【デリカは13年!! アクアは9年現役!!】長寿モデルが新型を出せない事情

 10年経っても今なお現役!? それでも生産終了されない「長寿モデル」が、なかなか新型を出せない理由とは。

 自動車メーカーは、人気のある車種にはどんどん投資をし、人気が落ちないうちに新型車へ刷新するが一般的。逆に人気の出なかった車種は、1世代で生産中止になることもある。

 しかし、廃止されることもなく、それでいて新型が登場することもなく、長年「現役」を続けているモデルもある。

 長く売り続けられること=ユーザーからの支持の裏返しでもある。なぜ、そうした長寿モデルの新型は出ないのか。背景にある事情を探る。

文:吉川賢一
写真:編集部

【画像ギャラリー】まだまだある!! 現役長寿モデル 全10台!!!


三菱 デリカD:5/2007年発売

デリカD:5/写真は2019年改良のディーゼル車。前身のデリカスペースギアも1994-2007年まで販売されており、車種としての“平均寿命”も長い

 デリカD:5が発売されたのは、13年も前のこと。

 一般的な車種ならばフルモデルチェンジを2回していてもおかしくない年月が経過しているが、その間、何度かのマイナーチェンジ経て生産は続けられている。

 2019年2月に(ディーゼル車のみ)フロントマスク、エンジン、安全装備などを刷新するビッグマイナーチェンジが行われたが、基本的には同じモデルを作り続けている。

 例えば、2018年に新型となった「スズキ ジムニー」は、フルモデルチェンジでも、ほとんどそのコンセプトは変わらなかった。

 デリカD:5は、このジムニーと同じく、唯一無二の地位を築くことに成功したため、モデルチェンジをする必要がないのだ。

トヨタ アクア/2011年発売

アクア/当時、トヨタになかった5ナンバーのハイブリッド専用車としてデビュー。2017年にハイブリッドが追加されたヴィッツ(ヤリス)との棲み分けが課題に

 発売からすでに9年目となる、トヨタ アクア。いつの間にか長寿モデルとなってしまった。

 とはいえ、販売台数は未だトップクラスであり、2017年は13万1615台(登録車第3位)、2018年は12万6561台(同2位)、2019年にも10万3803台(同4位)と売れ続けている。

 普通であれば、人気のあるうちにモデルチェンジをして、更に販売を加速させるところであるが、トヨタはそれをしていない。

 その理由は、近い将来縮小する日本市場を考慮した戦略の一環だと考えられる。トヨタは2020年5月より全国全店全車販売実施を行う。アルファードとヴェルファイアも車種統合される見込みだという。

 アクアもヤリスとの競合が危惧され、それが新型の登場を遅らせている理由だと考えられる。ただ、ベストカーWebの取材によれば、新型アクアは現在開発中であるという。

 新型アクアは、ヤリスとの棲み分けを充分考慮したうえで、新たなキャラクターで勝負することになりそうだ。

86&BRZ/2012年発売

86&BRZ/言わずと知れた手頃な国産2ドアスポーツの雄。2016年にはマイナーチェンジを敢行し、熟成を重ねる

 86/BRZもすでに8年目に突入している車種だ。縦置き2L・NAの水平対向4気筒エンジンを搭載、もちろん駆動方式はFR、重心の低さも大きな魅力である。

 絶対的な「速さ」はないが、ドライバーが自らの力量の中でスポーツ走行することで、どこか懐かしく、楽しさを得られるクルマとして人気だ。

 モデルチェンジをしない理由は「トヨタとスバルの自信の表れ」だと、筆者は考えている。

 スポーツカーは、背が低くてスポーティなデザインや大きなタイヤ、リアウィングなど、見た目ももちろん重要であるが、その本質は、「走り」にある。

 86/BRZに搭載されている素性が良いアーキテクチャを、「目指す走り」に向けて磨き続ければ、モデルチェンジを急ぐ必要はない、とうことなのかもしれない。

(編注:トヨタとスバルが発表した2019年9月27日付けのリリースでは、「86/BRZの次期モデル共同開発」が明言されている)

 実際、毎年のように改良がされており、常にメーカーの愛情が込められている、クルマなのだ。

ホンダ オデッセイ/2013年発売

オデッセイ/それまでの4代目モデル以前とは路線転換を図り、やや背が高いフォルムに。歴代モデルは概ね6年ほどで新型に刷新された

 現行モデルは2020年で7年目となるホンダ オデッセイ。

 ホンダの得意技「低床ワゴン」が一世風靡し、一時は「ミニバン=オデッセイ」というほど、イメージリーダー的な存在であった。

 なんと初代オデッセイは、登場翌年の1995年、車名別月間販売台数ランキングにて登録車1位(年販12万5590台)を獲得したほど。しかし2019年は販売台数1万4614台まで冷え込んでいる。

 オデッセイは、2013年に国内終了となった高級ミニバン「エリシオン」の役目も担うようになり、初期のオデッセイの売りであった「低さ」を諦め、全高を140-150mm上げて1700mmとした。

 しかし、現在の主流はアルファードやヴェルファイアのような1800mmを超えるミニバンであり、中途半端な高さのオデッセイは、ニーズとマッチせず販売低迷した、と筆者は分析している。

 オデッセイのキャラクターであった「背低ミニバン」は時代に合わなくなってきたことが、なかなか新型を出せない理由のひとつだろう。

マツダ6/2012年発売

マツダ6/2019年8月の改良で日本仕様の車名を「アテンザ」から変更。5~6年でモデルチェンジした歴代と比べても現行型のサイクルは長い

 アテンザ改めマツダ6もすでに8年目となった。

 現行型は2012年に登場した3代目。マツダ流デザインフィロソフィーを磨き、FFとは思えぬスタイリッシュなボディをまとって登場。

 2018年6月にビッグマイナーチェンジを実施し、2.2Lディーゼルの性能向上、内装の質感アップ、NVH(騒音・振動・ハーシュネス)性能改善、2.5Lガソリンに気筒休止機構、フェイスシフトなど商品力を向上。2019年8月にマツダ6と改名、新たに2.5Lターボエンジンモデルを追加した。

 モデルチェンジをしない理由だが、ご存じのとおり、「新FRプラットフォームの上級セダン」の登場を待っている状況だからであろう。2019年3月期のマツダ決算説明会において、将来的なプラットフォーム戦略が発表されている。

 小型車は、これまで通りのエンジン横置きFFプラットフォーム、中型以上のモデルには、縦置きエンジンの新開発FRプラットフォームが使われるという。

 2021年にも登場すると思われる新型FRセダンによって、現行型のマツダ6は役割を終えるのであろう。

日産 エルグランド/2010年発売

エルグランド/トヨタ アルファードの“先駆者”であった同車も気づけば登場から10年が経過。今なお現役として販売を続けている

 エルグランドもすでに10年目。1997年に登場した初代エルグランド(E50型)は、「大人数を乗せて快適に移動する空間」というコンセプトがヒットし、年間4万~5万台を売る人気ミニバンだった。

 現行モデル(E52型)も登場当初は、年間2万台ほど売れていたが、2019年は6729台にまで落ち込んでいる。

 エルグランドは、国内市場専用のミニバンとして開発され、豪華な内装・装備をもっているが、現在はアルファード/ヴェルファイアに顧客を取られている状況。

 日産にも、ディーラー界隈からの次期型エルグランド要望の声は、当然聞こえているだろうが、「出しても売れないかもしれないモデルにチャレンジできるのか」と考えているのかもしれない。

 それならばセレナに売り上げを集中させればいい、とも思えるが、エルグランドは日産のミニバンフラッグシップである。

 今一度、「アル/ヴェルが売れている理由は何か」を冷静に分析し、チャレンジしても良いのではないかと思う。

【画像ギャラリー】まだまだある!! 現役長寿モデル 全10台

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ