「今のクルマは個性がない」なんてとんでもない!! 芸達者現行車 10選

一芸は万芸に通ず!! 知られざる芸達者な国産モデル10選

 最近のクルマは個性がない! などと言われているけれど、それって姿・カタチで判断していませんか? よくよく調べてみると、あのクルマもこのクルマもなんと芸達者なこと! 要するに、人もクルマも見てくれじゃなくて中身が大事、ナンバーワンじゃなくて特別なオンリーワンが重要ってこと。ここに登場する10台の国産車もキラリと光る個性が素敵です。

文/FK、写真/ダイハツ、トヨタ自動車、本田技研工業、マツダ

【画像ギャラリー】「芸は身を助ける」を体現する現行車たちを一気に画像で見る(21枚)


「レクサス」オーナーだけの特権! マークレビンソンのカーサウンドシステム

一芸は万芸に通ず!! 知られざる芸達者な国産モデル10選
オーディオマニア垂涎のブランド「マークレビンソン」。ロゴが入っているだけでも拍が付く

 1972年に米国で設立以来、数々の名機を発表してハイエンドオーディオのジャンルを確立したマークレビンソン。そんなオーディオマニアが羨望する、名門ブランドが手がけるカーサウンドシステムを世界で唯一採用するのがレクサスだ。

 マークレビンソンは開発段階から車両設計に参画し、車種ごとの最適な音響設計で臨場感溢れるサウンドを追求。レクサスのラインナップ中、標準装備となるのはLSのEXECUTIVE、EXECUTIVE Advanced Drive、version L Advanced DriveとUX300eだが(その他はメーカーオプション設定)、なかでもLS専用に開発された3Dサラウンドシステムは23個のスピーカーと自然な包まれ感・正確なステージ感・定位・ダイナミクス再生を実現したQuantum Logic Immersion(QLI)サウンドテクノロジーによってリアルなサウンドを提供。

 ちなみに、マークレビンソンのサウンドシステムは2002年10月発売のソアラ 430SCV NOBLE COLOR EDITIONに標準装備されたほか、セルシオ、ランドクルーザー100シリーズ、クラウンにオプション設定されていた。

一芸は万芸に通ず!! 知られざる芸達者な国産モデル10選
すべてにおいて最高級を追求するレクサス。オーディオシステムも最高級だ

健常者と障がい者がクルマを共有できる「MX-30 EV」のSelf-empowerment Driving Vehicle

一芸は万芸に通ず!! 知られざる芸達者な国産モデル10選
MX-30 EVをベースとしたMX-30 EV Self-empowerment Driving Vehicleは共生社会の実現を推進する先駆的車両。登場はこの秋

 1995年に国内メーカーとして初めてスロープ式の車いす移動車を発売以来、介護用福祉車として車いす移動車・リフトアップシート車・回転シート車・オートステップ車を展開してきたマツダ。

 2000年以降もMPV、プレマシー、ロードスター、アクセラ、CX-5などに福祉車両を設定してきたが、この秋、下肢障がい者が運転・操作しても安心安全に移動可能な“自操車”としてMX-30 EV Self-empowerment Driving Vehicleの導入を予定していることをご存じだろうか? 

 クルマの運転を通じて自由な移動や運転の楽しさ、走る歓びを下肢障がい者に味わってもらうべく、足でのペダル操作が困難な人が運転できる手動運転装置をはじめ、乗降時の補助を行う運転席横の折りたたみ式アクセスボードやスイッチひとつで自動開閉するフリースタイルドアなどを搭載。マツダならではの優しい心づかいが行き届いた1台といえるだろう。

一芸は万芸に通ず!! 知られざる芸達者な国産モデル10選
手動運転装置はロードスター、アクセラなどにも装備。コントロールグリップにアクセルやブレーキ操作が可能で、さらにウインカー、ホーンなどのスイッチが集約されている

次ページは : スタビライザーの効きを自動で電子制御する「新型ランドクルーザーGR SPORT」のE-KDSS

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ