【費用は? 制作費は?】 新型車、信号、パトカー…クルマ界のモノたちが陽の目をみるまで


信号機、パトカーや消防車、そして新型車…などなど、普段何気なく接しているクルマ界のモノたち。どんな過程を経て作られたり導入されたりしているのだろう?

「まーこんなでしょ?」となんとなくの把握はしていても、厳密にはご存知ないことも多いのでは? ということで大調査・大公開です!

※この記事は2017年のものです。
文・写真:ベストカー編集部

初出:『ベストカー』2017年6月10日号


■信号機

信号機は道路の新設や市民からの要望を聞いた各都道府県警が、実際に要望場所での交通量や危険性などを調査するところから始まる。この調査では当然、交通事故の発生件数や学童の通学路なども考慮される。この調査結果が各都道府県警本部に届き、公安委員会が審査し必要性の高いところから信号機を設置していく。

設置までの期間はおおむね2~3カ月。設置費用は定周期式(切り替わりのタイミングがあらかじめプログラムされた信号機。これに対してセンサーによって交通状況を読み取り切り替わりをコントロールするものを感応式信号機と呼ぶ)が300万~400万円だ。

市民からの要望で設置される信号機。お値段は定周期式300万~400万円、押しボタン式約200万円
市民からの要望で設置される信号機。お値段は定周期式300万~400万円、押しボタン式約200万円

■パトカー

パトカーには高速隊の「交通取締用四輪車」とパトロール用の「無線警ら車」があるが、各都道府県警が県費で購入している。翌年度ぶんの予算として必要なパトカーの台数を財務省に概算要求し、予算が成立した後に入札でパトカーの購入手続きが実施される。その年度末までに各都道府県の警察署に納入されることになるが、概算要求からパトカーの納入までは約1年半~2年かかる。

現行クラウンをベースとするパトロール用無線警ら車も続々と納入中
現行クラウンをベースとするパトロール用無線警ら車も続々と納入中

次ページは : ■消防ハシゴ車

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ