【疑問を解決!】AT車のニュートラルとは何のためにあるの? 


 AT車の運転で普段使うことはない「N(ニュートラル)」、「これっていつ使うの?」と疑問に思っている方は少なくないはず。

 実際に、自動車教習所では、Nレンジについて「基本的に使わない」と教えられます。

 しかし、どんなクルマにも必ず存在するならば、何か使い道があるはずです。AT車のニュートラルにはどういった用途があるのでしょうか?

文:吉川賢一 写真:日産、ベストカー編集部


AT車のニュートラルが持つ最も重要な役割は?

 基本的なことですが、ニュートラルとは、日本語に訳すと中立という意味で、一方に偏らない中間にあることを指しています。クルマにおいては「エンジンの動力が伝わらない状態」のことで、このとき、エンジンとギアは切り離されています。

 このため、ニュートラルにしている間は、エンジンをいくら回してもクルマは動きません。

 MT(マニュアル)車では、駐停車の際などに使うNレンジですが、AT車では普段は使う機会はありません。

 しかし、緊急時には重要な役割を果たすのです。

ニュートラルを使う緊急時とは一体?

レッカー移動する際にはNレンジへ

 一つは、レッカー移動の時です。

 D(ドライブ)レンジでは、ギアと噛み合っているため、タイヤに抵抗がかかってしまいますし、P(パーキング)レンジでは、タイヤはロックされてしまいます。

 しかし、動力とギアが切り離されているニュートラルにしておけば、タイヤを引き摺ることなく移動させることができます。

 このようなレッカー移動のときなどは、レッカー業者さんが対応してくれるので大丈夫でしょうが、ここからは是非皆さんに覚えておいていただきたいNレンジの使い方をご紹介します。

 これはクルマを運転するドライバーの方だけでなく、同乗される方にもぜひ知っておいていただきたい知識です。

次ページは : 知って緊急時に備えよう