人気のアウディQ2がマイチェン! その魅力と人気の秘密を検証した


■それでは、試乗の最も楽しいパートであるワインディングへ

 実は個人的にアウディのSトロニクスの7速ギアが結構好きなのだ。通常のドライブレンジから必要に応じたSレンジへの変更が実に気持ちが良い。もちろんデュアルクラッチを使ったシームレスシフト。Sレンジでの加速感は実に気持ちが良い。さらに横押しでマニュアルシフトを選べばシーケンシャル・シフト感を体感できる。上手く遊べば信号グランプリでも満足感が高い。

 残念ながらワインディングでの走りはやはりSUV。ただしFF仕様ながらもFFを感じさせないスムースな走りは流石というところ。大型アウディにありがちな車体の重量感も横置きエンジンのQ2では気にならない。

Q2のエンジンカットと再点火の一瞬のラグが気になったが、1.5Lターボのパフォーマンスには大満足

 それでも若干高速でワインディングを走るとSUV的なサスペンションからのよじれ感は隠せない。特にリアのロールはほんの僅かだが一瞬の遅れがありリニア感を減らす。これがアンチロールバー的な捩じれメンバーを利用したトレーリングアームからの反応かは定かではない。

 とはいえSUVという設定のQ2なのだから、ワインディングを攻める事自体が的外れ、Q2は峠ではなく都会が似合うSUVなのである。

■コンパクトになってもアウディユーザーには違和感がない

Q2の精悍な8角形のシングルフレームの位置は下げられ、フロントの幅の広さが強調されている

 コクピット・インテリアもアウディスタンダードを維持していて、筆者のようなアウディユーザーには違和感ないが、ひとつ苦言を呈するならばアウディのサテライト・ナビの使い勝手の悪さは相変わらずだった。

 Q2はFFなれど流石ドイツ車。駐車場での取り回しも楽で視界も良く見切り感もしっかりとしていて、これこそ街に降りたファミリーSUV、それがアウディーQ2の狙いなのだろう。

TETSUO TSUGAWA
TETSU ENTERPRISE CO, LTD.

【画像ギャラリー】新型アウディQ2 試乗&レビュー!コンパクトで使い勝手のいい人気のQ2がマイチェン(9枚)画像ギャラリー

津川哲夫
 1949年生まれ、東京都出身。1976年に日本初開催となった富士スピードウェイでのF1を観戦。そして、F1メカニックを志し、単身渡英。
 1978年にはサーティスのメカニックとなり、以後数々のチームを渡り歩いた。ベネトン在籍時代の1990年をもってF1メカニックを引退。日本人F1メカニックのパイオニアとして道を切り開いた。
 F1メカニック引退後は、F1ジャーナリストに転身。各種メディアを通じてF1の魅力を発信している。ブログ「哲じいの車輪くらぶ」、 YouTubeチャンネル「津川哲夫のF1グランプリボーイズ」などがある。
・ブログ「哲じいの車輪くらぶ」はこちら
・YouTubeチャンネル「津川哲夫のF1グランプリボーイズ」はこちら

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ