安くても楽しい輸入中古車No.1!! ガチで50万円の中古MINIを買う


 普段いろいろな中古車をお薦めしている中古車ライター。その「目利き」は自分でクルマを買うときにも発揮されるのか。中古車ライター歴20年の萩原文博氏が、本気で自分の愛車を狙います。それも、少しでも読者諸兄のお役に立てればと、狙うのは車両価格50万円のMINI。人気も使い勝手も「中古車だけど【わかってる】感が出せるクルマ」ナンバーワンだ。ガチで買います。本気の格安中古MINI購入レポート、ぜひご参考に。

文/萩原文博
写真/萩原文博

格安50万円中古MINI購入奮闘記シリーズはこちら

【画像ギャラリー】中古車ライターが本気で狙う! 車両価格50万円のMINIを画像で見る


■中古車購入には目利きが必要

 中古車を購入しようとしている人の中に「少しでも安く、コンディションの良いクルマ」を買いたい! と思っているはず。

 しかし中古車は一部の未使用車や登録済中古車を除いて、前オーナーの使い方やメンテナンスの頻度によってコンディションが異なる。したがって1台1台コンディションがバラバラなため、同じ車種、年式、グレードであっても中古車となったときの販売価格は変わってくる。

中古車は一部を除き、前オーナーの使い方やメンテナンスの頻度によってコンディションが異なる

 だからこそ中古車のコンディションを見極める術である“目利き”が必要となるのだ。そうしたこともあり、初めてクルマを購入する人には自動車メーカー系の認定中古車を個人的にオススメしている。

★一見の価値あり!! ベストカーWeb特選 買い得感抜群の中古MINIはこちら

 筆者は約20年中古車雑誌の編集部に籍を置いていたが、正直言って過去に中古車は登録済中古車を1度買っただけ。その理由は簡単で、中古車のコンディションは価格に比例しており、安くて良いクルマを手に入れるのは非常に困難だから。

 ただ中古車の場合、新車と異なり人気という不確定要素が価格に大きく影響する。したがって多くの人が見向きもしない“不人気車”であれば、安くてコンディションの良い中古車を見つけやすくなる。

 しかし、それでは本来欲しかった車種とは別のモデルになってしまうことになる。このように、限られた予算で中古車を購入する場合は、自分にとって譲れないポイントと譲れるポイントをしっかりともっていることが購入を成功に導くか失敗となるかの分かれ道となる。

譲れないポイントと譲れるポイントをしっかりともっていることが購入を成功に導くか失敗となるかの分かれ道だ

 先ほども言ったとおり、中古車は価格に比例してコンディションが良くなる。50万円以下の中古車となれば、良いコンディションのクルマを手に入れるのは、宝くじで高額賞金を当てるのと同じくらい難しいだろう。

 しかし本当に50万円以下の中古車はコンディションが悪くて、まともに乗ることができないのか。

 非常に興味があるポイントである。

 そこで、今回は50万円以下の低価格中古車の実態を掴むために、自腹で購入してリポートすることとなった。購入する50万円以下中古車のターゲットとした車種は、人気の高い輸入車のMINI。一体50万円で購入できるMINIとはどんなコンディションの中古車なのだろうか。

■リスクも考慮しつつ購入車を検討した結果…

 今回探すMIINの中古車の条件は、諸費用込みで50万円。車検はできるだけ長いもの。整備点検記録簿付きそしてETC付きの4項目だ。

 いくら企画とはいえ、自腹だけに中古車探しは時間を掛けて7月から開始した。

 諸費用込み50万円でMINIの中古車を探すと、2002年~2007年式の初代BMW MINIが約270台、2007年~2014年の2代目モデルが約204台、2007年~2014年の初代MINIクラブマンが約61台ヒットした。

 初代BMW MINIはさすがに年式が進んでおり、正直手は出しづらいので、2代目MINIと初代クラブマンに絞った。

 週に2回のペースで検索していたが、人気のMINIとはいえ、この辺りの価格帯となると動きは鈍く長期在庫となっているクルマが多い印象を受けた。

 興味はある人は多いが、やはり購入に踏み出せないというのだろう。そして先ほどは条件に入れていなかったが、中古車は在庫期間が長くなればなるほどコンディションが悪化するリスクは高くなる。

 できればつい最近まで乗られていて、入庫したばかりという中古車のほうがリスクは低くなる。そうして探すこと約1カ月半。ようやく条件にピッタリのクルマが見つかった。

自分の条件にほぼぴったりのMINIを見つけた! 

 大阪の販売店に新着物件として登場したのは、2008年式で走行距離10万km。ペッパーホワイトのクーパーSで車両本体価格44万円、諸費用込み50万円という中古車だった。

 しかも車検期間は2023年4月とこれから1年半も乗ることができ、定期点検記録簿付、ETC装着車と自分の条件にほぼピッタリの中古車だ。

 「ほぼ」と書いたのは、本当は自然吸気エンジンを搭載したクーパーかワンが良かったのだが、ターボエンジンを搭載したクーパーSとなってしまったことだ。

 やはり走行距離が伸びてくると過給器付きのエンジンは自然吸気エンジンに比べると、リスクが高くなりやすい。しかし、これほどの条件が揃った新着物件は、そんなにお目にかかれないと思い、実車を見ることなく、早速販売店に購入の意思を伝えた。

次ページは : ■そしてついに契約!