人気のアウディQ2がマイチェン! その魅力と人気の秘密を検証した

【新型アウディQ2 試乗&レビュー】 コンパクトで使い勝手のいい人気のQ2がマイナーチェンジ!  その魅力と人気の秘密を検証した【新型アウディQ2 試乗&レビュー】 コンパクトで使い勝手のいい人気のQ2がマイナーチェンジ!  その魅力と人気の秘密を検証した

 新型アウディQ2の大きな変更点は外装のブラッシュアップとハンドリングの改良、そして新型1.5Lターボエンジンを搭載したことだ。今回はそのQ2に試乗、都内と峠を1日中走らせてみた。なぜ、Q2はベストセラー・カーであるのか、アウディ80やA6を乗り継いで現在はA4を所有する元F1メカニック津川哲夫氏に検証してもらった。

文/津川哲夫
写真/のぐちとしお


【画像ギャラリー】新型アウディQ2 試乗&レビュー!コンパクトで使い勝手のいい人気のQ2がマイチェン(9枚)画像ギャラリー

■上級SUVとはひと味違うファミリアなイメージのQ2

 今回の試乗はとても馴染みの深いアウディだ。しかもサルーンやアバントではなく、今年マイナーチェンジをしたコンパクトSUV、アウディーQ2なのである。実は筆者はアウディが好きで、遠い昔の80サルーンに始まり、A6アバントそして現在はA4アバントに乗っている。そう結構なアウディファンなのだ。

 現在日本で使用しているA4アバント以外の80とA6では、英国中心にヨーロッパ全域を走ってきた。手放す時には80もA6アバントも30万キロを達成していたので、自分勝手なアウディ感は質実剛健、永久不滅みたいに思い込んでいた。しかし、近年のアウディーからはそれらのゴツさが消え、スマートでアーバンなイメージへと変貌している。

 Q2はそんなアーバン・ユーズを上手く捉えたコンパクトSUVに仕上がっているように思う。外見はA3等のカテゴリーに近いアウディ感を出しながら、上級SUVとはひと味違うファミリアなイメージを造り上げている。

上級SUV群の持つ威圧感はなく、コンパクトでおしゃれなエクステリアは都会に似合う

 実際Q2には、現在街を闊歩している高級SUV群の持つ威圧感はなく、日常の街乗り、スーパーマーケットへのショッピングや子供の送迎等のシーンでも違和感がない。

■スタイリッシュに変わってもアウディの質実剛健のポリシーは生きている

 コクピットに収まって見ると車体のストラクチャーは間違いなくアウディスタンダードが維持されていて、この強固なフレーム感には昔からの質実剛健のポリシーが滲んでいる。しかしこのフレーム・ワークの造る安心感は、何も頑丈さのアピールからだけではないのだ。

バーチャルコクピットはメーターパネル内に液晶ディスプレイを配置しフルデジタルで、速度計や回転計、ナビゲーション、地図などを鮮明に表示する

 Q2のコクピットに座ってみると、流石にSUVの設定だけあって、シートポジションは通常の乗用車より若干高いのは当然だが、流行の大型四駆タイプなどに見られるシートへのよじ登り感はなく、女性のユーザーでもスカート等を気にせずに楽々と着席が可能だ。さらにSUVとしての絶妙なロードクリアランスを維持しているので、着座時の視線は通常の乗用車よりも高いので、駐車時の見切りなど視認性が良く、視線の高さは走行時の並走車等からの威圧感も削減され、さらなる安心感をもたらしてくれる。

 5ドアハッチとしての使い勝手も良く、リアゲートの比較的高い床高もSUV故に許容範囲内にあり、デイ・キャンプなどのライトなアウトドアユーザーなどが気楽に使える。

次ページは : ■ファミリーユースだけじゃなく、ちょいワル親父も満足出来るパワフルな走り

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ