「ランクル300」は驚きの納車4年待ち!? 新型車に異常なほど長い納期が発生している理由とは?

「ランクル300」はなんと納車4年待ち!? 新型車に異常なほど長い納期が発生している理由とは?

 今年に入ってからは半導体不足の影響もあって、納期遅延が発生している新車がいろいろと目立ってきている。トヨタでは8月2~6日に、高岡工場(愛知県豊田市)第1ラインの稼働を止めることなどを公表していて、カローラの納期に影響が出るとみられる。

 また、人気のトヨタヤリスクロスやホンダヴェゼルなどの納期はグレードによって半年待ちと言われているが、6月10日に世界初公開された新型ランドクルーザーは7月から先行予約を開始していて、なんと今や納車4年待ちの状態になっているという。

 4年待ちといったら、通常のクルマのモデルサイクルであればモデル末期になっているほどの期間だ。新型ランクルは、なぜ異常なほど長い納期遅延になってしまっているのか? 新車販売事情に詳しい小林敦志氏が解説する。

文/小林敦志  写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】世界中で人気のランクル300と納車待ち年オーダーのクルマを写真でチェック!!


■年間5000台生産に対して1.8万台のオーダー!

 新型ランドクルーザー(以下、ランドクルーザーはランクル)が大変なことになっている。発売前だというのに、すでに納車まで“4年”待つというのである。業界事情通氏は次のように語る。

2021年6月10日に世界初公開された新型ランドクルーザー。価格はエントリーグレード「GX」(ガソリン)の510万円から最上級の「GR SPORT」(ディーゼル)の800万円

 「聞いた話では、発売当初の国内向け生産枠が年産5000台だそうです。それに対し、私が聞いた時点(7月上旬)ですでに1.8万台の予約オーダーが入っているそうなのです」。

 その事情通氏によると、バックオーダーのなかには、“ランクル専門店”や、“SUV専門”といった、カスタマイズショップの発注らしきものが目立つということだ。オプション計上がほとんどない注文が多く、それが“ショップ発注分”ではないかと推測しているようである。

 そして、事情通は次のように話を続けた。

 「トヨタが8月1日まで、新規の受注受け付けを停止するとの通達を各ディーラーに送ったそうです。探ってみると、専門店などのほかにも納車直後に買い取り専業店などへ売却してしまう“転売ヤー”や、海外への個人輸出を目的とした発注も目立つようで、それを洗い出すための新規受注停止らしいのです」。

 その方法は定かではないが、事実上転売ヤーや海外への輸出を目的としたオーダーについて、キャンセルを促すことでバックオーダーを減らし納期遅延期間を少しでも短くしたいようであるとのことだった。

 また、今回受注時に一定期間内での名義変更(転売目的などによるもの)を行わない旨の確認書類を交わすことになっているとのこと。

 そして、車両代金の支払い方法が現金となっている発注に短期間での転売目的のものが多いのではないかとの判断で、短期間での転売を行わない旨の再確認をしていきながら、商売目的ではないかどうかを洗い出すようだとのことであった。

 「納車直後に転売すれば、間違いなく新車時の車両本体価格を軽く超える買い取り額が提示され、利益を出すことができます。とにかく納車まで4年待つのですからね。トヨタとしてもそのような行為を予測していたのでしょうが、そのトヨタの予測を超えた事態となっているといってよいでしょう」。(前出の事情通)。

 販売現場では、「ローンを利用しての購入者の受注のみにするなど、物理的な“縛り”を設けたほうがよかったのではないか」という話も聞かれた。

■「新型コルベット」や「光岡バディ」ほかにも年待ちオーダー多数あり!

 似たような話が、シボレー コルベットでもあった。ミッドシップレイアウトでエンジンを積む最新のコルベットは、初期ロッド分をあっという間に完売したのだが、その多くがやはり専門ショップではないか? と言われているのだ(転売ヤーなどの存在は確認していない)。

8代目C8型の新型コルベット。長年活動しているレースに勝つために、初代より60年以上続いたFRレイアウトを捨て重量配分とトラクションに有利なミッドシップレイアウトへ刷新した

 あるアメリカ車好きは「そもそも、熱狂的なアメリカ車ファンは、今回正規輸入モデルは右ハンドルになっているので、左ハンドルのアメリカ仕様を個人輸入したり、専門業者から購入したりするでしょう」と話してくれた。

 光岡自動車初のSUVとなる“バディ”が6月24日に正式発売されたが、こちらは納車待ち2年となっている。手作りで生産されるので、生産台数が少ないこともあるが、こちらは純粋に気に入って購入を決断した個人ユーザーが納車される日を楽しみに待っているようである。

トヨタRAV4をベースに’80sアメリカンSUVをモチーフに作られたミツオカ『バディ』。2021年に130台、2022年に300台の生産が予定されている

 最近ではヤリスクロスの“半年待ち”という納期遅延が話題となっているが、今回のランドクルーザーは、いまだに長期の納期遅延が続いているスズキ ジムニーのケースに似ていると考えられる。

 スズキは公式には納期というものは発表していないのだが、納車待ちは1年を超えてしまうものとされている。ただ、現状では半導体不足もあるので流動的となっている。

 2018年にインドネシアの首都ジャカルタで開催された、GIIAS2018(ガイキンド インドネシア 国際オートショー)会場内に、ジムニーシエラベースとなる、“ジムニーコンセプト”が展示されると、終日地元のメディアや一般入場者などが多数展示車を囲むほどの注目モデルとなっていた。

 インドネシアだけでなくASEAN各国でも注目の的となっており、台湾のネットニュースでは、「ジムニーの5ドアが出る!」など、ホットなジムニーに関するニュースが飛び交っていたのを記憶している。

 ジムニーシエラは、ようやくインドでも生産されるようになり、そこからもインド以外へ出荷されるようになったが、ランクルに関しては国内で生産し、世界へ輸出されている。海外での人気の高さもハンパなく、おいそれと国内向けの増産ができないという事情も、長期の納期遅延の背景にはあるようだ。

次ページは : ■ランクル人気とされる中東での 本当にモテるクルマとは

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ