とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

 コミューターとしての実用性とランニングコスト低減を両立させるために開発された「AXIS Z」は、空冷BLUE COREエンジンを搭載し、車両重量は100kgと軽量に抑えられている。2017年から国内販売され、2022年にBLUE COREエンジンを最新の排出ガス規制に適合させている。

文:小川浩康 写真:コイズミユウコ Webikeプラス

 
 
 

規制対応でトルクとパワーを向上し、装備も充実

 54.6km/Lというヤマハ125ccスクーターでトップの燃費性能を実現して2017年に登場したアクシスZ。2022年にさらに厳格化された排出ガス規制に適合したことで燃費は51.9km/Lとなったが、クラストップは堅持。むしろBLUE COREエンジンは高効率燃焼とロス低減を追求したことで、8.2PS/6500rpm→8.3PS/7000rpm、0.99kgf・m/5000rpm→1.00kgf・m/5000rpmとパワー・トルクともに向上している。静粛にエンジン始動できるSMG(Smart Motor Generator)、リヤブレーキ操作でフロントブレーキも連動するUBS(Unified Brake System)を採用し、フロントポケット、コンビニフック、容量37.5Lのシート下収納と装備も充実している。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

コンパクトながら、タンデム走行に対応した居住性とパワーを兼ね備えた車体となっているアクシスZ。画像のマットブルーのほか、マットブラウン、ブラック、グレー、ホワイトの全5色。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

ヘッドライトは35/35W→60/55Wに光量アップ。ウインカー、ポジションランプもバルブ。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

テールランプとウインカーもバルブだが、リフレクターが大型で視認性は良好。

 

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

耐荷重1.5kgのポケット、シャッター付き鍵穴、耐荷重1kgのコンビニフック、5.5Lタンクへの給油口。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

シートは前後長666mmのロングタイプ。シート表皮は直射日光のもとでも熱を溜めにくい仕様。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

耐荷重5kg、容量37.5Lでジェットヘルメットなら2個収納可能。A4サイズのファイルも収まる。

 

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

スピード、積算距離、燃料をアナログで表示し、シンプルで視認しやすい。右上はECO運転を表示するランプ。

 

 
 
 

AXIS Zの足着き性をチェック!

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

ライダーは身長172cm。シート高は770mmで足裏をベッタリ着ける。フロアはタイトだが、ライディングポジションに窮屈さはない。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

両足の足裏をベッタリ着ける。車体幅もスリムで足を着きやすい。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

ライダーは身長156cm。リラックスできるライディングポジションを取ると、カカトが少し浮いた状態となる。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

両足のカカトが浮くが、「車重が軽いので支えやすく、足着き性に不安はない」とのこと。

 

スムーズな加速に不足感なし!

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

アクシスZはクラストップの燃費性能を達成しつつ、街中でストレスのない走りも実現。乗る楽しさがある。

 

 スタンドを払うために車体を起こすだけで、アクシスZの車重の軽さを実感できる。走行時はジェネレーターとして発電し、始動時はクランクシャフトを直接回転させるSMG装備のおかげで、セルスイッチ一押しで静粛にエンジンは目覚める。

 アイドリングで不快な振動のない空冷BLUE COREエンジンは、圧倒されるようなパワーやトルクは感じないものの、軽い車体を振動もなくスムーズに加速させる。交通量の多い幹線道路の流れにも余裕を持って乗れる加速力を実現している。

 前後10インチホイールと小径なこともあって、舗装状態のよくない路面ではフロントサスからコツコツとした衝撃が手に伝わってきた。しかし、フレームが軽い車体をしっかりと支えているおかげで、スピードを上げていってもハンドリングはフラフラせず、むしろ車体には安定感が出て、よりフラットな乗り心地になるように感じられた。

 スペック上のパワーとトルクは必要充分といった感じだが、実際に走行してみると全域でスロットル操作にツキのよさが感じられる。さらに、軽い車体はライダーの操作にダイレクトに反応し、ハンドリングも正確なので、街中の走りにもスポーティさが感じられて楽しい。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

空冷ながら環境性能に適合したBLUE COREエンジン。走りの楽しさもあるところにヤマハのこだわりが感じられる。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

テレスコピックタイプの正立フォーク。もう少し減衰力を高めたいが、ハンドリングは良好だ。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

リヤショックは車体左側のみ装着し、軽量化に貢献。タンデム走行も考慮し、しっかり感がある。

 

軽い取りまわしが行動範囲を広げる

 小径ホイールは路面からの影響を受けやすい反面、小回りのしやすさになっている。それはバイクから降りた際の取り回しやすさにもなっていて、コンパクトで軽い車体は押し引きもラクで狭い路地でのUターンもしやすい。

 車体はコンパクトだがライディングポジションに窮屈さはない。ただ、タンデムシート部が高くなっているのでお尻を後ろに移動させにくく、ずっと同じポジションに座りがちになる。短時間では気にならないが、長時間では窮屈さを感じるかもしれない。しかし、ライダーの着座位置自体はマシンコントロールしやすいポジションが決まり、それがライダーに走る楽しさを感じさせ、押し引きの軽い車体は路地を探訪してみようという気にもさせてくれる。アクシスZはコミューターとして使いやすく、走りの軽快さもかなりいい。

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

ディスクブレーキはタッチがよく、制動力のコントロールもしやすい。タイヤは前後ともマキシス製。

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

リヤブレーキをかけるとフロントブレーキも連動するUBSは前後の配分が良好で、制動力に違和感はない。

 

 

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!

車重100kgの車体は押し引きで重さを感じない。アクシスZの軽快さは行動範囲を広げてくれる。

 

スペック【2023年型ヤマハAXIS Z主要諸元】

・全長×全幅×全高:1790×685×1145mm
・ホイールベース:1275mm
・車重:100kg
・エンジン:空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒124cc
・最高出力:8.3PS/7000rpm
・最大トルク:1.00kgf・m/5000rpm
・燃料タンク容量:5.5L
・変速機:Vベルト式無段/オートマチック
・ブレーキ:F=ディスク、R=リーディングトレーリングドラム
・タイヤ:F=100/90-10、R=100/90-10
・価格:28万500円

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://news.webike.net/motorcycle/360247/

とにかく軽いアクシスZ。走りも軽快で楽しい!【画像ギャラリー】
https://news.webike.net/gallery2/?gallery_id=360247

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!