お前本当にパトカーか!?? 平成の「仰天」パトカー5選


 昨今、警察のパトカーといえばクラウンばかりという時代になってしまったが、平成時代の半ば頃は、RX-7やR34スカイラインGTターボが交通取り締まり用パトカーに採用されるなど、さまざまな車種のパトカーが誕生した。

 こうしたハイパワーなスポーティカーがパトカーになるいっぽう、それまでの常識では考えられなかったジャンルの車種がパトカーとなり、一般ドライバーを仰天させたこともあった。

 今回は多くのドライバーが「お前ホントにパトカーか??」とツッコミを入れたくなる、仰天レア&珍パトカーを紹介する。なお、新刊『平成~令和新時代 パトカー30年史』(2020年12月3日発売)では、下記も含めて平成時代に活躍したさまざまなパトカーを収録してある。ご興味ある方はぜひ本記事末尾の刊行情報をご参照ください。
※『平成令和新時代 パトカー30年史』別冊ベストカー編
写真/編集部、大塚正諭

【画像ギャラリー】ここでしか見れない秘蔵写真も追加!! 仰天パトカーたちの雄姿

■質実剛健時代から百花繚乱時代へ

 パトカーといえば、廉価グレードの質実剛健な車種展開というのが、昭和から平成初期の常識だった。事実、平成時代の中頃までは、交通取り締まり用といえば、150系クラウンとY31セドリックが双璧の存在。白黒&覆面ともに、鉄ホイールやフェンダーミラー仕様の車両が多数見られた。特に覆面パトカーに関しては、こうした鉄ホイール&フェンダーミラーは格好の目印であり、よく知られた見分けポイントだったといえる。

 例外的に高速隊向けに、R32スカイラインGT-RやGTOといったスポーティな車種が国費で導入されることもあったが、どちらかといえばレアな存在。セダンタイプの地味な車種こそパトカーというのが、この頃の常識だった。そんなドライバーの常識を激変させた車種がいくつかある。

 以下、その代表的なパトカーをランキング形式で見ていくことにしよう。

■交パにワゴンを初導入! 驚愕の覆面パト

第1位 NISSANステージア(M35)

当時、全国で初のステーションワゴンタイプの交通覆面パトカーだった。警察無線アンテナが外部から見えず、隠密性の高さは抜群だった

「覆面パトカーはセダンタイプ」という常識を完全に覆した一台。デビュー当初からネットで噂になったものの、詳細がはっきりするまで「ありえない」などと否定的な意見が相次いだほど。大阪府警の交機隊に2台が導入され、府内の一般道で活動。あまりの隠密性の高さに、導入当初は捕まる違反車が続出だった。

次ページは : ■ハイソなデートカーがまさかの覆面パトカーに!

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ