【初代から5代目まで】名SUVフォレスターが歩んだ道のりと実力


 スバルフォレスターのフルモデルチェンジから約一年。

 今年4月には猛者・新型RAV4が投入されるなど、フォレスターが属する国産4WD SUV界隈は激戦区となっています。

 2019年4月~9月期は、ここ数年、同カテゴリの王者であったエクストレイルを、販売台数で上回ったフォレスター。

主要SUVモデル抜粋版 2019年4月~9月販売台数

 コアなファンをもつ自動車メーカースバルが作るフォレスターは、これまでどんな歴史を辿ってきたのでしょうか。

 文:佐々木 亘、写真:スバル、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】イメージスケッチから、現行型フォレスターまでを振り返る


フォレスター誕生からの歩み

 フォレスターの誕生は、1995年まで遡ります。この年の東京モーターショーにストリーガという愛称で登場したSUVが、1997年に市販化されたフォレスターのコンセプトモデルです。

1995年に開催された東京モーターショーに
出展されたコンセプトモデル ストリーガ

 当時、ミドルサイズSUVは、群雄割拠の時代にあり、トヨタRAV4、三菱RVR、ホンダCR-Vなどの人気ライバル車がひしめき合っていました。

 その中でフォレスターは、ステーションワゴンと大型SUVの中間的な位置付けのモデルとして登場しました。

初代フォレスター

 インプレッサのプラットフォームを流用し、高出力の水平対向2L ターボエンジンに、シンメトリカルAWDを組み合わせることによって、安定した力強い走りと高いオフロード性能を達成し、一躍、スバルを代表する人気車種となります。

 ライバル車が、核家族でのレジャー用にクルマのキャラクターを向けていたのに対し、スバルはフォレスターを走りにこだわるキャラクターとしました。

 これまで主流だったSUVの本格クロスカントリー化ではなく、オンロードでの高出力エンジン、しっかり曲がるハンドリング、動きのいいサスペンション、しっかり止まるブレーキを装備し、スポーツカーのような素性を持ったクルマにしたのです。

フォレスターファンのためのフォレスターへ

2代目フォレスター

 2002年に登場した2代目のフォレスターは、さらに快適にオンロード走行ができるSUVへとなりました。

 元々、スポーツテイストの強いフォレスターは、初代と同様に、2.0リットル無過給エンジンと2.0リットルターボエンジンを採用。

 普段の扱いやすさを狙って、エンジンは実用トルクを重視したセッティングがされました。

3代目フォレスター

 2007年に登場した3代目フォレスターは、プラットフォームを大きく改良しSI(SUBARU Intelligent)-シャシーを採用。

 ボディサイズを拡大し、全高を強調した大型スポーツユーティリティビークルらしいスタイルへ変わりました。 

 強化されたシャシーによって、強みであったオフロード性能がさらに向上し、オールフィールドドライブSUVへと進化しました。

4代目フォレスター

 続く2012年の4代目フォレスターは、シンメトリカルAWDに統合制御システムX-MODEを組み合わせ、悪路走行性能が、またさらに進化。

 予防安全支援システムアイサイトの採用や、2.0リットルターボを直噴化することで、安全性能に加え、環境性能も充実させました。

次ページは : 現行型はオールインワンのショーファーカーテイスト

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ