代替バスなのに県境まで越える!! 三江線代替バス 赤名〜三次駅前

代替バスなのに県境まで越える!! 三江線代替バス 赤名〜三次駅前

 2018年に運行が開始されたJR三江線の代替バス。島根県と広島県を結ぶ鉄道路線を継いだ……ということは県境を跨ぐ区間が存在する。この三江線代替バス、全国的にも珍しい鉄道の後任と県境越え両方の要素を持つ一般路線バスでもあるのだ。

文・写真:中山修一

バス停なのに「駅」だって?

備北交通 赤名線で使われている日野ブルーリボンシティハイブリッド
備北交通 赤名線で使われている日野ブルーリボンシティハイブリッド

 飯南町生活路線バスで山道を登り、島根県の内陸奥深くの「赤名駅」バス停まで到達した。駅が付くのだから、ここも鉄道廃線跡なのか? と想像したくなるものの、赤名に鉄道が通ったことは一度もない。

 この赤名駅は元々国鉄/JRの中・長距離バス路線の停留所で、国鉄では自社運行バスを自動車線と称し、切符類の販売窓口などの設備があるバスの発着ポイントを駅として扱っていた。「赤名駅」と呼ばれているのはその名残である。

 2000年代の初め頃にJRバスは廃止となっており、三次〜赤名駅までの区間が現在の備北交通に引き継がれ、赤名線の名称で運行している。

 備北交通赤名線=JRバスの代替バスであるのに加え、2018年以降は三江線代替バスの一部にも組み込まれている。肩書きを二つ持った路線というのもなかなか珍しい。

「赤名」トラップに気をつけろ!!

 元国鉄/JRの赤名駅、後を継いだ備北交通の停留所名としては駅を付けない「赤名」で、飯南町生活路線バスでは「赤名駅」と称する。同一の場所ながらバス事業者によって呼び方が異なるのだ。

 ちょっとややこしいのが、元国鉄/JR赤名駅から30mくらい離れた場所に「赤名」という、飯南町生活路線バスの停留所がある点だ。

「赤名」と名のつく停留所が2箇所!?
「赤名」と名のつく停留所が2箇所!?

 三次まで向かう備北交通のバスは「赤名」から出発するのだからと、文字情報だけを頼りに飯南町生活路線バスの「赤名」停留所で待ってしまうと…

 …乗るはずだったバスのテールランプを目の前で見送るハメになる。どこまでも仕掛けてくる強敵揃いだ。

JR三江線随一の珍駅・宇都井

 備北交通の赤名線から話は逸れるが、三江線を話題にする上で欠かせないのが、三江線を代表するランドマークだった宇都井(うづい)駅だ。

 背の高いコンクリ橋の上にプラットホームが置かれ、横付けされた116段を数える階段塔を上り下りして利用するスタイルから「天空の駅」とも呼ばれた。

現役当時の三江線宇都井駅
現役当時の三江線宇都井駅

 三江線跡をトレースするなら宇都井駅に立ち寄りたい!! そう考えるのはごく自然かもしれない。

 まことに残念ながら、2022年12月現在、宇都井駅を通る町営バスはあるにせよ、三江線代替路線の枠からは外されている。

 バスを乗り継いで宇都井駅跡へ行けるか確認してみると、平日の場合、現地着まではできても三次や石見川本に戻る(進む)ことができず、途中で100%詰んでしまう結果が出た。

 唯一、土曜日だけは三次駅前からバスでの往復が何とか可能で、9:09に出発して16:28に三次駅前まで戻ってくるコースが作れる。総所要時間7時間超・本題の宇都井駅跡付近に滞在できる限界時間は16分である。

次ページは : 代替路線群初の大型路線車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ