トヨタ 新型ランクル300のどうしても伝えたい魅力5選

14年ぶりフルモデルチェンジで爆売れ中! トヨタ ランクル300のどうしても伝えたい魅力5選

 初代の登場から70年が経ち、最新型である300系がいよいよ登場したトヨタ ランドクルーザー。300系はTNGAやスタートスイッチに指紋認証を使うなど、先進的技術を多数搭載。今回は、信頼性・耐久性・悪路走破性を常に磨き続けてきたランクル、その最新型の魅力を5つのポイントからググッと迫る! 廃版となったパーツの復刻についてもお伝え!

●価格
・3.5Lガソリン:GX 510万円/AX 550万円/VX 630万円/ZX 730万円/GR SPORT 770万円
・3.3Lディーゼル:ZX 760万円/GR SPORT 800万円

※本稿は2021年8月のものです
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】全32枚!70年の熟成と革新。トヨタ ランドクルーザー300をギャラリーで見る


■70年の熟成と革新の融合 トヨタが誇るオフロード王「ランクル」。超絶人気で納期は2〜3年後!?

 初代BJ型が登場したのは1951年8月。それから70年経った今年8月に最新型のランクル、300系がデビューした。

 そのランクル300、発表前から人気が凄かった。7月から先行受注を開始したところ、2週間で2万台の受注を獲得。納期は2~3年という話も出たほどだ。

 押しも押されもせぬ人気モデルのランクル300、いったいどこがそんなにいいのか、5つのポイントに迫ってみる。この企画により、さらに人気が高まり、納車待ちが伸びる可能性はある。だがベストカーは新車情報誌だからして、やらないわけにはいかない。正直、すまん。

衝突安全性能と前方視界の両立を図るために、大きな凹みを設けたエンジンフードが特徴的なエクステリア
各種スイッチ類は走行・駆動系、オーディオ系、空調系など機能ごとに集約して配置。悪路走行時での操作を容易にしている
ガソリン車はGXグレードを除き3列シートを備える(ディーゼル車は全グレード2列シート)。※写真はGR SPORTのもの

■どんな道でも運転しやすく、疲れにくい。そんな走りを支えるプラットフォーム&新開発サスペンションがイイ!

 TNGA思想に基づくGA-Fプラットフォームを採用。ラダーフレームは従来型比+20%の高剛性を獲得しつつ軽量化が行われ、衝突安全性能、静粛性、走りの質が向上した。

 そのプラットフォームの刷新に伴い、サスペンションもジオメトリー含め新開発。特にリアサスはショックの配置を最適化することで乗り心地と操縦安定性が向上した。

 ちなみにステアリング機構は、油圧式パワステに電動式の操舵アクチュエーターを組み合わせたものを採用している。これにより操舵支援機能を追加することが可能になった。

GA-Fプラットフォーム
フロント
リア

次ページは : ■カッコだけと思ったら大間違い!GR SPORTの走りはさらにイイ!

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ