【試乗】加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

【試乗】加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

 空冷4ストローク125ccエンジンを搭載して、2003年に発売された「シグナスX」。そのシグナスXの後継モデルとして、2021年末に国内発売されたのが「CYGNUS GRYPHUS(シグナスグリファス)」だ。シグナスシリーズ初となる水冷エンジンを搭載し、フレームも新設計のフルモデルチェンジ。その後、2023年5月にカラー変更が行なわれている。

文:小川浩康 写真:コイズミユウコ Webikeプラス

規制対応で水冷化。重量増もBLUE COREが補完する

 排出ガス規制に適合するために、シグナスシリーズ初の水冷エンジン搭載モデルとなったシグナスグリファス。補器類の追加もあり、車重は6kg増の125kgとなったが、環境性能と走りの楽しさを両立する水冷BLUE COREは最高出力12PSを発揮。シグナスXの最高出力9.8PSからパワーアップすることで重量増に対応している。それでいて燃費は37.5km/L→44.5km/Lと大きく改善され、燃料タンク容量が6.5L→6.1Lと減少したものの、航続距離は逆に伸びている。

 車体サイズもひと回り大きくなったが、乗降しやすいフラットフロア、静粛にエンジン始動できるSMG(Smart Motor Generator)、フロントポケット、USBソケット、コンビニフック、容量28Lのシート下収納と、コミューターとしての装備も充実。ブレーキは前後ディスクだがABSは装備されず、リヤブレーキ操作でフロントブレーキが連動するUBS(Unified Brake System)となっている。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

グリファスはコンドルを意味し、スタイリングは肉食動物が獲物を捕らえる時の表情をイメージしている。画像のブルーのほか、オレンジ、ホワイト、ブラックの全4色。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

ヘッドランプとポジションランプはLED。ロービームは右側のみ、ハイビームで左右同時点灯する。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

テールランプとストップランプはLED。面発光のテールランプは肉食動物の目線をイメージさせる。

 

 

2024-03-19 15-09-185_KOI9714-Edit_resulte

耐荷重1.5kgのポケット、USBソケット、シャッター付き鍵穴、耐荷重1.0kgのフック、6.1Lタンクの給油口。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

高密度クッションを採用したシート。ホールド性と快適性が向上している。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

耐荷重5kg、容量約28Lでフルフェイスヘルメット1個とレインウエアや小物の収納が可能。

 

 

2024-03-19 15-09-208_KOI9717-Edit_resulte

スピード、時計、Cをかたどった燃料計、オドとトリップは切り替え。エンジン回転数はバータイプで表示し、6000rpm以上で「VVA」が表示される液晶メーター。太陽光が当たると目視しづらかった。

 

 
 
 

CYGNUS GRYPHUSの足着き性をチェック

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

ライダーは身長172cm。シート高は785mmで足裏まで着けた。フロアに自由度があり、ポジションに窮屈さはない。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

車体の大きさは感じたが、両足の足裏もベッタリ着けて、安心感もあった。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

ライダーは身長156cm。カカトが浮いてしまうが、「足を着きやすいので、不安は感じなかった」とのこと。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

両足を着こうとすると、「シートが高く、車体幅も広く感じた」という。

 

軽快さと安定性が共存し、スポーティな走りを楽しめる!

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

車体を倒し込みやすく、バンクさせた状態で安定感があるシグナスグリファス。操る楽しさがある。

 

 規制に対応するためにエンジンを水冷化し、ラジエターや触媒が装着されるなど、シグナスXから6kg増となった。重量増やエンジン・パーツの搭載・重心位置を最適化するためにフレームも新設計されたが、エンジン自体が大きくなったこともあり、車体もひと回り大きくなった。しかし、シート高も10mmアップとなったが、ライディングポジションはシグナスXとほぼ変わらず、またがった状態では車体の大きさは感じなかった。

 重量増をカバーするようにエンジンはパワーアップされ、そのパワーを受け止めるために前後タイヤ幅は10mmワイド化されている。ホイールベースは1340mmと35mm延長しているが、キャスター角は27°00′から26°30′へと変更。アイドリングから少しスロットルを開けて前進し始めると、車体はビシッと安定するが、コーナリングの車体の倒し込み時や交差点でのハンドル操作にダルさはなく、直進安定性と機敏な操作性が両立しているのが体感できた。

 また、ワイドタイヤと新設計フレームは、車体を倒し込んでいった時のタイヤの接地感をはっきりと伝えてくれるので、車体の姿勢をコントロールしやすく、コーナリングに安定感をもたらしてくれる。シグナスXから受け継いだ前後12インチタイヤはハンドリングの軽快さにも貢献していて、さらに水冷BLUE COREエンジンが走りを軽快にしてくれる。

 シグナスグリファスの水冷BLUE COREエンジンは、NMAX125をベースとしているが、変速比を全体的に低速寄りとした加速重視のセッティングとなっている。スロットル操作に対するエンジンのレスポンスがよく、3000rpmくらいからトルクが立ち上がり、4000rpmではトルクがグッと出て、不快な振動もなく加速力がしっかりと発揮される。さらにスロットルを開けると6000rpmまでスムーズに上昇し、そこからはVVA(Variable valve actuation=可変バルブ)が低速向けから中高速向けカムに切り替わり、さらに加速が伸びていって、交通の流れを余裕でリードしていける。

 前後ディスクブレーキはタッチがよく、制動力も充分。UBSの前後配分に違和感がないので、カックンブレーキにならず、マシンコントロールのしやすさになっているのが分かる。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

シグナスグリファス独自の変速比で、低回転から高回転まで全域で良好なレスポンスを発揮。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

フロントディスク径はφ245mm。センサーとリングはあるがABSは未搭載。タイヤは台湾のDURO製12インチ。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

リヤディスク径はφ200mm→φ230mmに大径化し、制動力を向上。重量増に対応している。

 

スポーティな走りを優先した作り込み

 ハンドリングの軽快さ、シート下収納の容量などを考慮して前後12インチタイヤが採用されたというが、10mmワイド化された12インチタイヤには、安定性と軽快な操作性のバランスのよさが感じられた。ただ、荒れた舗装が続くような路面では、前輪が小刻みに上下動しているようなコツコツとした衝撃が両手に伝わってきた。状態のいい舗装路やスピードを上げっていった際には、そうした衝撃はあまり感じず、市街地のゆったりした流れで感じることが多かった。とは言え、ハンドルが振られるようなこともなく、小回りのよさといった小径タイヤのメリットを感じるほうが多かった。

 シグナスグリファスには、ABS、トラクションコントロール、アイドリングストップ、スマホとの連携機能、スマートキーといった装備はない。けれど、乗り降りしやすいフラットフロア、自由度のあるライディングポジション、直進安定性と軽快な操作性の両立、そして全域でツキがよく高回転までスムーズに加速するBLUE COREエンジンと、スポーツライディングを存分に楽しめる作り込みがある。手軽にライディングできる125ccコミューターとしてだけではなく、スポーティな走りを楽しみたいという人には深く刺さる1台だと感じられた。

 1982年にヤマハ初の4ストスクーターとして登場したシグナス180。1984年にはシグナス125として再登場し、以降モデルチェンジを繰り返し、シグナスシリーズは40年のロングセラーとなっている。初登場時にここまでの長寿モデルになるとは思わなかったが、シグナスグリファスのスポーティな走りはヤマハらしいと感じた。

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

正立フォークのインナーチューブはφ33.0mm。減衰特性はシグナスグリファス用にセッティングされている。

 

加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?

4段階にイニシャル調整可能なリヤサスを2本装備。タンデムや荷物積載時にも快適な乗り心地を提供する。

 

 スペック【2023年型ヤマハCYGNUS GRYPHUS主要諸元】

・全長×全幅×全高:1935×690×1160mm
・ホイールベース:1340mm
・車重:125kg
・エンジン:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒124cc
・最高出力:12PS/8000rpm
・最大トルク:1.1kgf・m/6000rpm
・燃料タンク:6.1L
・変速機:Vベルト式無段/オートマチック
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/70-12、R=130/70-12
・価格:37万4000円

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://news.webike.net/motorcycle/366634/

【試乗】加速感が楽しいシグナスグリファスは、フラットフロア125最速!?【画像ギャラリー】
https://news.webike.net/gallery2/?gallery_id=366634

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号