GRヤリスvs.ノートNISMO 性能とコスパで「買い」はどっちだ決戦!!


 東京オートサロン2020において、詳細が明らかになったGRヤリス。

 現在、記念モデルとなる「1st Edition」の事前予約を受け付けており、7月から先行予約順に商談を開始するそうだ。久々に登場するスポーツ4WDとして、登場を心待ちにしている諸君も多いだろう。

 今回、隠れたスポーツハッチであるノートe-POWER NISMO Sとスペック上でのバトルをしてみた。

 最新のGRヤリスと、登場からすでに7年目を超えたノートを比べるのは、いささかナンセンスと思うかもしれないが、動性能のコストパフォーマンスという面から見ると、興味深い結論に至った。その模様をレポートする。

文・グラフ作成:吉川賢一、写真:日産、トヨタ

【画像ギャラリー】GRヤリス vs ノートe-POWER NISMO S


クラス最小、最軽量、ハイパフォーマンスを誇るスポーツ専用エンジンを搭載した「GRヤリス」

GRヤリス(東京オートサロン2020でお披露目された)

 注目すべきは、何といっても、GRヤリスのエンジンであろう。1.6リッター直列3気筒にもかかわらず、最大出力272psを発生、リッター当たりの出力は170psというハイパワー。

 最大トルクも37.7kgf・mと、1.6リッタークラスでは見たことがないほど太いトルクだ。

 最高出力は272ps(200kW)、最大トルクは37.7kgf・m(370Nm)を発生する。まるで、ひと昔前の2リッター級のターボエンジンや、3リッター級のV6 NAエンジン並のパワフルさである。

このスペックを、たった1.6リッター程度のターボ過給で発生していると考えると、数値の土地勘がある方には、驚異的であろう。

セレナe-POWER用のユニットを搭載し、従来の1.26倍ものトルクアップをした「NISMO S」

 若干、存在が薄いクルマではあるが、今回、国産ハイパフォーマンスコンパクトとして取り上げるのが、ノートe-POWER NISMO Sだ。

 ノートe-POWERのアクセルペダルを底まで踏んだことがある方は伝わると思うが、標準のe-POWERでさえ加速が鋭い。

ノート e-POWER NISMO S

 そこに、車重が1740kgにもなるセレナe-POWERに搭載されている、よりパワフルな動力源を移植している。さらには制御系も変更し、発電量を強化したことで、アクセルに対する反応がさらに速くなった。

 最大トルクは25.9kgf・mから32.6kgf・mへと26%もアップ。踏み込んだ瞬間に、視界がゆがむほどに力強いトルクで、1250kgの軽量ボディを爆発的に加速させるのだ。速くないわけがない。

次ページは : ■動性能のパフォーマンスが優れているのはどちらか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ