【海外】GSX-R750顔の500cc4気筒スポーツ「500SR」が発表! 日本上陸は? そしてホンダの4気筒400ccも熱望!

【海外】GSX-R750顔の500cc4気筒スポーツ「500SR」が発表! 日本上陸は? そしてホンダの4気筒400ccも熱望!

 中国ブランドのCF MOTOが新型4気筒モデル「500SR VOOM」のティザー動画を公開した。本作は、1980年代の油冷GSX-R750など耐久レーサー風の2眼ヘッドライトが特徴のレトロモダンスポーツ。その詳細や国内上陸の可能性などを探ってみた。

 
文/沼尾宏明 Webikeプラス
 

ライト中央がラムエアダクト!? 斬新なレトロモダンスポーツだ

 中国では400cc前後のクラスが活況を呈しており、カワサキのニンジャ400、並列4気筒のZX-4Rも発売され、人気を博している。さらにホンダが2気筒の新型CB400Fを導入したほか、現地メーカーも続々とスポーツモデルを発売しているのが現状だ。

 そんな中、中国の新興メーカーであるCF MOTOが、新型4気筒スポーツ「500SR VOOM」のティザー動画を5月15日に公開した。

 まず注目はデザイン。昨年公開されたプロトタイプは正統派スーパースポーツのフォルムだったが、今回公開された仕様はレトロモダンスポーツの趣がある。

 1980年代後半に鈴鹿8耐などのレースで活躍したスズキの油冷GSX-R750などを思わせる丸2眼ヘッドライトを現代風に昇華し、ライト中央にラムエアインテークまで装備。さらにタンデムシートのサイドにまで伸びる左右2本出しのアップマフラーが特徴だ。

 エンジンの詳細は未発表だが、鍛造アルミピストン、ストレッチボルトコンロッド、低慣性クランクシャフトなどを開発し、最高速は230km/h以上とされている。

 最高出力は70PS超と噂され、これにラムエア加給もプラスされる。ZX-4Rの77PS(ラムエア加圧時80PS)超えに注目したい。

 

500SR

500SR VOOM(CF MOTO)。車名のVOOMは、空を切るような動きの擬音を表す。フルカウルながら、正統派スーパースポーツというよりレトロモダンなフォルムが特徴だ。

 

 

500SR

丸LED2眼ヘッドライトの中央部がラムエアダクトという斬新な構造。アッパーカウル下部にもライトユニットがある。バーエンドミラーでカフェ的な要素も。

 

 

500SR VOOMのサイドビュー。全高を抑え、曲線基調のフォルムを持つ。アッパーカウルサイドに小型のウイングも確認できる。

 

 

500SR

センターアップに近い2本出しマフラーは、ドゥカティ1198などを彷彿とさせる。近頃では珍しい設計だ。

 

 

500SR

テールランプも丸2眼。ヘッドライトのデザインを踏襲している。

 

 

500SR

新設計の水冷並列4気筒エンジン。外観はホンダCBR400RRに似ている。

 

 
 
 

倒立フォークにラジアルキャリパー、ステダンなど車体も充実

 メインフレームはスチールチューブ製のトレリス構造で、ZX-4Rを思わせるデザイン。ティザーからは倒立フロントフォークやラジアルマウントキャリパーが確認できる。

 メーターはTFTカラー液晶で、灯火類はフルLEDと最新スタイル。映像を見るとクイックシフターも搭載されているように見える。ZX-4Rが採用するパワーモードやトラクションコントロールなどの電脳装備の有無は不明だが、装備される可能性もあるだろう。

 

500SR

鋼管トラスフレームで剛性を確保しながら軽量化を図った模様。ライダーズシートに対し、後席が非常にコンパクトなのも独特だ。

 

 

500SR

ハンドルはセパレートタイプながら、さほど低いポジションではない。ステアリングダンパーやハンドガードも確認できる。

 

 

500SR

約5インチのTFTカラー液晶メーターを採用。馬力やトルクグラフを表示するのが斬新だ。

 

675cc並列3気筒の正統派SS=675SRもスタンバイ

 さらにCF MOTOは並列3気筒675ccエンジンを搭載したスーパースポーツも2023年9月に発表済み。現在、フルカウルの3気筒モデルはMVアグスタのF3シリーズのみで、貴重な存在なのは間違いない。

 ライバルはカワサキZX-6RやホンダCBR600RRを筆頭に、登場が噂されているヤマハの3気筒888ccのYZF-R9も候補になるだろう。価格は現地で4万元(約80万円)と予想されている。

 500SRが正統派SSやレプリカのルックスでないのは、675SRと差別化を図るためなのか、はたまた後にレプリカ版が控えているのか……?

 

cfmoto_675sr

並列3気筒エンジンを搭載した675SR。レーシーなフルカウルが特徴で、ガルアーム状のスイングアームも備える。

 

今後ホンダの4気筒が追撃する格好に? 日本上陸の可能性もアリ

 CF MOTOは従業員4000名を抱える大手メーカー。スポーツバイクが得意で、125ccから1250ccまでラインナップし、100か国以上に輸出も手がける。Moto3に参戦しているほか、ヤマハと中国における2輪製造合弁会社のパートナーも務めており、品質にも期待したいところだ。

500SRのライバルは、まさに同じ直4のZX-4R。さらに、ホンダが中国で500cc4気筒モデルを開発中との噂があり、その400cc版が日本で発売されるかもしれない。
発売は500SRの方が先になり、ホンダの500cc直4はこれを追撃することになるだろう。

 500SRの詳細は2024年7月頃明らかになると予想される。昨年、CF MOTOが中国で自社イベントの「CFMOTO DAY」を開催しており、500SRのプロトタイプを発表。今年も同イベントが開催され、そこで正式発表されると思われる。

 500SRの日本導入に関しても可能性はありそう。現在、CF MOTO製の124cc単気筒の「パピオ」シリーズを千葉県茂原市のKURE35茂原ベースが輸入販売している。また、FBモンディアルなどを輸入しているアイビーエスもパピオの並行輸入を開始した。500SRが日本に入荷するかKURE35茂原ベースに訊ねたところ「未定」とのことだったが、国内上陸の可能性はあるだろう。

 

CB400

発売が噂されるホンダの新型400cc直4モデル。画像は当WEB作成のCGで、2024年末がCB400フォアの50周年にあたることから予想した。

 

 

papio_xo1

126cc水冷単気筒(日本版は124cc)スポーツのパピオXO-1もLED丸2眼。車名はサル科のヒヒを意味し、名実ともにホンダのモンキー125を意識している。日本発売価格は34万9800円

 

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://news.webike.net/motorcycle/377119/

【海外】GSX-R750顔の500cc4気筒スポーツ「500SR」が発表! 日本上陸は? そしてホンダの400cc4気筒も熱望!【画像ギャラリー】
https://news.webike.net/gallery2/?gallery_id=377119

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します