【画像ギャラリー】時代を超えて愛される!歴代BMW 318iを振り返る

記事に戻る||輸入車セダンの大定番!復活のBMW 318iがお得な理由

1975年登場の初代3シリーズ(E21)。初代から1.8Lエンジン搭載の318を設定。当初はキャブレターであったが、のちにインジェクション仕様の318iが登場する。当時は、2ドアのみであった
初代318。丸目4灯ヘッドライトのイメージが強い3シリーズだが、初代316/318系は、丸目2灯式だった
1982年登場の2代目3シリーズ(E30)。バブル期の日本では、大ヒットとなり、数の多さから「六本木カローラ」と呼ばれる。この世代から日本仕様のエントリーが318iとなる
1990年登場の3代目3シリーズ(E36)。モダンなスタイルとなるとともに、サイズ拡大。これは安全面と共住性を考慮してのことだった。価格帯の上昇も有り、先代ベースのハッチバックモデル「ti」も誕生した
1998年登場の4代目3シリーズ(E46)。グラマラスなボディとなり、質感も高まった。日本でのエントリーを担う318iの4気筒エンジンは、後期型でバルブトロニック付きエンジンとなり、性能が向上
2005年登場の5代目3シリーズ(E90)。実は、318iが非設定。2.0Lの4気筒エンジンを搭載した320iがエントリーに据えられた。デザインをBMWの日本人デザイナー、永島譲司氏が担当
2012年登場の6代目3シリーズ(F30)。全グレードがターボ化へ。メインは、4気筒エンジンであったが、再び復活を果たした318iは1.5Lの3気筒ターボに。鼻先の軽さを活かした軽快な走りが売りであった
2019年登場の7代目3シリーズ(G20)。従来型同様に、2.0Lの4気筒ターボエンジンを中心に展開。今回追加された318iも、2.0L4気筒ターボへと換装。これは320i用エンジンのデチューンである

記事に戻る||輸入車セダンの大定番!復活のBMW 318iがお得な理由

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ