいる。そこでデイトナが開発したのが「モトスマートモニター」(参考出品)。

 カープレイとアンドロイドオートに対応したバイク用モニターで、タブレット並みに大画面。

 振動を気にせず自分のスマホと同期させて、ナビのほか、インカムを通じて音楽鑑賞、電話も可能だ。さらに後方視界まで表示できる。

 予想では年内発売か?

次ページは : ■ヤマハが電子式パワステを投入 低速で軽快、高速では安心なハンドリングに