トヨタ売れ筋モデル ヤリスクロスHVは限界氷上性能でも優れていた!!


 クルマの限界性能を測るのであれば、(雪上よりも水を撒いたアスファルトよりも)「氷上」がベスト。本企画では、いまやトヨタのエースSUVといっても過言ではない売れ筋モデル「ヤリスクロス」を氷上に持ち込んで、自動車ジャーナリストの鈴木直也氏に試乗してもらった。

 ヤリスをベースにしたSUVの限界性能はどれくらいなのか? 往復の高速道路440km(片道220km)での乗り味も含めて、じっくり分析していただいた。

文/鈴木直也 写真/西尾タクト

【画像ギャラリー】トヨタの大人気SUV「ヤリスクロスHV」を画像で見る


■ヤリスクロスHVは月販1万台近くキープのバカ売れグルマ!

 今回の目的地は長野県の女神湖。氷結した冬の女神湖はアイスドライビングのメッカとして知られているが、キリッと冷え込んだ高原の空気には、たぶんコロナウィルスも少ないはず。

 タイミングよくスタッドレスを履いたヤリスクロス(ハイブリッドのFF)の試乗車があるっていうし、ベストカーWEBのT編集長と連れ立って関越道へと向かったのであります。

 さて、ヤリスクロスHVだが、コロナ禍にも負けずここのところバカ売れなのはご存知のとおり。直近ではコンスタントに月販1万台近くをキープ。ヤリスと合算される車名別ランキングだと、15万1766台を売って2020年の登録車ナンバー1に輝いている(軽を含めると1位はN‐BOXの19万5984台)。

いまやトヨタのエースSUV ヤリスクロスHVは限界氷上性能でも優れていた!!
コロナ禍にも負けず、バカ売れ!月販1万台近くをキープしている
いまやトヨタのエースSUV ヤリスクロスHVは限界氷上性能でも優れていた!!
トヨタ ヤリスクロス内装

 なんでこんなに売れるのかといえば、これはもうトヨタらしい商売のうまさだね。

 まずは、尖兵となったヤリスが、新しいGA‐Bプラットフォームと新型3気筒エンジンを引っさげて先行デビュー。ウルトラ燃費を叩き出すハイブリッドで人気に火をつけ、「今度のヤリスはトヨタが本気で力を入れてる」という雰囲気を盛り上げる。

 そこに畳み掛けるようにヤリスクロスを追加ですよ。

 コンパクトSUVの人気が急上昇しているのは、ライズ・ロッキーが2020年上半期ベストセラーになったことでもわかってたけど、ヤリスクロスがライズ・ロッキー並みにお買い得価格で攻めてくるとは思わなかった。

 FF1.5CVTのGが202万円。FFハイブリッドのGで239万円。オプションなしの“素”の価格ではあるけど、内容を考えると悪くない。

いまやトヨタのエースSUV ヤリスクロスHVは限界氷上性能でも優れていた!!
ヤリスクロスとライバル主要諸元(ライズ、キックス、ヴェゼル)

 ライズ・ロッキー/ヤリスクロス/RAV4とトヨタのSUVラインナップが揃った中で、多くの人が「いちばんお手頃」と思えるのがヤリスクロスなんでしょうね。

■走りも燃費も超優等生! 乗り心地は..?

 走りについても、ことドライバビリティと燃費に関しては超優等生といっていい。

 車重約1200kgに対してエンジンとモーターを足したシステム最高出力は116psだから、全開にしてもそれほどパワフルという実感はない。けれども、日常的な使い方ではモータートルク(14.4kgm)のアシストが効果的。ふだん使いのドライバビリティがいいのだ。

 パワコンの高出力化とリチウムイオン電池の採用で、ハイブリッドシステム出力は16%向上してるらしいけど、やっぱりハイブリッドに関してはトヨタは一歩先を行ってるという感じですね。

 ただ、ドライバビリティと燃費は文句ないんだけど、足回りがBセグのアベレージにとどまっているのが惜しい。

 課題が残るのは乗り心地。たとえば、市街地スピードで路面ジョイントを越えた時や、ふつうに高速を巡航しているような状況。もうちょっとスムーズに走って欲しいんだけど、細かい路面のアンジュレーションがフロアを通じてドライバーにぷるぷる伝わってくる。

いまやトヨタのエースSUV ヤリスクロスHVは限界氷上性能でも優れていた!!
ベースとなったヤリスと比較してみると、ヤリスよりももっと落ち着いていて挙動が穏やかである

 最近のトヨタ車はこの辺の処理が上手になってきていたはずなのに、ヤリスクロスはここがんまり感心しない。今回はスタッドレスとのマッチングが今ひとつだったのかもしれないが、これだったらヤリスの方が固めながらシャッキリしててむしろ一貫性がある。

 ま、乗り心地の質感には不満はあったけれど、蓼科周辺の山道を走ってみるとハンドリングそのものは悪くない。

 ベースとなったヤリスはコンパクトHBらしいキビキビ軽快なフットワークだが、ヤリスクロスはもっと落ち着いていて挙動が穏やか。ロールスピードもバネ上の動きもゆっくり動くように味付けされている。

 高速で不満を感じた乗り心地も、サスペンション入力の大きい山道ではそれほど気にならず、こういうシチュエーションでは操安と乗り心地のバランスはOKといっていいんじゃないかと思う。

次ページは : ■ついに氷上! 忍耐力とアクセルワークの修行

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ