BMW、アウディ、VW…開発者目線で選ぶとかなり意外だった「平成の名車」 5選


日産V36スカイライン(平成19年~)

V36(12代目)スカイライン

 3台目は、平成19年(2006年)に登場した、日産V36スカイラインです。注目点は、上級グレードのType SP、Type Sにメーカーオプション設定された、世界初4輪アクティブステア(4WAS)です。

 日産が、昔から得意であったリアステア制御に、フロントのアクティブステアを足し、統合制御することで誕生した制御デバイスです。この4WASの威力は絶大で、競合他車を大きく引き離すデバイスでした。

 特に感激したのが、ワインディングやレーンチェンジのようなシーンです。ステアリングを少し切るだけでクルマが大きく向きを変え、その直後にリア追従させて挙動が安定するので、運転が上手くなったように錯覚します。

 この運動性能を、「違和感」として指摘した方もいましたが、筆者としては、良い悪いではなく、4WASによって広がるハンドリングの自由度に、衝撃を受けました。

 いまでこそBMWやメルセデス、ポルシェまで、リアアクティブステアを採用していますが、4WASを世界初導入したのがV36スカイラインでした。

■日産V36スカイライン 主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4755mm×1770mm×1450mm
  • ホイールベース:2850mm
  • 車両重量:1690kg
  • 価格:約360万円~

アウディA6(平成23年~)

アウディA6

 4台目は、平成23年(2011年)に登場したアウディA6です。4WDの絶対的な信頼性と高級車の快適性を、高い次元で両立したクルマでした。

 当時試乗したのは3.0 TFSIクワトロ。正直なところ、高価格なこと以外に、欠点が見つかりません。

 古い4WDにありがちなアンダーステアなど一切出ることがなく、ステアリングフィールも軽く滑らかで、操舵力&補操力も適度で、乗り心地やノイズも抑えられていました。

 今ほどの先進運転支援技術がない時代でしたので、クルマ本来が持つ安定性や直進性が重要だったのですが、FR車の先行技術開発をしていた筆者としては、優れた4WD車の前では、FR車はどう工夫しても敵わないことを、まざまざと見せつけられてしまった一台でした。

■アウディ A6 主要諸元

  • 全長×全幅×全高:4930mm×1875mm×1455mm
  • ホイールベース:2912mm
  • 車両重量:1840kg
  • 価格:約1030万円~

次ページは : フォルクスワーゲン ゴルフ7(平成25年~)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ