W230とメグロS1が秋発売! 撮り下ろし写真で2台を比較してみた【モーターサイクルショー2024】

W230とメグロS1が秋発売! 撮り下ろし写真で2台を比較してみた【モーターサイクルショー2024】

 2023年秋に公開されたW230とメグロS1がモーターサイクルショーにも登場。メグロブランド100周年の節目を迎えた2024年の秋頃、国内発売予定と発表された。東京会場で撮影する機会に恵まれたので、2台を比較しながら見ていこう。

 
 

大阪MCショー会場で「2024年秋の発売」をアナウンス

 昨年10~11月に開催されたジャパンモビリティショー2023で世界初公開されたカワサキのW230とメグロS1。2017年型で生産終了した空冷250ccネオクラシック=エストレヤの後継にあたる待望のモデルだ。

 ジャパンモビリティショーでは「日本市場への投入は準備中」とアナウンスされていたが、大阪、東京、名古屋で開催されるモーターサイクルショーには「国内導入予定モデル」として出展。大阪会場では、メグロブランド創設100周年となる2024年の秋頃に日本市場に導入予定と発表された。

 メグロは1924年(大正13年)に生まれたアジア最古のバイクメーカー。大排気量車のほか、250ccクラスの「メグロジュニア」シリーズで人気を博すが、1964年、カワサキに吸収合併された。

 メグロS1は、メグロK3に続く新生メグロ第2弾。車名は、メグロジュニアに冠された「S」と新時代のメグロジュニア1号車を意味する「S1」と名付けられた。メッキを多用し、よりクラシカルなムードが特徴だ。

 一方のW230は、1966年のW1(通称ダブワン)を祖とするWシリーズの末弟。W1は、メグロのK1を母体に排気量を650ccに強化したモデルであり、Wもメグロの血脈を引くシリーズなのだ。W230は現代のWシリーズに連なるレトロスポーツで、よりシンプルなイメージが特徴となる。

 250ccクラスにW230とメグロS1が同時デビューしたのは、W800とメグロK3が併売されている流れを踏襲し、各ブランドのラインナップを拡大するのが狙い。800モデルと同様、メグロがプレミアムブランドとして位置づけられている。

 

KAWASAKI W230

W230は車体色が白で塗装仕上げ。日本で販売終了したエストレヤは海外でW250として継続していたが、その後継としての役割も担う。

 

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1。現代版メグロでは800ccのメグロK3に続く2作目。メグロはかつて250ccクラスをジュニアSシリーズとして発売しており、これを受け継いでS1と命名された。

 

KAWASAKI W230

W230のサイドビュー。オーソドックスなバイクらしいイメージだ。

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1は車体色を黒としつつ、各部にメッキを施す。1964年にデビューしたカワサキ250メグロSGを彷彿とさせる。

 

KAWASAKI W230

W230。フォークブーツやリヤ2本サスがクラシカル。フロント18&リヤ17インチタイヤを履く。

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1。Wと車体構成は同様で、少し前傾したシリンダーがメグロSGに近い。

 

 

KAWASAKI W230

W230。丸1眼ヘッドライトにやや大ぶりなウインカーがレトロだ。ヘッドライトのみLEDで、他の灯火類は電球タイプ。

 

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1。Wとの違いは車体カラー以外に見られない。

 

 
 
 

基本構成は同一ながら、シンプルなWと豪華なメグロを演出

 続いて2車の違いをまとめてみた。大まかに言えば、カラーリング、エンブレム、メーターの文字盤、シートが異なり、基本構成は同一だ。

KAWASAKI W230

W230のタンク。白地に黒のラインをあしらい、立体エンブレムが付く。

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1の燃料タンクは黒地にクロームメッキ、複数色塗装の立体エンブレム、タンクパッドと豪華だ。

 

KAWASAKI W230

W230のエンブレムは立体タイプ。Wシリーズ共通のデザインだ。

 

KAWASAKI MEGURO S1

彩色仕上げされたメグロS1のエンブレム。かつて七宝焼きの時期もあったメグロ伝統のデザインで、羽根とMM(メグロマニュファクチャー)を配したメグロウイングを継承する。

 

KAWASAKI W230

ライダー側から見たW230のタンク。ニーグリップ部がフラットになっている。キャップはヒンジ式。

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1のタンク。メッキがライダーの目に入り、かなりW230と印象が違う。メグロK3の銀鏡塗装は未採用だ。

 

KAWASAKI W230

メーターはW800と同タイプのアナログ2眼。写真はW230で、黒とグレーの文字盤を採用し、液晶窓の下にWのロゴをあしらう。ETCのインジケーターがあり、標準採用される?

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1のメーター。W230とユニットは同じだが、文字盤が異なる。黒&クリーム色の文字盤と書体が太い数字を採用。「メグロ」のロゴも配置する。

 

KAWASAKI W230

W230のサイドカバーはブラックの無地。

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1のサイドカバーはW230と同様だが、立体的なメグロエンブレムをあしらう。

 

KAWASAKI W230

W230のシートは、表皮にZ1風の型押し模様が入る。黒と白を採用したツートーン仕上げで、非常に凝ったデザインだ。

 

KAWASAKI MEGURO S1

メグロS1のシート表皮はシンプルな黒1色のフラット仕上げ。白のパイピングを施す。

 

レトロな専用フレームにKLX230譲りの単気筒を積む

 エンジンとフレーム、足まわりといった基本構成は2車とも同一だ。心臓部には2024年型でモデルチェンジして国内再登場する新型KLX230SのSOHC空冷単気筒を搭載。詳細は未発表だが、排気量は223ccでユーロ5(令和2年排ガス規制)相当の排ガス規制をクリアしている。

 なお、北米仕様のKLX230Sは最大トルク1.82kg-m/6400rpm。W230とS1は出力特性を若干変更する可能性が高い。

 さらにエンジン外観はより大きく見えるよう各部を新作に。シリンダーヘッドのフィンや、クランクケースカバーを大型化し、空冷エンジンが目立つようデザインされている。特にクランクケースカバーは曲線美が強調され、レトロで温もりがある意匠だ。

 フレームは新設計。KLX230ではトップチューブが2本あるペリメターフレームなのに対し、W230とメグロS1はシングルクレードルフレームだ。往年のメグロジュニアらのような旧車と同様のフレームでレトロ感を強調した。

 

KAWASAKI MEGURO S1

優美な曲線を描くクランクケースカバー。シリンダーヘッドとFIカバーはエストレヤ風だ。冷却フィンはKLX230より面積が大きい。

 

 

KAWASAKI MEGURO S1

800モデルと同様にシリンダーのみ黒塗装としている。写真はS1だが、W230との違いは見られない。

 

 

KAWASAKI W230

レトロモデルらしく質感の高い金属製フェンダーを採用。2ポットキャリパーのディスクブレーキを採用し、前後ともABSを装える。

 

 

KAWASAKI MEGURO S1

エストレヤを受け継ぐキャブトンマフラーを装備。リヤはディスクブレーキだ。装着タイヤはIRC製グランドハイスピードGS19。伝統的なパターンを施したツーリング向けのスポーツバイアスタイヤだ。

 

 

KAWASAKI W230 MEGURO S1

エンジンの下で触媒+消音室をトグロ状にすることで、エキゾーストパイプをストレート形状に見せている。

 

 

KAWASAKI W230

メッキ仕上げのバーハンドルに、プレーンなグリップを採用。写真はW230だが、S1も同様だ。

 

 

KAWASAKI W230 MEGURO S1

シート下はこんな感じ。ほぼゆとりはないが、ライダーズ側に小物が収まるスペースがある。ここにETC車載器が収まりそうだ。

 

 

KAWASAKI W230 MEGURO S1

シートの裏側に車載工具が。スパナとドライバー&グリップと非常に簡素だ。

 

800版を考慮すると、メグロの価格はWより約13%程度高い?

 ともに価格は未定だが、W230より豪華装備であるメグロS1の方が高額になるのは確実だ。ちなみに800cc版のW800は123万2000円、メグロK3は139万7000円。約13%増しとなっており、W230とメグロS1の価格差もこの程度になるかも?

 ちなみに2017年のエストレヤファイナルエディションは57万5640円だった。

 250クラスのネオクラシックは今や貴重な存在。今年秋の発売を待ちたい。

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://news.webike.net/motorcycle/365828/

W230とメグロS1が秋発売! 撮り下ろし写真で2台を比較してみた【モーターサイクルショー2024】【画像ギャラリー】
https://news.webike.net/gallery2/?gallery_id=365828

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!