スズキ スプラッシュがスイフトスポーツに繋げた系譜 【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はスズキ スプラッシュ(2008-2014)をご紹介します。

【画像ギャラリー】デビュー当時のベストカー試乗の様子からスズキ スプラッシュの姿を振り返る

文:伊達軍曹/写真:ベストカー編集部


■「世界で通用するグローバルコンパクト」を目指したスズキの意欲作

 主にヨーロッパ市場に向けて作られた「世界基準」のコンパクトカーだったが、日本ではカルチャーの違いから今ひとつウケず、残念ながら1代限りで終わってしまった隠れ名車。

 それが、2008年から2014年まで販売されたスズキ スプラッシュです。

立体的なフロントノーズとシャープなデザインのヘッドランプ、ボディーの四隅に力強く張り出したフェンダー、キャビンの広さと空力性能に貢献する流れるルーフラインと切り立ったリヤエンドを採用

 スプラッシュは、2007年のフランクフルトショーと同年の東京モーターショーでコンセプトカーが発表された5ドアハッチバックの世界戦略車。まずは2008年3月に欧州で発売され、同年10月には日本でも販売開始となりました。

「世界で通用するグローバルコンパクト」を目指したスプラッシュは、欧州を拠点とするチームがデザインを主導。そして生産はハンガリーのマジャールスズキで行われ、それが日本に輸入されたという、まさにグローバルな車だったのです。

 プラットフォームのベースは2代目スイフトですが、全高以外はスプラッシュのほうがスイフトよりひと回り小さいというニュアンスです。

「ラグーンターコイズメタリック2」「コスミックブラックパール」「スプラッシュグリーンメタリック」「ブライトレッド5」「カシミールブルーメタリック4」と「スペリアホワイト」の全6色を用意。また外装色に合わせて3種類のインテリアカラーが採用された

 日本市場向けのパワーユニットは最高出力88psの可変バルブタイミング機構付き1.2L DOHC「K12B」+CVT。ただし欧州市場向けにはその他種類のエンジンとマニュアルトランスミッションが採用されていました。

 大きな一眼の速度計はいかにも「欧州車」らしく200km/hまで刻まれていて、フロントシートは同世代のドイツ製コンパクトカーのようにしっかりした作り。

 そして123万9000円という安価な車であったにもかかわらず、SRSサイド&カーテンエアバッグまでが標準装備されていました。

「オーバル (楕円形)」をデザインモチーフとした、シンプルかつモダンなインテリア

 日本やヨーロッパの各地で繰り返し走行テストが行われたというその走りは、まさに「欧州基準」そのもの。

 日本の都市部での常用速度域ではかなり硬く感じられた足回りでしたが、50km/hを超えたあたりから路面に吸い付いたかのような感触となり、相変わらず硬めではあるのですが、しなやかなニュアンスとともにハイペースでワインディングなどを疾走することが可能でした。

 そのような「本格派」だったスズキ スプラッシュでしたが、結局のところ日本での販売はずっと低空飛行のまま。

 その結果として2014年8月、スズキ スプラッシュは1代限りで販売終了となってしまったのです。

次ページは : ■欧州譲りの走りが仇に? スプラッシュの導入は“無駄”だったのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ