下がる、まだ下がる! 原油先物が史上初のマイナス価格 日本もレギュラー100円時代へ

 2020年4月12日、新型コロナウイルス感染拡大による需要減を受けて、サウジアラビアやロシアなど石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国20ヵ国で構成されるOPECプラスは、世界の原油生産の1割に値する最大日量970万バレルの協調減産に合意した。

 その8日後の4月20日には、米ニューヨークの商業取引所で米国産WTI原油の先物価格(5月限)が一時1バレル(約117L)が-40.32ドル(約-4330円)まで下落し、最終的には-37.63ドル(約-4040円)となり、史上初のマイナス価格で取引きを終えた。

 こうした状況のなか、日本ではガソリン価格が13週連続で値下がりしている。国の委託を受けてガソリン価格を調査している、(財)日本エネルギー経済研究所・ 石油情報センターが2020年4月20日に調査したレギュラーガソリンの全国小売平均価格は、130.9円で前の週より1.0円値下がりした。

 2020年1月20日時点の151.6円をピークに13週連続で下落し、過去3ヵ月の累計下げ幅は20.7円、1ヵ月前と比べても12.6円に達している。これは2017年7月18日以来の安値更新となった。

 原油とガソリンに関する状況が目まぐるしく変化しているが、ここで改めて原油とガソリンの価格がなぜこれほど下落したのか? 

 そしてこの先、ガソリン価格はどうなっていくのか、モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカーWeb編集部
取材協力/「gogo.gs」

【画像ギャラリー】都道府県別ガソリン価格一覧「ガソリン価格が安いところはどこだ?」


ガソリン価格が13週連続で値下がり

東京都目黒区、世田谷区の環7、環8付近のガソリンスタンドでは、レギュラーガソリン現金価格が118~122円だった。この地区では水曜日から金曜日に価格が変わることが多い
(財)日本エネルギー経済研究所・ 石油情報センターが調査した4月20日(月)時点での全国小売ガソリン平均価格は4月22日(水)に発表。全国で小幅ながら軒並み下落している

 2020年4月22日に(財)日本エネルギー経済研究所・石油情報センターが発表した4月20日時点での全国平均価格はハイオクガソリンが141.8円/L、レギュラーガソリンが130.9円/L、軽油が112.2円と13週連続の値下がりだった。

 レギュラーガソリンの全国平均価格は3月16日には143.5円だったが、先週の4月13日には131.9円、そして4月20日には130.9円と、約1ヵ月で12.6円も値下がりしたことになる(表参照)。

 ハイオクガソリンの全国平均価格も3月16日は154.4円、4月13日は142.8円、4月20日は141.8円とこちらも約1ヵ月で12.6円も値下がりしている。

 全国のドライバーがガソリンスタンドの店頭価格を投稿して実勢価格を掲載しているサイト「gogo.gs」での4月23日時点の全国平均価格はハイオクガソリンが136.4円/L、レギュラーガソリンが125.3円/L、軽油が106.0円/Lと値下がり傾向は続いている。

「gogo.gs」サイトによればレギュラーガソリンの全国平均価格は、3月22日がレギュラー現金価格:134.9円、レギュラー会員価格:131.7円。1ヵ月後となる4月22日はレギュラー現金価格:125.8円、レギュラー会員価格:122.1円。1ヵ月前に比べレギュラー現金価格が9.1円、レギュラー会員価格が9.6円の値下がり

OPECプラスで減産が合意されたが原油先物取引価格は史上初のマイナス価格

出典:Chicago Mercantile Exchange group

 なぜ、ガソリン価格が13週連続で値下がりという状況になったのだろうか? 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて感染防止のために緊急事態宣言が出され、外出などの自粛が求められた結果、日本国内でのガソリン消費が急減していることもあるが、理由はそれだけではない。むしろ、別にあるのだ。

 というのも原油価格の下落が止まらないからだ。2020年4月12日、OPECプラスは2020年5月から2カ月間、最大日量970万バレルの協調減産で最終合意した。

 OPECプラスはサウジアラビアやロシアら20カ国で構成される産油国の集まりで、原油生産量は世界の約4割超を占める。

 また、この合意とは別に、米国、カナダ、ブラジルなどOPECプラス以外の産油国が日量500万バレルの減産に寄与する見通しと報じられている。

 OPECとロシアなどの産油国が歴史的合意で原油の減産を決めた直後には、やや上昇する局面も見られたのだが、まだまだ供給過多との見方が多く、再び値下がりが始まったのである。

 そして、直近である5月限(※註)の取り引き最終日となる4月21日には、なんと原油の先物取り引き価格がマイナスになるという前代未聞の珍事があった。

※註:5月限の限はギリと呼ばれ、限月のこと。限月とは先物取引やオプション取引において先物の期限が満了する月のこと。5月に期限が満了する取引であれば5月が限月となり、5月限と呼ばれる

 つまり1バレルの「買い」を入れると、売り手から約4000円を支払ってもらえることになる。取引中の安値は1バレル(159L)がマイナス40.32ドルにもなり、終値でもマイナス37.63ドルとなった。

 これは史上初のことで、エネルギーであり様々な石油製品の原料である原油が1円の価値もないという状態になるとは、誰も想像できなかったことだ。

 NYの先物取引所もマイナス価格を想定していなかったが、容認することを表明した途端、価格は急落し、あれよあれよという間に0ドルを飛び越えてマイナス価格へと突入したのだ。

 ちなみに通常、原油先物価格として報道されるのは、2ヵ月後が引き渡しの6月限では20ドル前後となっていたが、5月限の取り引きが過ぎた今、価格は大幅に下降している。そのため、これも取り引き最終日には価格が乱高下する可能性が十分に高い。

 取り引き最終日は、実際に原油を取り引きする企業にとっては最終価格であり、価格が上下した差額を利益として得ようとするトレーダーにとっても先物の権利を手放せる最後のチャンスなのだ。

 4月21日は当初は10ドル前後で取り引きされていたが、マイナス価格が可能となるとトレーダーたちはまず原油を売って、値下がりしてから買い戻す行為を行なう事で利ざやを稼ごうとする。

 これに過剰在庫に困って原油を売りたい供給元が応戦することで、原油価格は暴落したのである。

 また4月22日の東京原油市場では取り引き開始直後から売り注文が相次ぎ、取り引きの中心となる2020年9月限の原油の先物価格は、一時1万7280円となり、21日の終値から6150円、26%あまり下落した。

 東京原油市場で原油の先物価格が1万8000円を下回ったのは2004年2月以来、およそ16年2カ月ぶりのことだ。

 ちなみにニューヨーク原油先物は、アジア時間22日朝の取引で上昇。21日に付けた21年ぶり安値から回復している。ただ、世界的な供給過剰は続くとみられ、記録的な低水準にとどまっている。

 4月23日午前9時前から始まった東京原油市場でも、取り引きの中心となる9月限の原油の先物価格が1キロリットル当たり2万270円で、22日の終値より4030円、およそ24%上昇して取り引きが始まっている。

原油のマイナス価格によってガソリン価格は安くなる?

原油のマイナス価格は即、日本のガソリン価格の下落につながるのか?

 そもそもマイナス原油価格はどのような状態かといえば、売り手が買い手に対してドルと原油を渡すことで、買い手に引き取ってもらう状況になる。

 マイナス37.63ドルであれば、原油1バレルについて37.63ドルを支払うことで、買ってくださいという完全な買い手市場になっていることを意味する。

 もしガソリン価格がマイナスになったら、ガソリンスタンドで給油した分だけお金がもらえるようなことになる。

 そんな事態はありえないが、原油の取り引きでは実際に起こったのだ。原油を備蓄できる量にも限界があり、消費が落ち込んで在庫がダブついて、どうしようもない状態に陥っているのが現状なのである。

 こうなるとガソリン価格も大幅に下がるのでは、と思うかもしれない。しかし少なくとも日本においてはガソリン価格の値下がりには限度がある。

 それはガソリンや軽油の価格のうち半分近くが税金であるだけでなく、この先物市場での価格はあくまでガソリン価格の上下には参考にしかならないからだ。

 というのもガソリンの元売り各社は、原油を先物市場で確保している訳ではないのである。

 価格の変動が報道され、注目されるのは2ヵ月先が引き渡し期限となる原油の先物価格だが、これはWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエイト)原油の価格だ。

 ほぼ同じように価格がスライドしているものの、日本が輸入しているのは、主に中東産の原油だ。

 日本のガソリン元売り会社が契約しているのは中東の産油国で、1年先まで契約していると言われている。つまり、少々の価格変動があっても、実際の取引額は敏感に反応する訳ではない。

 それはなぜかというと、日本は世界で第4位の石油消費国である(そうはいっても1位の米国の5分の1、2位の中国の3分の1と、上位2国とは大分開きはあるが)、膨大な原油を安定して確保するためにとられている手段なのだ。

 それに石油はタンカーで1ヵ月以上かけて運ばれるため、手に入れるには時間がかかる。

 地続きでパイプラインで運ばれているような状態では、逆に消費量が減って備蓄するタンクがいっぱいになってしまうと原油を汲み出すことができなくなり、操業がストップしてしまう恐れがある。

 WTI原油の先物価格が暴落したのは、そうした背景も要因だったと言われている。

 日本の場合、原油はほぼ100%輸入に頼っていることもあり、どうしても価格が高値安定傾向になってしまうのだ。

 これは火力発電で使われている石炭や天然ガスについても同様である。つまり先物市場での相場は、新たに契約を結ぶ際の目安や交渉材料として使われる程度に過ぎないのだ。

 マイクロプラスチックによる海洋汚染など環境問題の影響で、世界的に石油製品の使用が見直されていることもあり、石油の消費量はこれから伸びる要素は少ない。

 コロナ禍が終息すれば経済は復活し、一時的には今よりも消費は増えるだろうが、従来の石油製品を大量に使う生活にまでは戻らないハズだ。

 新型コロナウイルスの感染被害が終息する気配を見せない現在では、ガソリンの消費は回復する見通しは立たないから、燃料価格もしばらくは下落して、安い価格が維持されるだろう。

すでにレギュラーガソリンの最安値は100円を切った!

東京地区での最安値はレギュラーガソリンが109円、ハイオクガソリンが120円、軽油が91円(4月23日現在、gogo.gs調べ)

 4月4日時点で「gogo.gs」に掲載されている全国の最安値を調べた際にはレギュラーガソリンの最安値は102円、ハイオクガソリンの最安値は113円だった。

 そして今回、4月23日のデータを見ると、ついにレギュラーガソリンの最安値は100円を突破し、99円(和歌山市)というところも出てきている。ハイオクガソリンの下落も進んでおり、最安値は111円(北海道旭川市)だった。

 ちなみに東京地区の最安値はレギュラーガソリンが109円(東京都昭島市)、ハイオクガソリンが120円(東京都昭島市)だった。

 石油情報センターでは「原油の需要の落ち込みは減産の量を上回るとの指摘もあり、原油価格は低い水準で推移している。来週のガソリン価格も値下がりが続くとみられる」という見通しを立てている。

 今後、レギュラーガソリン100円台のガソリンスタンドがさらに増えていき、全国平均価格が下がっていくのは間違いない。

 ただし、ガソリンの小売価格に原油価格が反映されるまで1ヵ月くらいのタイムラグがあると言われており、さらに実際に元売り会社が原油を取り引きするのは1年後の現物なので、先物市場の相場通りとはいかない部分もある。

 ひょっとすると元売り各社が経営危機になれば、安定供給のために政府から元売り会社へ支援の手が入るかもしれない。

【画像ギャラリー】都道府県別ガソリン価格一覧「ガソリン価格が安いところはどこだ?」

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ