新型ランクル300は日本に本当に必要なのか? デカすぎじゃない…??


■200をはるかに超える乗り心地の向上

 そしてビックリするくらいに乗り心地がいいのです。ランクルの足まわりは80で前後コイルに、100でフロント独立になっています。100以降はとくに乗り心地が向上しているのですが、この300は先代の200をはるかに超える乗り心地のよさで、リヤが固定式のトレーリングリンク式サスであることを感じさせません。

 その乗り心地のよさを支えるひとつの大きな要因が18インチタイヤにあるといえるでしょう。ランクルの標準タイプのタイヤは18インチで、GRスポーツの名が付くモデルだと20インチにしそうなものですが、ZXは20インチにしながらもGRスポーツは18インチにとどめています。見た目よりも真の走りを求めた感があって、非常に好感が持てます。

標準タイプのタイヤは18インチ。見た目よりも真の走りを求めた感があって、非常に好感が持てる

 また、コーナリングについても非常に素直でいい印象。首都高のコーナーや高速道路のランプウェイ、ちょっとしたワインディングなどを走りましたが、どこも重量をものともしないしっかりしたフィーリングでした。

 もちろん、2.5トンもあるのでコーナーではどっしりした動きになりがちですが、それでも普通にそれなりのペースで走れてしまうのにはビックリです。

 郊外の狭い道路ではさすがに持て余すときもありましたが、よほど大きく、よほど押し出しが強く感じるのでしょう。狭い道ではこちらが寄せているにもかかわらず、対向車が待ってくれるのです。アルファードにも2回譲ってもらってしまいました。

 総走行距離156kmを走り、燃費は8.6km/h。WLTCモード燃費が9.7km/hなので、合計約2時間の渋滞と途中でDPFの再生があったことを考えれば合格点といえるでしょう。

ランクル300 内装

 さてやっと表題の件。「果たしてこの新しいランクルは日本に必要か?」と言われれば、「間違いなく必要だ」と言えます。

 今回はオンロードでの試乗しか行えていませんが、その高いクロスカントリー性能は言うまでもありません。たとえば高速道路会社や電力会社の保守点検用車両としては絶対的なマルチパーパス性能を持つクルマが必要ですし、警察車両や自衛隊車両、また北海道で自然を相手にしている人達などランクルが必要な人々は、日本にもたくさんいます。

 視野を世界に広げれば、その輪はさらに広がります。

 トヨタのような総合自動車メーカーだからこそ作れるクルマですし、作らなくてはならないクルマなのです。

【画像ギャラリー】高性能で乗り心地もバツグン! 新型ランクル300を画像でチェック