【燃費向上より違うメリットが!??】なんちゃってハイブリッドに存在意義はあるのか

 スバル「インプレッサXV」「フォレスター」、スズキ「スイフト マイルドハイブリッド」、日産「セレナ(Sハイブリッド)」などが、俗に“なんちゃってハイブリッド”と言われる「マイルドハイブリッド」を搭載している。

 しかし、燃費を気にしているユーザーに向けてアピールしたいはずなのに、その省燃費性能は正直残念……というのがマイルドハイブリッドだ。パフォーマンスを追求したNSXのようなモデルであれば、購入する人も燃費が悪いハイブリッド車も納得できるだろうが、燃費が気になるファミリーカーでなぜハイブリッドとしての「うま味」が薄いモデルを発売するのか?

 マイルドハイブリッドはなぜ多くラインナップされるのか? なぜハイブリッド(フルハイブリッド、ストロングハイブリッドともいわれる)一択ではないのか? その存在理由を、渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/SUZUKI、NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】燃費アップで表に出るより、裏方で支える。マイルドハイブリッドを搭載する現行モデルをピックアップ


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ