【疑問を解決!】AT車のニュートラルとは何のためにあるの? 

 AT車の運転で普段使うことはない「N(ニュートラル)」、「これっていつ使うの?」と疑問に思っている方は少なくないはず。

 実際に、自動車教習所では、Nレンジについて「基本的に使わない」と教えられます。

 しかし、どんなクルマにも必ず存在するならば、何か使い道があるはずです。AT車のニュートラルにはどういった用途があるのでしょうか?

文:吉川賢一 写真:日産、ベストカー編集部


AT車のニュートラルが持つ最も重要な役割は?

 基本的なことですが、ニュートラルとは、日本語に訳すと中立という意味で、一方に偏らない中間にあることを指しています。クルマにおいては「エンジンの動力が伝わらない状態」のことで、このとき、エンジンとギアは切り離されています。

 このため、ニュートラルにしている間は、エンジンをいくら回してもクルマは動きません。

 MT(マニュアル)車では、駐停車の際などに使うNレンジですが、AT車では普段は使う機会はありません。

 しかし、緊急時には重要な役割を果たすのです。

ニュートラルを使う緊急時とは一体?

レッカー移動する際にはNレンジへ

 一つは、レッカー移動の時です。

 D(ドライブ)レンジでは、ギアと噛み合っているため、タイヤに抵抗がかかってしまいますし、P(パーキング)レンジでは、タイヤはロックされてしまいます。

 しかし、動力とギアが切り離されているニュートラルにしておけば、タイヤを引き摺ることなく移動させることができます。

 このようなレッカー移動のときなどは、レッカー業者さんが対応してくれるので大丈夫でしょうが、ここからは是非皆さんに覚えておいていただきたいNレンジの使い方をご紹介します。

 これはクルマを運転するドライバーの方だけでなく、同乗される方にもぜひ知っておいていただきたい知識です。

知って緊急時に備えよう

踏切でエンジンが止まってしまったら…

 例えば、踏切のど真ん中でエンジンが止まってしまったとき。PやDなど、ギアが噛んでしまっている状態だと、クルマは簡単に動きません。

 しかし、ニュートラルであれば、数人でクルマを後ろから押せば、人力でも動かすことはできます。

 また、ドライバーが急な疾患で意識を失ったときなど、何らかのトラブルでアクセルが全開のままになってしまうような緊急時にも、動力を断絶できるNレンジを使えば、助手席からでも暴走をひとまず食い止めることができます。

 このように、AT車のNレンジは、「緊急事態に対応するレンジ」としての意味合いが強いのです。

【余話】ニュートラルで燃費が良くなるって本当か? 

 AT車のNレンジの使い方として、「下り坂で、ニュートラルで走行すると燃費が良くなる」という話を聞くことがありますが、これはむしろ逆。

 何故なら、Dレンジでは、負荷が低いシーンでは燃料カットが入り、エンジンへガソリンを送らなくなるのに対し、Nレンジでは、エンジンはアイドル状態のため、アイドルを維持するための燃料を使ってしまっているからです。

坂道での運転はNレンジで運転しないようにしましょう

 そればかりか、坂道シーンでは、Nレンジではエンジンブレーキが使えないために、フェード現象やべーパーロック現象による事故のリスクが高まります。ATF(AT車用のオイル)によるギアの冷却ができないため、劣化が早まり、最悪の場合はギアが焼き付いてしまうことも。

 大変危険であるばかりでなく、ギアの修理には多額の費用がかかってしまい、「燃費をよくしよう」としてやった行為で、かえって余計な出費をすることにもなってしまいます。

 また、信号待ちにおいては、Nレンジに入れていると、緊急時などにすぐに発進させることが難しくなります。ギアを守るためにも、緊急回避に備えるためにも、信号待ちではDギアに入れた状態でブレーキを踏んでおきましょう。

まとめ

 このように、AT車でドライバーが意図的にNレンジに入れるメリットは特にありません。

 ただ、万が一の事態には、とても重要な役割を果たします。緊急事態には誰もがパニックになってしまうものですが、今回ご紹介した「Nレンジの使い方」を頭に置いておいていただき、万が一の際に役立ててください。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ