ブガッティ最後の純内燃機関モンスター降臨!! 1600psのシロン・スーパー・スポーツ試乗からわかった「究極のハイパースポーツカーである理由」


 ブガッティヴェイロンの後継モデルにあたるシロン。そのシロンの新たなグレードとしてブガッティは2021年6月に「シロン・スーパー・スポーツ」を発表した。

 ブガッティ最後の純内燃機関モデルとなるシロン・スーパー・スポーツ。そのエンジンは1600psという圧倒的出力を叩き出す。

 ブガッティが「究極のハイパースポーツカーである理由」とは何か? モータージャーナリスト、木村好宏氏がシロン・スーパー・スポーツに試乗した。

文/Yoshihiro Kimura、写真/Yoshihiro Kimura、BUGATTI

【画像ギャラリー】価格4億円超え! 最高出力1600ps! 最高速490km/hオーバー! 桁違いのスペックを誇る「ブガッティ シロン・スーパー・スポーツ」をギャラリーでチェック!(30枚)画像ギャラリー

■ル・マン観戦時にブガッティ買収を思いついたという逸話は……

ブガッティ シロン・スーパー・スポーツは8L、W16気筒クワッドターボエンジンを搭載し最高出力1600ps、最大トルク1600kgmを発揮。0-100km/h加速は2.4秒、時速200kmまではなんと5.8秒で到達してしまう

 私はなぜかブガッティに縁がある。それもクラシックモデルではなくて、VWグループ傘下に組み込まれたあとの新生ブガッティである。

 最初の遭遇は1999年の東京モーターショーにおけるプロトタイプのワールドプレミアで、この時は当時のVW会長、Dr.ピエヒとインタビューした時だ。

「ブガッティ・プロジェクトは私にとってF1参戦と同じような挑戦である。」、「モータースポーツ最高峰のF1はゲームチェンジのために常に無意味なレギュレーションの変更があって、無駄な投資が必要となる、ゆえに私はこのプロジェクトで市販車の最高峰を目指す!」と彼は語った。

 また、巷で囁かれていた、ル・マン観戦時に町のおもちゃ屋で息子にブルーのブガッティのミニカーを買ってあげた時にブガッティの買収を思いついたという逸話だが、確かに息子にミニカーを買ったが、買収への決定は別の時だったと笑いながら真相を加えた。

 その後、最初の市販車であるヴェイロン16.4を2007年に試乗するチャンスに恵まれ、続いて2016年にはヴェイロンの最終バージョンであるタルガトップのグラン・スポーツ・ヴィテッセもテストしている。

■ブガッティ最後の純内燃機関は驚異の1600ps

 そして今回、ヴェイロンの後継モデルであるシロンの最終バージョン、すなわち純内燃機関を搭載する最後のブガッティである「シロン・スーパー・スポーツ」の試乗も体験することができた。

 シロン・スーパー・スポーツはこれまで以上の最高速度を目指して開発がスタートした。そのためにまず8LW16エンジンの最高出力を1600ps、最大トルクを1600Nmにまで引き上げた。

 ボディ関連ではフロントにダウンフォースを得るためにエアカーテン、そして過流を40%低減するデザインのテールとディフューザーを採用し、Cd値は0.35から0.37の間に抑えながらリフトを44%低減するなど徹底的なリファインメントが行われた。

 そして2019年8月、完成されたプロトタイプのシロン・スーパー・スポーツ300+で、ブガッティのテストドライバー、アンディ・ウォレスはVWグループのプルービングコース、「エーラ・レシエン」で490.48km/h(304.7mph)を記録したのである。

 今回、スーパー・スポーツの量産が始まったのをチャンスに、ごくかぎられたジャーナリストがブガッティのフランス本社での試乗に招待されたのだが、この試乗会ではなんとこの速度記録を達成したアンディ・ウォレスがエスコートをしてくれるという光栄に浴したのである。

 実は筆者は当時、レーシング・マネジメントをしていて、アンディとは1987年のF3シリーズ参戦中に何度か会ったことがあり、彼も私のことを覚えてくれていた。

次ページは : ■デザインは細部にまでこだわりを見せる

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ