【BMW 「CE 02」海外試乗インプレ】これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

【BMW 「CE 02」海外試乗インプレ】これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

 BMWモトラッドから新たに登場した都市型EVコミューター「CE 02」の国際試乗会がポルトガルで開催された。モーターサイクルジャーナリストのケニー佐川がレポートする。

文/ケニー佐川 Webikeプラス
 
 

車両解説

最高速95km/h、日本では軽二輪

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

ユニークでスタイリッシュ。従来の電動バイクのイメージを覆す斬新かつ遊び心のあるデザインだ。

 

 開発コンセプトは「eパルクーラー」。街中の障害物をアクロバティックな動きで乗り越えていくフランス生まれのスポーツ、パルクールをイメージしているとか。そんな遊び心を感じさせるユニークで颯爽としたデザインだ。

 BMWモトラッドが手掛けるEVとしては、「Cエボリューション」(2018)や「CE 04」(2022)に続く3機種目となる「CE 02」。定格出力6kW、最高出力11kw(15ps)のスペックは、日本では軽二輪クラスとなる都市型コミューターだ。

 電源はリチウムイオンバッテリーで、モーターからベルトドライブを介して後輪を駆動する仕組み。車体はスチール製フレームに倒立フォークと片持ち式スイングアームにモノショックを備え、足まわりには前後14インチのキャストホイールを装備するなど車体の作りは比較的オーソドックスである。最高速は95km/hでフル充電からの走行距離は約90km。ベーシック仕様の他に上級バージョンとしてハイライン仕様も用意される。

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

車体センター部分にモーターとバッテリーなどの重量物を配置したマス集中デザイン。スチールフレームに倒立フォークと片持ちスイングアーム&モノショックを組み合わせるなど車体構成は従来のバイク的。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

街乗りはCE 04の魅力が最も光るシーンだ。滑りやすい石畳でも安定したグリップで不安なく走りを楽しめた。

 

 フル充電までに要する時間は通常の0.9kW充電器で5時間12分。オプションの1.5kW急速充電器(ハイラインには標準装備)だと3時間30分まで短縮できるとのこと。さらに充電20%から80%までなら1時間40分で走り出せる。ちなみに欧州向けには、若年層向けに最高速が45km/hに制限された4kW仕様も用意されている。

 電子制御もユニークだ。ライディングモードにはEVらしい遊び心があり、「フロー」は街乗り向き、「サーフ」は回生ゼロでスムーズに走る高速道路向き。さらにハイライン仕様にはアグレッシブで回生も強力な「フラッシュ」モードも追加される。おまけにリバース機能も付いているので坂道や駐車場の出し入れも便利。他にもフロントABSに加え、オートマチック・スタビリティ・コントロール(ASC)や回生スタビリティ・コントロール(RSC)が後輪スリップを抑えてくれるなど安全面でも抜かりない。

 
 
 

試乗インプレ

ガソリン車を上回る加速力

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

EVならではの俊敏な加速力でしかもシームレス。リア側ステップに足を乗せ換えればスポーティな走りにもフィットする。

 

 今回用意されたのはハイライン仕様。ゴールドの倒立フォークや3色シート、グリップヒーターが装備された上級バージョンだ。未来的でありながらどこかレトロな雰囲気もあり、リスポンの旧い街並みにもすんなり溶け込むデザインだ。キックボードを思わせる低く長いシルエットだがホイールベース1353mmで意外とコンパクト。車重132kgは原2スクーター並みだ。シート高も750mmと低めで足つきも抜群。高めのワイドハンドルと前後に動きやすいベンチシートのおかげでライポジの自由度も高い。

 ちなみにタンデム用ステップも普通に使えるので、スタンディングしてみたり足を後ろに引いてスポーツバイク感覚でも走れるなど、楽しみ方も自由だ。感心したのが出足の良さ。最高出力だけ見ると150ccクラス相当だが、試乗してみるとアクセルを開けた瞬間のトルクが凄い。ゼロ発進で100%のトルクが取り出せるEVならではの強みだ。当然ながらクラッチもギアチェンジもいらないから、操作は超簡単でシームレス。

 急坂の多いリスボンの街を力強く駆け抜けた。ちなみに3つのモードはどれもピークパワーは同じで出力特性が異なっている。試乗中はほとんど標準モードの「フロー」で走っていたが、十分にトルクフルで同クラスのエンジンバイクに対しても互角以上の加速を見せつけてくれた。

ス~っと走る波乗り感覚が気持ちいい

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

街を遊び場に変えてしまう「eパルクーラー」がコンセプト。スタンディングで乗ると電動キックボードのような雰囲気も楽しめる。

 

 ハンドリングも軽やかだ。最初は前後14インチの小径ホイールがリスポンの石畳や凸凹の激しい路面でどうなのか不安だったが、いざ走り出してみると倒立フォークは剛性感もしっかりでリアショックの動きもスムーズ。石畳の滑りやすい路面でもミシュランの CITY GRIPがふんわりとグリップしてくれた。ABSはフロントブレーキのみだが、一方でリアブレーキは意図的にロックさせて遊ぶこともできる。車体が軽くて低いのでブレーキターンなどのアクションも簡単に決められるのだ。また、低速バランスにも優れ、スロットルでの繊細な速度コントロールもしやすくUターンも楽々だった。

 郊外の幹線道路では、「サーフ」モードをチョイス。回生がゼロになる設定でスロットルを戻しても慣性で滑らかに進む感覚はまさに波乗りのよう。エンジン車のような振動も熱も排気音もない静かな時間が流れていく。それはそれで気持ち良く、自然と風景を楽しむ余裕が生まれるのもEVの美点だと思う。

 今回の試乗ではリスボンの市街地を1日かけて60kmほど走破したが、まだバッテリー残量は20%残っていて、走行可能距離も20kmと表示されていた。試乗中はストップ&ゴーを繰り返し、坂が多く路面もフラットとは言えない環境だったことを考えると悪くない数値だと思う。「CE 02」には走りの楽しさはもちろん、見た目や装備にも洗練されたBMWらしさが宿っていた。国内での発売が待ち遠しい。

ディテール

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

LEDヘッドライト上にセットされたオプションのハイスクリーンはコンパクトながら整流効果も高い。3色シートはハイライン仕様。オプションで20mm肉厚のコンフォートシートも選べる。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

モーター上部には「CE 02」専用充電器用のポートを装備し、各国の仕様に合わせて家庭用電源が使える。ハイライン仕様には1.5 kW急速充電器を標準装備。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

アルミ鋳造ホイールに前後ディスクブレーキ(フロントのみABS)と120/80-14、150/70-14サイズのワイドタイヤ(ミシュラン・CITY GRIP)を装着。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

車体左側に片持ちスイングアームとベルト駆動によるファイナルドライブとリアブレーキを集約した構造。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

リアサスペンションはスイングアームにダイレクトマウントするタイプ。カム式のプリロード調整機構を装備。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

TFTディスプレイには速度やバッテリー充電量などを分かりやすく表示。ナビなど細かい情報はスマホ連動の専用アプリで確認できる。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

ハイライン仕様に標準装備されたホルダーにスマホをセットすれば、BMW Motorradアプリを通じて追加ディスプレイとして使える。USB-C充電ソケット付きで走行中も給電可能。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

左手元のキーパッドでディスプレイ表示を操作。アプリで表示されるスマホのナビ画面の操作も可能だ。

 

BMW 「CE 02」海外試乗インプレ これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた

スイッチを押しながらスロットルを捻ると後進するリバース機能も搭載。駐車場や坂道での取り回しにとても便利だ。

 

 

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://news.webike.net/motorcycle/360860/

【BMW 「CE 02」海外試乗インプレ】これは楽しい!いよいよEVが本物になってきた【画像ギャラリー】
https://news.webike.net/gallery2/?gallery_id=360860

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!