BMW 318iがお得な理由 輸入車セダンの大定番 復活!!


 輸入車の大定番モデルであるBMW3シリーズセダン。そのエントリーグレードは、質実剛健なドイツ車の伝統を受け継ぎ、優れた基本性能を備えるため、人気が高い。

 新型にも、ついに廉価な「318i」が復活を果たした。驚くべきことに、新しい「318i」は限りなく、「320i」に近いにも関わらず、お値段がグッと抑えられている。

 その違いとお得な理由を解説しよう。

文:大音安弘 / 写真:BMW

【画像ギャラリー】時代を超えて愛される!歴代BMW 318iを振り返る


馴染み深い318iが復活

 BMWは、2020年8月3日、主力モデルであるBMW3シリーズセダンに、新たなエントリーグレード「318i」を追加し、同日より販売を開始した。

 価格は、標準車が489万円、Mスポーツが559万円。全車が右ハンドルの8速AT仕様となる。

新型3シリーズに、定番のエントリーグレード「318i」が復活した

最大の違いのエンジンは?

 先代の318iでは、ダウンサイズとなる1.5L直列3気筒ターボエンジンを搭載し、パワーはそこそこだが、鼻先の軽さを活かした軽快な走りを楽しませてくれた。

 新型では、再び排気量を拡大。2.0Lの4気筒DOHCターボエンジンを搭載する。このエンジン、上位モデルである320iと同型式のもの。つまり性能を落としたデチューン仕様なのだ。

 その性能差は、最高出力で28ps、最大トルクで50Nmのダウンになる。とはいえ、必要十分以上の性能を備えており、最高出力156ps/4500rpm、最大トルク250Nm/1350~4000rpmを発揮する。

 もちろん、排気量が拡大されたことで、先代318iよりも力強くなっている。また燃費についても、320iよりも、+0.4km向上の13.4km/L(※WLTCモード)と経済的だ。

 トランスミッションについても、上位モデルと同様、8速ATが与えられる。スポーツ指向の「Mスポーツ」では、8速スポーツATとなる。

エンジンは、320iと同じもののスペック違いとなる

次ページは : なんと装備は320iとほぼ同等

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ