【疑問を解決!】AT車のニュートラルとは何のためにあるの? 


知って緊急時に備えよう

踏切でエンジンが止まってしまったら…

 例えば、踏切のど真ん中でエンジンが止まってしまったとき。PやDなど、ギアが噛んでしまっている状態だと、クルマは簡単に動きません。

 しかし、ニュートラルであれば、数人でクルマを後ろから押せば、人力でも動かすことはできます。

 また、ドライバーが急な疾患で意識を失ったときなど、何らかのトラブルでアクセルが全開のままになってしまうような緊急時にも、動力を断絶できるNレンジを使えば、助手席からでも暴走をひとまず食い止めることができます。

 このように、AT車のNレンジは、「緊急事態に対応するレンジ」としての意味合いが強いのです。

【余話】ニュートラルで燃費が良くなるって本当か? 

 AT車のNレンジの使い方として、「下り坂で、ニュートラルで走行すると燃費が良くなる」という話を聞くことがありますが、これはむしろ逆。

 何故なら、Dレンジでは、負荷が低いシーンでは燃料カットが入り、エンジンへガソリンを送らなくなるのに対し、Nレンジでは、エンジンはアイドル状態のため、アイドルを維持するための燃料を使ってしまっているからです。

坂道での運転はNレンジで運転しないようにしましょう

 そればかりか、坂道シーンでは、Nレンジではエンジンブレーキが使えないために、フェード現象やべーパーロック現象による事故のリスクが高まります。ATF(AT車用のオイル)によるギアの冷却ができないため、劣化が早まり、最悪の場合はギアが焼き付いてしまうことも。

 大変危険であるばかりでなく、ギアの修理には多額の費用がかかってしまい、「燃費をよくしよう」としてやった行為で、かえって余計な出費をすることにもなってしまいます。

 また、信号待ちにおいては、Nレンジに入れていると、緊急時などにすぐに発進させることが難しくなります。ギアを守るためにも、緊急回避に備えるためにも、信号待ちではDギアに入れた状態でブレーキを踏んでおきましょう。

次ページは : まとめ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ