【スクープ】あのDR-Z400S/DR-Z400SMが2025年に国内復活の噂! 「ストリート最速」モデルでライバル一蹴か?

【スクープ】あのDR-Z400S/DR-Z400SMが2025年に国内復活の噂! 「ストリート最速」モデルでライバル一蹴か?

 ライバルを上回る排気量400ccの水冷シングルと本格的な装備で愛されたスズキDR-Z400シリーズが2025年にも復活するとの噂が。Vストローム250SXとのコンビで、スズキがオフロードの覇権を握る? その詳細を追ってみた。

 

スズキ次の一手は唯一無二にして最強400オフ?

 国内メーカーの現行ラインナップではホンダのCRF250Lシリーズが公道走行可能な本格オフロードモデルとしてラインナップされている。ここに今後、カワサキから新型KLX230が登場する予定だ。また、ヤマハがセロー250に代わる200~230ccのモデルを開発しているとのウワサもある。

 一方のスズキは2023年に油冷単気筒のVストローム250SXをリリース。ただし、林道レベルのダートは十分対応できるが、オンロード性能も重視している。ライバルと異なるキャストホイールのフロント19&リヤ17インチを履き、車重も164kgとCRF250Lより20kg以上重いため、本格的なオフ走行はライバルに軍配が上がる。

 そこでガチなオフロードモデルとして、スズキが「DR-Z400S」を2025年に国内で復活させるとの噂があるのだ。実現すれば、400クラスの本格オフは国内モデル唯一。世界的に見ても貴重な存在となる。

 実はこのDR-Z400S、規制の異なる北米では今もキャブレターのまま現役で発売中。これをベースに排ガス規制などに適合させるのは決してあり得ない話ではないだろう。

 

DR-Z400S

当webが作製した新型DR-Z400Sの予想CG。旧型をベースに、スタイルを現代的にリファインするハズだ。

 

 

2000年型として登場した初代DR-Z400S。2008年11月に日本での生産終了を発表した。■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ398cc 40PS/7500rpm 4.0kg-m/6500rpm 車重140kg タイヤF=80/100-21 R=120/90-18 ※2000年型

 

 

DRZ400USA

北米では継続販売されているDR-Z400S/SM。ヘッドライトが大型化されているが、ほぼ国内最終型の2009年モデルとほぼ同じ。カラーリングは独自で、チャンピオンイエローが眩しい!

 

 
 
 

レーサーと共同開発した真剣モデル、モタード仕様も復活と予想

 DR-Zが復活すれば、現行のライバルにはない400ccの排気量とハイパワー、軽量スリムな車体が持ち味となる。当時のモデルは40PSを発生し、車重140kgという軽さを実現。街乗りから不整地まで自在に駆け抜け、「ストリート最速」の呼び声も高かった。そんなモデルが令和に復活となれば大きな注目を浴びるに違いない。

 そもそもDR-Z400Sは、エンデューロレーサーDR-Z400と共同開発したレーサーレプリカが出自だった。

 エンジンはボア90mm×ストローク62.3mmのショートストローク設定。250cc単気筒モデルに近い軽さと相まって、即パワーリフトするほどの加速力を発揮する。エンジンカバーにはマグネシウム合金も採用し、軽量化も追求していた。

 車体も非常に豪華で、クロモリ鋼管製ダブルクレードルフレームにアルミ製シートレール、レーサー譲りの分割式アルミスイングアームの組み合わせ。フロントフォークは大径のφ49mm正立カートリッジタイプで、圧側14段階&伸側18段階の調整が可能だった。

 2004年にはモタードの仕様のDR-Z400SMも追加。戦闘力はもちろん高く、ジムカーナの世界ではいまだに2ストレプリカのNSR250Rとともに活躍しているほどの実力を持つ。このたびオフ仕様のDR-Z400Sだけでなく、モタード仕様も復活するとの噂だ。

 

DR-Z400SM

当webが作製した新型DR-Z400SMの予想CG。前後17インチのオンロードタイヤを履くモタード仕様だ。こだわりのスズキだけに、従来型と同じくオン向けの専用セッティングを施してくれることを期待。

 

 

DR-Z400SM

2004年型のDR-Z400SM。Sと違い、倒立フォークを備え、専用のリヤショックやスイングアームを与えるなどシッカリ差別化していた。テーパードタイプのスイングアームやリヤのリンク機構も専用だった。

 

次ページは : FIとABSの採用は当然、Sも倒立フォーク採用か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します