【なぜ熱狂的ファン惹きつける!?】スバル独自の魅力司る「味とバランス」とは

“スバリスト”と呼ばれる熱狂的なファンに根強く支持されるスバル。その魅力を司る独自の「味」、そしてバランスの良さとは?

 2018年には60周年の節目も迎えたスバルといえば、独自の4WDシステムや水平対向エンジンといった技術の「柱」を持ち、トヨタなど大手メーカーとは一線を画すクルマ作りで多くのファンを持つ。

 では、具体的なスバルの魅力・味とはどのようなモノなのか。

 SUVのフォレスターからベーシックハッチのインプレッサ、スポーツモデルのBRZという毛色の異なる3台のスバル車に乗ってわかった魅力を再検証したい。

文:松田秀士、渡辺陽一郎
写真:編集部、SUBARU
ベストカー 2020年2月26日号

【画像ギャラリー】一貫した「安全と愉しさ」 スバルの全ラインナップをチェック!


伝統の4WDと縦置きエンジンを利した独自の「乗り味」

スバル謹製の「シンメトリカルAWD」。左右対称であり、スバル車の素性の良さを司る源泉となっている

 スバル車の魅力は運転の楽しさと安心感だ。その安心感をサポートしているのがスバルの売りでもある「シンメトリカルAWD」というスバル独自の4WDシステム。

 FF(=前輪駆動)ベースの4WDとは違い、エンジンは縦置き。エンジンを縦置きにすることによってクルマのパーツのなかで最も軽量化が困難な重量物であるトランスミッションを、車体の中央に配することができる。

 しかも、縦置きだからプロペラシャフトを車体の中央に通すことができ、それによって前後左右のドライブシャフトの長さも等長にできる。つまりシンメトリカルのど真ん中を通して左右対称にできるワケだ。

 で、フォレスターもインプレッサも乗り心地に焦点を当てている。フォレスターではロール軸を車体中心に近づけてロール剛性を上げ、そのぶんバネレートをソフトの方向に振っている。

 さらに入力分離マウントも採用し、フロア振動を抑制しているのだ。これによってSUVとは思えないほどフラット感の高い乗り心地となり、ハンドリングレベルが向上し、初期応答から追舵までとても軽快なハンドリングを実現している。

2019年11月に発売されたインプレッサの改良モデル。新プラットフォームをさらにブラッシュアップし、乗り心地とハンドリングを両立

 そして、2019年秋に大幅改良を行ったインプレッサは、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)に、さらに剛性アップを施すことによってサスペンションの動きがよりしっかりしスムーズに動くようになっている。

 これによって2〜3世代前のサスペンションの動きが蘇り、それでいてコーナリングレベルやハンドリングの楽しさは現行モデルから大きくさらに進化している。

 個人的にはSGPは、もうこれ以上剛性アップの必要はないと感じていたのだけれど、実際にフェイスリフトした新しいインプレッサに乗ると、実はまだまだやることがあったのだと気づかされる。

 そこを重箱の隅をつつくように常に研究開発を行い、結果として乗り心地のよさとハンドリングのスポーティさを両立させているスバルの開発陣には頭が下がる思いだ。

 最後にBRZだが、FRのスポーティな楽しさをしっかりと基本に置いていて、十八番の4WD技術とはまた一線を画す方向で、FRらしいハンドリングを実現してるところがとても興味深い。

 トヨタ86と姉妹車でありながらスバル独自の違った乗り味を出しているところがミソだ。

【松田秀士/レーシングドライバー・自動車評論家】

スバル車の魅力は「高い機能性のバランス」

86との姉妹車である「BRZ」。トヨタとの共同開発車でありながら、走りの味付けに関わる部分も差別化がなされている

 スバル車の特徴として、水平対向エンジンと独自の4WDが挙げられる。この相乗効果で、スバル車は全般的に走行安定性と乗り心地が優れているが、ほかのメーカーと比べて大幅な違いがあるワケではない。

 スバル車のよさは、感覚的な面まで含めて、さまざまな機能をバランスよく高めたことだ。そのために欠点を見つけにくい。

 走りに関しては、操舵に対する反応の仕方に特徴がある。操舵に対して忠実に曲がるが、ダイレクト感や機敏な印象は強くない。

 ハンドルを回し始めた時の反応は若干穏やかで、スポーティというよりもなじみやすい。欧州車でいえばBMWよりもアウディやVWに近く、幅広いユーザーが使いやすいように配慮した。

 インプレッサスポーツやフォレスターは、この傾向が特に強い。BRZは後輪駆動のスポーツカーだから、操舵感がダイレクトで機敏に曲がるが、後輪の接地性も充分に確保されて安定性も高い。

スバルが掲げる「安心と愉しさ」の「安心」を司る視界の良さ。視界が悪化するクルマが多いなか、写真のフォレスターを筆頭に、斜め後方視界の確保にも力を入れる

 視界にも特徴がある。インプレッサスポーツは、先代型に比べて斜め後方の視界が悪化したが、ミドルサイズハッチバックでは優れた部類に入る。特にマツダ3ファストバックと比べると周囲を見やすい。

 居住性が快適なこともスバル車のメリットで、主に後席で差がつく。インプレッサスポーツに身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシふたつ半を確保した。マツダ3とカローラスポーツはひとつ半にとどまる。

 フォレスターの居住性もインプレッサと同等で、最低地上高を220mmに設定したSUVとしては床が低い。乗降性もよく、視界も優れた部類に入る。

 インプレッサスポーツとフォレスターは、穏やかな操舵感、良好な視界、後席の快適な居住性などが相まって、独特のリラックス感覚を生み出している。視界の優れたボディによって外観の見栄えは地味だが、混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。車両の周囲に潜む危険も早期に発見できて安全性も高い。

さまざまな機能のバランスに優れるフォレスター。悪路走破性はもちろん、室内の広さや視界、ハンドリングや乗り心地など多くの要素をバランスよく両立

 そして、このような普遍的な価値を備えたスバル車は、長く使っても飽きにくい。1台のクルマを長く使えば、環境に優しく、ユーザーの出費も抑えられる。このような筋の通ったメーカーの主張が、運転感覚を通じて実感できることもスバル車の特徴だ。

 BRZはスポーツカーだから後席は狭いが、背もたれを倒せば、4本のタイヤと工具などが収まる。モータースポーツを楽しむことも考えて、積載性を工夫した。スポーツカーでも走りだけに特化せず、実用性を併せ持つこともスバルらしさだ。

【渡辺陽一郎/自動車評論家】

【画像ギャラリー】一貫した「安全と愉しさ」 スバルの全ラインナップをチェック!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ