ここまでやればもう完璧!? CBX400FルックをCB400SFで楽しむ

ここまでやればもう完璧!? CBX400FルックをCB400SFで楽しむ

 往年の名車のスタイルを現代車にまとわせる『コスプレ』で、手軽にその雰囲気を楽しんでもらおうとドレミコレクションが展開するネオクラシックシリーズの1台が、ホンダCB400SFをベース車両とした『CB400SUPER FOUR“TYPE-X”』だ。2022年3月の東京モーターサイクルショーでプロトタイプを一般公開し多くの期待を集める中で細部を詰め、同年夏にはNC39前期用、次いでNC39後期/NC42用の販売がスタートしている。

 そして、そのタイプX外装セットと並行して開発が進められてきた『フルエキゾースト“TYPE-X”レーシングマフラー』がいよいよ市販に移る。4月上旬に千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイで開かれた、CB FAN MEETINGでドレミコレクションが展示した“TYPE-X”デモバイクに装着された市販直前仕様から、ディテールに迫ろう。

 

マフラーのモチーフはCBX400Fとヨンフォアの混成仕様?

 「これがほぼ市販仕様です」と、ドレミコレクション・藤野高行さん。エキゾーストパイプはステンレス製のバフ仕上げで、“TYPE-X”のモチーフとなったホンダCBX400Fが販売された80年代のカスタムシーンを彷彿させる筒型ショートサイレンサーを装備する。対応年式はCB400SF/SBのうち、NC39(1999~2006)とNC42(2007~2017)。車検非対応でO2センサー用のネジ部も装備されていない。

 カスタムファンとして注目すべきはそのエキゾーストパイプのレイアウトで、4番のパイプが1-3番の3本のパイプの背後を通り、“X字”を形作る意匠はまさにCBX400Fが採用したアイコン的造形。一方でその4本のエキパイを並列に並べ集合させる手法は、さらに遡った1974年にデビューの“ヨンフォア”こと、CB400Fourのそれと同じ。ホンダの4気筒ミドルモデルの系譜を知るライダーなら、思わずニヤリとしてしまう作りこみなのだ。

 

doremi_typex_003

4番シリンダーにつながるエキパイが他の3本とエンジンの間を通りX字を描くレイアウトは、モチーフとしたCBX400Fと同様。CBXの完璧なコスプレを楽しむなら必須のアイコンでもある。(※写真提供:ドレミコレクション)

 

 

doremi_typex_004

一方のエキパイ集合部は、ヨンフォアのそれをモチーフにしたと推測できるレイアウト。往時を知るホンダファンなら歓喜ものだろう。CB400SFの純正サイドスタンドは装着したままでOK。オイルドレンボルトの脱着やオイルエレメント交換もマフラー装着のまま行える。(※写真提供:ドレミコレクション)

 

 『フルエキゾースト“TYPE-X”レーシングマフラー』は8月からのデリバリーを予定しており、現在、ドレミコレクションの公式ショッピングサイトで予約を受付中。価格は税込み110,000円だ。“TYPE-X”外装セットを購入済みの向きはもちろん、CB400SFオーナーすべてに魅力あるマフラーの登場というわけだ。

 
 
 

外装セットもスチールタンク+ABS樹脂製パーツで高品質化

 そしてドレミコレクションがひと足早く販売を始めた『TYPE-X外装セット』の方は、当初からのスチールタンク(亜鉛メッキ鋼板製。車検対応品)に加え、NC39後期(2003年以降、HYPER VTEC3モデル)とNC42(2007年以降、HYPER VTEC Revoモデル)については、ナロータイプテールカウルやサイドカバーも純正同等のABS樹脂製を採用している。

 

doremi_typex_005

CBX400Fのタンクデザインを見事にCB400SFで再現したスチール製タンク。巷でよく見るFRP製のそれと違い、車検対応品として販売されるものだから安心。ドレミコレクションが謳う「純正同等のクォリティ」が一番に見て取れるパーツなのだ。

 

 

会場で展示されたデモバイクはNC39後期モデルがベース。HYPER VTEC3を装備したキャブ仕様に、’84年に再販されたCBX400F 2型の黒/赤カラーの外装セットが組み合わされていた。“TYPE-X”外装セットの塗装は’81~’83年に販売された初期型の赤/白と青/白、2型の赤/白とこの黒/赤を、『無塗装ペイントベース外装セット』(330,000円)に110,000円プラスすることでオーダーできる。

 

 

doremi_typex_007

基本となる『無塗装ペイントベース外装セット』にはシートベースを高強度のABS樹脂製としたTYPE-Xあん抜きシートや写真に写るTYPE-Xナロータイプテールカウルのほか、タンクキャップ、フォークカバーエンブレム、ウインカー、テールランプ、フェンダーレスKit、ヘッドライトステーほか各種取り付けステーも同梱され、手軽にCBXのコスプレが楽しめるのだ。

 

次ページは : 会場にはインテグラ仕様も展示されていた!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!