グリル王日本車代表選手権!

グリル王日本車代表選手権! 新型ランクル300は何位?

 新型ランドクルーザー300が登場し、各メディアが試乗記を掲載しているが、実物を見ると威圧感が凄い。最上級グレードのZX系、TOYOTAのデカいロゴが入るGR SPORTもこれまたオラオラ顔で、新たなグリル王の誕生かと、思わせる強面顔である。

 これはもしやすると、日本一のオラオラ顔と評されるアルファードを超えたのか? 

 ということで、モータージャーナリストの清水草一氏に、「グリル王日本代表選手権」と題して、ランキングしてもらった。

文/清水草一
写真/トヨタ、日産、ホンダ、三菱

【画像ギャラリー】新型車のフロントグリルをランク付け!! 見事1位に輝いたのは?


■オラオラ顔じゃないと日本じゃミニバンは売れない?

強烈な個性を放つオラオラ系グリル。今や売れ行きを左右するほど重要な存在に

 威圧感のカタマリのような、巨大なオラオラグリルが当たり前のものになって久しい。言うまでもなくその代表がアルファードである。顔面が平面的で面積も大きいミニバン系では、オラオラグリルでなければ販売現場での苦戦は免れないのだ。

 アルファードを筆頭に、ほとんどすべてのミニバンがオラオラグリルと化したなか、おとなしめグリルのホンダ・フリードが孤軍奮闘しているが、同じくおとなしめグリルで登場したステップワゴンは完璧に討ち死にし、遅ればせながらオラオラな化粧を施さねばならなかった。まさに生き残るにはオラオラするしかない、オラオラグリル戦国時代である。

 そこへ、思わぬ伏兵が登場した。ランクル300である。

 これまで国産オラオラグリル界では、ミニバンが圧倒的に優位だったが、そこへクロカンSUVのランクルが殴り込みをかけたのだ!

 写真を見た段階では、グリルがスポーティにブラックアウトされたGRスポーツが断然カッコイイ! と思ったものの、実物を見ると、太いメッキグリルの標準モデルの威圧感がハンパなく、見るほどにクセになってしまう。

 写真では「品がないなぁ」「バランスが悪いなぁ」と思ったが、実物はその品のなさ、バランスの悪さが武器となり、アルファード的な「悪羅(オラ)」のオーラをオラオラ纏っていたのである。

 ランクル300の標準モデルのグリルは、非常にオーソドックスな横桟タイプで、意匠にそれほどの特徴はないが、その下側を支える形で配置された黒い頬ひげグリルが大きなアクセントとなり、総合的に優れたオラオラグリルを形成しているのである。

 そこで今回は、「グリル王日本代表選手権」と題し、国産現行モデルのオラオラグリル度をランキングしてみた。エントリーは編集部選定の10台。新規モデルを厚めに入れてあるのでご了承ください。

■第10位:ヴェゼル/上品でオシャレなボディ同色のグリル

威圧感が強いオラオラグリル 第10位:ヴェゼル

 ヴェゼルのボディ同色グリルと初めて対面した際に、一瞬「うげえ」と思った人は少なくなかった……らしい。そのちょっと斬新な感覚には、新手のオラオラ感がなきにしもあらず。

 しかし、なにしろグリルがボディ同色ということは、基本的に目立たないということで、目が慣れればオラオラ感は大幅に減じ、上品でオシャレに感じるようになる(はず)。

 ホンダアクセスのオプションで、メッキグリルも用意されているが、これは逆にまったくフツーで、単にヴェゼル本来の気品を削いでいるだけ。オラオラ感もまるで弱い。

五角形型のボディ同色グリルが話題に。ホンダアクセスのオプションで黒色グリルも選択できる

次ページは : ■第9位:NSXタイプS/やっとスーパーカーらしい顔になった!?