ノートe-POWER ヴェゼル スイスポ…「定年退職」からの幸せクルマ選び 8選


 いろんな趣味もいいけれど、愛車探しは60歳からが楽しい!

 一般的に言えば、60歳は「定年退職」を迎えて、退職金という一定額がフトコロに入る節目の年。息子さん娘さんがすでに巣立っている方も多いだろうから、ご夫婦だけで気兼ねなくクルマも選べるだろう。

 一方、すでに親元から離れた方々から見れば、親御さんのクルマ事情には心配になる部分もあるハズ。そこでここでは、シニア世代に推奨できるオススメ車種をご紹介する。

 運転のしやすさ、価格を含めた経済性を考えてコンパクトな車種が多いが、カテゴリーはさまざまだ。実用性だけでなく、毎日の生活のなかで楽しく使えることを基準に選んでみた。

文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部
写真:shutterstock.com、ベストカー編集部
初出:ベストカー2018年4月10日号


■日産ノートeパワー

 コンパクトカーのなかで、人気の高い車種がノートeパワーだ。直列3気筒1.2Lエンジンが発電を行い、駆動はモーターが受け持つ。

 そのために加速が力強く滑らかで、静粛性も優れる。S/エコモードでは、アクセルペダルを戻すと駆動用モーターが減速エネルギーを使って即座に強めの発電を行い、駆動用電池に充電する。

 減速力が強く働き、アクセル操作だけで速度を調節しやすい。走りが上質で運転を楽しめる。

 しかもハイブリッド車だから、JC08モード燃費は売れ筋グレードが34.0km/Lと優秀だ。全高が立体駐車場に収まる高さだから買い物にも使いやすく、ホイールベースが長いから後席も広い。友人を乗せてドライブに出かける時も快適だ。

 緊急自動ブレーキは歩行者を検知して、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも新採用した。シニアに適した機能が多い。

推奨グレード:X(196万5600円)
全長:4100mm
全幅:1695mm
全高:1520mm
エンジン:直3、1.2Lハイブリッド
最高出力:109ps/25.9kgm(モーター)
駆動方式:FF
トランスミッション:無段変速

JC08モード燃費:34.0km/L

■マツダデミオ

 運転のしやすいコンパクトカーだが、1.5Lのディーゼルターボは実用回転域の駆動力が高い。6速MTも選べるから、運転して楽しく身体の活性化にもつながる。

 操舵に対する反応が正確で車両の向きを変えやすく、峠道では往年の運転テクニックを生かした走りも楽しめる。内外装はスポーティで、乗り心地を含めて上質に造り込んだ。欧州車風の本物志向を感じる。

 そのいっぽうでディーゼルは燃料消費量が抑えられ、軽油価格も安いから、燃料代はコンパクトなハイブリッド車並みに安い。

 緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も充実させて、車間距離を自動制御できるレーダークルーズコントロールを用意した。

 価格は200万円弱だから、上質な運転感覚、安全装備の充実、ハイブリッド並みの燃料代などを考えると買い得だ。経験豊富なシニアも納得できる。

推奨グレード:XDツーリング(199万8000円)
全長:4060mm
全幅:1695mm
全高:1525mm
エンジン:直4、1.5Lディーゼルターボ
最高出力:105ps/27.5kgm
駆動方式:FF
トランスミッション:6AT
JC08モード燃費:26.4km/L

次ページは : ■スズキスイフトスポーツ